2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『古事記』『日本書紀』の原書の意味とは | トップページ |  「日本」の、特質を見定めて、今後にどう活かして行くか? »

2010年2月22日 (月)

ヲシテ文献は、我が国の、国語や歴史などを直し、またそれにともなっての社会構造の再構築のミチ

根底のやるべき事がお解りでしたら、

色んな、やり方のバリエーションは選べると思います。

ちゃんと、目的がぶれなければ良いわけだと思います。

           ・

気を付けなくてはならない要点は、

ちょっと気を許すと、2次コピーから先の、3次コピーや4次コピーが、

途端に、「秀真伝」の偽書に墜落して崩落してしまう事です。

この綱渡りのような危うさが板一枚の下に常にある、つまり、

嵐の大荒波に漕ぎいで出している船乗りの状況であることを、常に気にしておいて下さることが、

殊に重要なポイントだと考えます。

このことさへ、お解り下さっていれば大丈夫です。

常に原典の原書・原文にきっちりと基ついていることで、

危うさは、回避できますものでしょう。

      ・          ・

この、現代の時代にわたくしたちは遭遇して、

ホントにしっかりとこの仕事に取り組まざるを得ないのです。

死してもなお為し行く、

Photo

「コニモヱス」この言葉のとおりで、死んでも死にきれずにも、

何としてでも為し行く。 サルタヒコの尊いお考えの意味です。

(外2点の濁点は、伝承時代に付着したモノと見做すべきですので、

 これは除去をしてから、祖形のヲシテ文献のすがたを見ようとしています)

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 『古事記』『日本書紀』の原書の意味とは | トップページ |  「日本」の、特質を見定めて、今後にどう活かして行くか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『古事記』『日本書紀』の原書の意味とは | トップページ |  「日本」の、特質を見定めて、今後にどう活かして行くか? »