2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月29日 (土)

新進気鋭の日本画の人、矢谷千景さんの展覧会、

昔からの知人で、相当に日本画の勉強を深めたようです。

銀座で個展です。

Img160

Img162

女房の森みの里の古い付き合いです。

説明するにも骨が折れますほどの、長い付き合いです。

なにはともあれ、千景さんが相当の境地にまで達してこられたことだけは、

案内状を見まして解りました。

千景さんの師匠は長治先生です。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年5月28日 (金)

小松茂美先生のこと。 知らぬ事とはいえ、びっくりしました。

小松茂美先生のご逝去の事を知りまして、『満身これ学究』(吉村克己、文芸春秋)を見ました。

これまでとの理解とは、かなり違う事に気が付きました。

平家納経を拝見するだけでも、当時は大変な敷居があったのですね、進駐軍の権威に拠って初めて見れたとは!

『満身これ学究』是非お読み頂けます事を、と、願います。

             ・

ただ、

惜しむらくは、

平家納経は、とてもとても、美しいものですけれど、

その、

根本の、奉納先の神社の事は、

如何(いか)にか、どれ程、おわかりか?

と、

この事だけが、いかにも淋しい限りです、ね。

イツクシマのミヤ(安芸の宮島、厳島神社)に、何方がお祭りしてあったのか?

どうしてか?

この事につきましては、小松茂美先生はご長寿でのご逝去に至っても、

結局、根底は不明のままだったようでした。悲しい悲しいかなしい事だと思います。 『縄文日本のこころを旅する』をお読み頂けていましたら、小松先生の60年来の根底の疑問に理解が及びましたものと、かえすがえすも残念に思います。何のために、平家納経についてあれ程までにも調査・考究を重ねておいでであったのか? それは、そも、何のために? 根底に係わるさびしさです。

イツクシマのミヤ(安芸の宮島、厳島神社)とは? いったい何のモノ? であったのか? これは、根本的に押さえるべきポイントだと思います。カミヨ(上代)に遡らなくては、本当の「日本」は解りません。隔靴掻痒と言う言葉もありますですね。

たとえば、

ゴルフのホールインワンを記念すると言ったような、偶発的な記念事象に過ぎないのであったのか?

そんな事ではなくて、本当に大切な事なので美しい小島の社に祭ろうと言う、大きな意味があったのか?  の、この違いです。小松先生は根本の所の事、すなわち、何故に宮島に祭るのか? については、結局のところ解らずじまいの事でしたですね。 『縄文日本のこころを旅する』をお読み頂けていましたら、と、返す返すも残念に思いますです。八百万の神々を信仰して…、なんてそんな風の程度にしか、「日本」のことを捉えていたままだったのでしょうね。ほんと、残念な事です。 

   ・      ・      ・

平家納経のその再見に係わる労力についてだけを見ても、

びっくりしますですね。わたくしのヲシテ文献の発見修理にも通じます事でして、一心に突き進む方途につきまして、これからの人も是非参考になさって下さいますよう、念じます。

真実を求めてゆく学究の道、

本当の美しさを求めてゆく道、

これは、良いミチ(道)だと思います。

ヲシテの根底を再発見し、築き直してゆくミチですね。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年5月25日 (火)

ヲシテ文献を、初めて見る人にどう説明するか?

多くの人々が、女房の陶器展においでになって下さいました。来展のご署名で300~400人だそうでした。(整理中とのことです)

わたくしは3日間、在展していまして、ヲシテの書軸についてお問い合わせ頂いたお方のうち90%ほどは、ヲシテ文献に初見でした。

世の中は、実に広い広いことです。

いつ? 何処から見つかったのか?

        、に始まる一からの説明でした。

ですが、

10年前に説明していた内容とは、比較にならないほど、説明がしっかりと出来て来ていました。何となくほっとしましたでした。苦労は無効ではないようです、何であれですね。

とは言え、まだまだ、即座には納得してもらえるには至っておりませんです。

このあたりの、世間の事ごとにつきましての事情の把握には有効な事でありました。

何しろ、こちらヲシテ研究は縄文文明の解明にどっぷりと取り組んでいますから、世上のことには極めて疎いのでした。浮世離れと言うようなところでしょうか?

