2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテ文字の原文を読む勇気の事 | トップページ | ヲシテ文字・ヲシテ文献は、国学の流れの上にある事 »

2010年3月11日 (木)

キクラゲのこと、雨後の楽しみ。 比叡山の雲のこと。

雨降って地固まるとも言いますが、

雨後の楽しみは、他にも色々な所にあります。

         ・

ウチでは、南庭に植えてありますクワ(桑)の樹に生えているキクラゲが取り頃になる、

こんな事が一つの楽しみです。

Photo

小さな楽しみが、嬉しいものです。

キクラゲは、「木のクラゲ」の意味でしょう。

「クラゲ」は、

「久羅下那州多陀用幣流之時(クラゲ為す漂える時)

と、『古事記』の天地開闢の処にあるのが、

思い浮かびます。

でも、ヲシテ文献にはこの個所は記載がありませんので、漢字文に訳された時に混入した異物の文面であると言う事になります。

ヲシテ文献に「クラケ」もしくは「クラゲ」も用例はありません。

             ・

でもですよね、フツーに考えての事ですが、

「クラケ」と言いますか、「クラゲ」は、

古い「やまと ことは(漢字以前にさかのぼる日本語)」であるような語感を、

わたくしは感じますです。

ですが、ヲシテ文献には1例も典拠が見出せませんのです。

不思議といえば不思議ですが、たまたま、使われる言葉でなかったこととも、

充分に考えられます。

             ・

源流の「やまと ことは」の語感で考えますと、

海の「クラゲ」は、

「ク・ラ」「ク・ラ」の容姿で、刺す「ケ」のある怖い生き物ですね。

ヲシテ時代語の感触を感じます。

それに似たのが「キ」の「クラゲ」。

これは、煮て食べるとコリコリして食感が美味しいことと、薬味もあるとのことです。

       ・          ・

先日、比叡山に登りました。雲の中でした。

Photo

眺望は、まったくダメでした。

上の写真は、最も良く、ほんのちょっとの隣りの峰が見えた時でした。

でも、これが幸いで、ヤマトタケさんのイフキ(伊吹)山中での雰囲気などは、

少しは偲ぶ事が出来たように思います。

何がどう良いように運ばれてゆくのか?

いつもいつも五里霧中です。  

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« ヲシテ文字の原文を読む勇気の事 | トップページ | ヲシテ文字・ヲシテ文献は、国学の流れの上にある事 »

コメント

「ク」はヲシテ文字からみて横から見た形にも似、「ラ」は上から見た形にも似ています。不思議な文字ですよね。今、映画で3D映画が話題になっていますが、ヲシテこそ3次元で立体化して考えてみる必要がありますね。

 
 
 
 

こちらは、常にガンガン進めてます。
ヲシテの立体は、高価な3Dソフトを購入して、
むつかしい使い方をソフト屋さんに通って勉強して、
目がチカチカになってもパソコンにかじりついて、
幾晩も徹夜を重ねて、
ガンガンやってます。
もうだいたい、凡その縄文遡及に辿り得つつあります。「立体ヲシテ」の商標は既に確定させてあります。
とにかくも、祖国「日本」の本来からの素晴らしさを再発見・再構築すべく、
一生懸命努力を続けてます。力は微力ですが、ね。
ちんたらとやっているような事では、
自覚としては、そんなことはありません。
http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2009/09/post-114b.html
http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-5a85.html
http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2010/02/post.html
『よみがえる日本語』http://www.amazon.co.jp/%E3%82%88%E3%81%BF%E3%81%8C%E3%81%88%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E2%80%95%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B0%E3%81%AE%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%82%82%E3%81%A8%E3%80%8C%E3%83%B2%E3%82%B7%E3%83%86%E3%80%8D-%E9%9D%92%E6%9C%A8-%E7%B4%94%E9%9B%84/dp/4625634075
http://wosi.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-c026.html
は買って頂いておりますでしょうか?
超弩級の、大解明の、公開です。
これを読まないでは、ヲシテについてコメントを言う事は、
もはや周回遅れの時代遅れですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテ文字の原文を読む勇気の事 | トップページ | ヲシテ文字・ヲシテ文献は、国学の流れの上にある事 »