2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 思いを強くする事々のこと。 未来将来への遥かな先々について思うこと。 | トップページ | ヲシテ文献の書き柔しのもの。 「記紀原書のヲシテ文献の大意」 »

2010年4月 7日 (水)

ヲシテ文字・ヲシテ文献へのちゃんとした入口は、大変であります事。 ゆっくりで良いのです。

ヲシテ文献は、

やさしく解り易く書くと、簡単なものだと思われる事が往々にしてのことです。

でも、そこに至るには、ヲシテ文字の精査検証

『古事記』『日本書紀』との対比比較

ヲシテ時代語の再発掘

その他の漢字文献類との照合考慮。  いろいろ、経てきて辛い下積みが熟成醗酵して来ての事です。

Photo

      <ようやく、ニワのさくらの開花が…>

ヲシテ文献ほどちゃんとやると、 これ程にも入門の難しいものは、

他に何か一つでも御座いますのでしょうか? と、良く思います。

基礎をきちっと、下積みを経ておかないと、ちょっとした風が吹いたらこけちゃうのですね。開花は遅くてもしかたがないです。ヲシテ文献はむつかしいですから。

それより、誤訳のかたまりの「秀真伝(安易直訳の偽書・しゅうしんでん)」に堕落することだけは、

ぜひとも避けて下さいませ。

春の来ない年はありません。

仇花で枯れ去る事こそ悲しいですから。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 思いを強くする事々のこと。 未来将来への遥かな先々について思うこと。 | トップページ | ヲシテ文献の書き柔しのもの。 「記紀原書のヲシテ文献の大意」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いを強くする事々のこと。 未来将来への遥かな先々について思うこと。 | トップページ | ヲシテ文献の書き柔しのもの。 「記紀原書のヲシテ文献の大意」 »