ヲシテ文献を初めて目になさった場合、規模の大きな取り組みですので、尋常の感覚の現代人には、

斜に構えるのがやっとのとこでしょうね。 あたりまえだと思います。

でも、

発見された事実のことは、もう、どうやっても覆す事は不可能ですね。

1、記紀の原書としての根拠。 (8世紀以前であることが解る)

2、「やまと ことば」がヲシテ文字の形状イメージから造られていたこと。 (縄文時代にまで遡る事が解る)

この、2点の根拠が見つかっちゃったのでした。

つまり、ヲシテ文献は本物だ! と、いうことです。

幕末の3舟の事は、結構面白いですね。

さきさきの30年後の世界を見てゆく、海舟。

せいぜい5年後の先までの視点しか無い、鉄舟。

過去の事績がすべての、泥舟。 

泥船からはお早く避難のご準備を…、 と思いますです。 ちょうど、「ホトトギス」が、叫び初めました。彼は「ほ・とと・ぎす!」と云っているようです。

カラスとはちょっと違うトリ(鳥)ですね。

              ・

何はともあれ、ヲシテ文献に初見の人に、解り易くきちっと伝える事の出来るようにするのが、

これが、

わたくしに課せられた任務であると、あらためて、認識しましたでした。

濁音のヲシデでは間違いです。清音のヲシテが正しいです。

次の書籍の刊行予定がヤマトタケさん(日本武尊)の物語りでして、

漢字国字化時代への、変遷の成り行きが、ヲシテ文献に初見の人にも、

解りやすいように作りました。また、相当にヲシテを読み込んでおられるお方にも、ハッとなるような再発見の数々を埋め込んであります。

8月までには販売の段取りになって来つつあります。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年5月22日 (土)

森みの里(り)陶展の設(しつら)え。  小松茂美先生の事。

古い大阪の古民家にて、昨日・今日は晴れました。

女房の陶器展です。

おいでになられないお方のために、写真でご案内を致します。

Photo

主に、ヲシテの書を中心に掲載します。

温か過ぎず、過ごし易く、裏方でごちゃごちゃしてまして、幾つかヲシテの時代語の考究も進みました。

Photo_2

Photo_3

「あ」と「クニお(を)しらする もものふみ」です。

Photo_4

「す」です。

Photo_5

「すすか」です。

Photo_6

格子越しの「いいろ」です。

Photo_7

Photo_8

Photo_10

書は、味が出て来ましたね、と言われました。

お世辞でないといいです、ね。

わたくしの目指すところは、国語と歴史のヲシテ文献による再構築です。

国学を新たにヲシテ文献で作り直してゆくことにあります。

この道筋に半歩でも前進でしたら、嬉しい限りです。

ヲシテ文字形の縄文時代への遡及もそうです。

ヲシテ時代語の再発見もそうです。

         ・

漢字仮名交じりの直訳「秀真伝」はだめです。

偽書の製造ですから、目的への前進ではありません、これは後退です。

         ・

今朝の新聞で、小松茂美先生のお亡くなりの事がありました。

古筆の顕微鏡解析の手法で、ヲシテの写本の再解析もしてゆく必要のある仕事です。時間と費用が多く必要ですので、後の人の仕事に当てることになります。小松茂美博士のご冥福をお祈りいたします。

Photo_3

「おもいくさ」(ナンバンギセル)の文様です。

Photo

スイレンの門です。

Photo_2      

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年5月16日 (日)

こだわりの、連続の事。 ホトトギスの初鳴き。

だいぶ前の事になりますが、

年表を作っている時の事でした。

ヲシテ文献の年表の作成は、とっても困難な作業です。

わたくしは、カミヨと、ヒトノヨとの連続性を強く意識しつつ、

この整合性について考えながら作業を進めていました。

とにかく、難航です。

             ・

Photo_2

     <ホオの樹の類でしょうか。近所の人から頂いた花です。

           オオヤマレンゲですね。 この樹は、殊にやさしい枝振りです>

      ・         ・

松本善之助先生は、余りの難航性を見かねて、

『ヒトノヨだけを、先にやったら?』

と、アドバイスを下さいました。

でも、

わたくしは、このアドバイスには応じませんでした。

だって、カミヨとヒトノヨとの連続性、整合性を極めるべく年表の作成の作業をやっているのですものね。

わたくしも、B型でひつじ年生まれですから、一見の見た目よりも頑固のとこがあるようです。松本先生といい勝負のほど。

            ・

今、悩んでいますのは、

哲学思想の連続性の流れの事です。

何においても、継承発展の物事の流れが、

備わってある事がしかるべきの事であると、

このように、考えますのです。

自然な流れのないものは、異質の異物の混入の可能性があります。

それは、除去して考えなくてはなりません。

言葉の時代性の事もあります。

ヲシテ文献も、漢字国字化時代の長い長い年月の冷や飯食いの時代に、

さんざんなメに会って来てましたから、ヲシテ文献成立時代の姿に近つくのは、とっても困難な作業なのですね。

でも、そうとは言いましても、

ヲシテ文献を記紀の原書の位置に認識して、

格式を備えて国語と歴史やその他のもろもろも直してゆかねばなりません。

それで、

色々と、悩むことが多いのですね。

        ・

朝になって、先ほど、ホトトギスの初鳴きを聞きました。

なんとも、楽しいトリです。

「ほとと・ききす」と聞えます。

今も、そこで鳴いてます。

        ・        ・

『朝、目ェ 覚(さ)ませば、世の中変わってますから』

の部類ですね。ホトトギスも。

狂言師の石田幸雄さんのコラム(日経新聞、交遊抄、H22,5,17 )

で、記されていました言葉です。

わたくしも、とにかく進めて行くのみです。

        ・

火山性降灰も心配ですね。

アイスランド火山のアッシュ予想のMet(イギリスの気象庁)アドレスです。

こちら→http://www.metoffice.gov.uk/aviation/vaac/vaacuk_vag.html

SFCとは地表の事です。(Surface

FL200とは地表から20000フィート。(約6km)

FL350とは地表から35000フィート。(おおよそ1万メートルまでの対流圏、これより上は成層圏)

火山現状は→こちら

天明の飢饉の時の事を思い浮かべます。前のアイスランド火山の噴火の時期です。

その寸前の前こそが、安永年間。

あの時あの日、溥泉さん、和仁估安聡さんの時代だったのでしたです。

どうしても、これを想うわけです。溥泉さん、和仁估安聡さんの希代稀なることによって、ヲシテ文献の伝承がなされた運命の時代です。切迫した気運が溥泉さん、和仁估安聡さんの胸中にあった。この事を想います。

           ・

クワの葉が美味しそうなので、天麩羅にしました。

女房の展覧会が近付いてのこともあります。

Hi390125

亡き母に、今日は天麩羅です。と、言いましても、

「何にもない天麩羅だ」といつも馬鹿にされていました。

精進揚げばかりですから…。

明日が命日です。

今日もやっぱり精進揚げでした。

ハスはもう終わりかと思ってましたら、美味しそうなのがあって、ついつい買って来ました。好物ですから。 クワは、刻んでかき揚げ風にするのが良いです。香りが立ちますです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年5月13日 (木)

ヲシテ文字の再理解の道程のこと

ヲシテ文献がの原書であって、ヲシテ文字の再理解が必要だと、成りました。よりも前の原書がヲシテ文字を用いて記されてますので、何よりも、我が国独自の文字について字形の詳細な形状であるとか、意味合いについての再認識が基礎として要るわけですね。 ( : 『古事』『日本書』)

初めに「さ」の文字形について悩みました。

Photo

この「さ」の文字形でどうして悩むのかと言いますと。

Photo_2

と、「ひさかたの」と言うような「さ」と「か」との熟語になったような言葉になりますと、形状大きさのバランスがうまく取れないのです。今でこそ、何とか形になってますが、『校本三書比較ホツマツタヱ』の上梓の頃に悩んだものでした。

『校本三書比較ホツマツタヱ』を上梓するにあたっては、ヲシテの活字を作らないと製本出来ません。そこで、当時は写真製版でしたので、写植のヲシテ活字を作りました。この時に、「さ」で悩んだのでした。「か」の横幅で「さ」を入れますと、見た目バランスが小さくなってしまいます。安聡さんの書体で写植ヲシテ活字を作ろうとしましたが、「さ」の良い写本の文字が中々ないのでした。何回も繰り返し探しました。そして、何とか妥協点に行きつく「さ」の文字を見つけ出したのでした。

でも、これは妥協点であるにすぎません。再解明へ向けての取り組みがここから始まったのでした。

             ・

この後々にも、ヲシテ文字形について、幾つもの疑問点が思い発っせられてまいります。

「さ」と「か」に始まり、

「り」の下部の線の重なり易く形になりにくい形状についての疑問、

「る」の三角が、どうして3点々になっているのか?

「わ」「ん」「を」のワ行3音の意味は何か?

などなど、特殊ヲシテ文字も含めて疑問がいくつも湧き上がりました。

             ・

立体ヲシテにと、究明の方途を拡げたことで、今になっておおよそが解明出来て来ましたのが現在です。

とは言いましても、まだまだ、疑問は多く残っています。道半ばでしょうか?

我が国の基礎の定め直しも大変です。

メキシコ湾のオイルも大変なようです。

http://modis.gsfc.nasa.gov/gallery/individual.php?db_date=2010-05-12

アイスランドの火山も、活発になってきてます。http://rapidfire.sci.gsfc.nasa.gov/gallery/?2010132-0512/Iceland.A2010132.1310.1km.jpg

わたくしは、この道、ヲシテの復活を進めてゆくしかありません。

「和」とは何か? なんて云ってても、漢字文献に基を徴してたらまた間違っちゃいます。焼け野が原の再演です。ちゃんとヲシテの根底まで辿らないといけませんです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年5月10日 (月)

キリ(桐)はシロ(白)。

今日来た女房のお客さんも、

キリ(桐)の花は初めて見たそうでした。

キリの花にはいろいろ思い出があります。 今年は例年に比べてだいぶ遅いようです。 ホトトギスも、この分だとだいぶ遅く到来なのでしょうね。

 Dsc01840

写真では解りませんが、香りが何とも言えないような特殊っぽいのですが、

癖になって嗅ぎたくなる匂いです。 そばを通るとふわっとします。

ヲシテ文献には、「キリはシロ」と出典しています。

Photo

桐の花は紫ですよね。花札でもお馴染のように。

どうして? 「キリはシロ」なのか?

それは、金属精錬に際しての金属還元材料としての「キリ」であるようです。

まだ、この裏が取れておりませんです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年5月 8日 (土)

ヲシテ文字の復活から練り直し、を!

『古事記』『日本書紀』の翻訳前の原典が 見つかっちゃったのでした。

そして、ヲシテ文字の詳細な解明を経なくては、意味を為し得ないのです。

読み取りにおいても、根拠を確定することにおいても。 です。

それで、困難な道をズーッと進んできてます。

          ・

ヲシテ文字の実在の受け入れを外して云々しようとしますと、

途端に、偽書の誹(そし)りを受けざるを得なくなります。

いわゆる「秀真伝(しゅうしんでん)」族ですな。

訳せばそれで良いのじゃないの? なーんて、お軽い限りです。

これが、偽書製造への第一歩の入り口です。

この方向には、どうしても歩むべきではありません。

ヲシテ文献は記紀の原書なのですよ。

それは、それは、とっても大切な宝物。低俗に扱ったらバチ(罰)があたります。

大切な宝物を訳もわからず振り回して、ゴミ同然に貶(おと)しめちゃうのですね。

それが、いわゆる「秀真伝(しゅうしんでん)」族

これは間違いです、後の世の人からも笑われます。

そうではありません、ちゃんとした道は『古事記』『日本書紀』の翻訳前の原典としての役割・役目を理解してこそ拓(ひら)けます。

それは、

我が国のちゃんとした国語と歴史を再構築するのが、本来の仕事です。

それで、常に襟(えり)を正して取り組んでいます。

だーれもちゃんとやらないので、しょうがなく、のあたりが正確な事情です。

大切なものだから、大切にと、思ってます。

それを、

偽書をやってるとされてしまいましたら、ちゃんとした人から見向きもされなくなってしまいます。泡沫の水の泡に消え去るのは困ります。

それを防ぐために、「秀真伝(しゅうしんでん)」族との区別を付けていっています。

これは、低級な私怨ではありません。

そんなことではありません。

ヲヲヤケ(パブリック)の立場に立った区別です。

偽書段階は、「秀真伝(しゅうしんでん)」族

ちゃんと『古事記』『日本書紀』の翻訳前の原典だから大切なんだ! と解ったら「ヲシテ文献」と区別してます。

ちゃんと、お解り下さいました方には、100%支援をしています。

『よみがえる日本語』に結実しましたように、わたくしは監修応援に徹しております。

また、「縄文文字ヲシテA」の開発も大変なのでした。

開発費用はざっと見積もって300万円は下りませんでしょうね。

経費だけでのことです。

それを、無料開放してます。

私怨で凝り固まっているわけでない事は、ご理解下されます事か?

と、存じます。

           ・

ちなみに、

「縄文文字ヲシテA」の開発の経費の概算は、
 
1、ヲシテ用筆の特注関係。
      約50万円
2、前段階『ホツマツタヱを読み解く』用のヲシテ文字開発。
      約20万円
3、文字バランスなど見るための軸装(墨・箱)。
      約200万円
4、和紙の選定関係。
      約150万円
5、ソフト開発関係(ソフト+外注費+権利保護関係)。
      約150万円
    合計、570万円  
んー、挙げてみましたら、かなりでしたですね。

           ・

このあと、立体ヲシテの関係でもさらにあります。

立体ヲシテをやり出して、幾つか解ってきましたから、これも、

バージョンUPのものには反映していってます。このあたりでの経費は、

6、立体ヲシテ関係(ソフト+研修費用)。
      約70万円
    総合計、640万円。

あと、パソコンも5台目になってますし、こんなの入れたら、

もっと膨らんじゃいますね、それで、車は中古の14年目です。

買い替える予定もありません。

お金がたまったら、次の仕事は『校註ミカサフミ・フトマニ』の改訂増し刷りをしなくてはなりません。これには、もうさらに幾ばくか解明を進めなくてはなりません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2010年5月 4日 (火)

ヲシテ文字の読み書き、ヲシテ文章の読み書き。 記紀との比較での違いの把握。

ヲシテ文献について語ろうとしましたら、

どうしたって、ヲシテ文字の読み書きが出来なくては、お話になりません。

Photo

    <爪楊枝にするクロモジです。とっても香り良く、

       若葉のふちがほんのりと赤くてかわいいです>

     (これは、どうにもこうにも、最小に考えましての、最低限の基本です)

それと、

ヲシテ文献のおおよそを素読して概略把握をしておかねば、やはり、お話になりません。

これに、プラスして、『古事記』『日本書紀』との違いをどういう風な相違があるのか? どちらが、古いか?

この判定を、きちっと付けておかねば、やっぱりお話になりません。

ここにおいて、現在に繁茂する錯誤した歴史観にきちっとモノ申す事が出来得るのです。

               ・

記紀との相違は、『定本ホツマツタヱ』にて公表してあります。

どういう風に、各相違の意味を判別すべきか? は、『ホツマツタヱを読み解く』にて公表してあります。

記紀との文献比較のやり方は、稀有の学者の梅沢先生の『記紀批判』(梅沢伊勢三・創文社)を見て下さい。

最少も最少、最低限度の見るべき書物です。

これを、見てから話のテーブルにようやくに付くことが出来ますものと思っています。

         ・           ・

この先の先に、ヲシテ時代の文法の新解明に付いての、論考が出来ていますのですね。

ヲシテ文字も読む能力もない。

ヲシテ文献も原字原文で読んだ事も無い。

そんなような人は、ヲシテ時代の解明の文法の新発見については、理解不能でありましょうね。当然と言えば当然のことでしょうね。ヲシテ文字がよめなくっちゃ、ヲシテ時代が解ろうはずもないからです。 

最低の条件でも、

ヲシテ文字を読む能力と、ヲシテ文献の実物を2~3回は素読しておいて貰わねばなりませんでしょうね。

簡単そうでも、実は、本当のところむつかしい…、

といったところが、ヲシテ文献です。

 

  

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »