2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『延喜式』のこと | トップページ | ヲシテ文献は、我が国の、国語や歴史などを直し、またそれにともなっての社会構造の再構築のミチ »

2010年2月19日 (金)

『古事記』『日本書紀』の原書の意味とは

記紀よりも古い事が証明されている。これがヲシテ文献です。
つまり、8世紀以前の成立であることが確実です。
『定本ホツマツタヱ』や『ホツマツタヱを読み解く』などで、これの証明は済んでいます。

それを、漢字時代以降の時代下りの混乱の「8母音説」などでは、否定論にはなり立ち得ません。
50音図も同様です。
記紀の原書という根拠について、これは8世紀以前のモノと言う意味です。
8世紀以降のもので、どうやっても否定論を構築できる秤にはなり得ませんです。  はい。 
時代ズレの空回りですね。

                ・

平岡さんから、良い例えが来ました。

転載致します。

    ∞    ∞   どんな例え話がいいのかと、 いろいろ思い巡らせてきたのですが、 こういうのは如何でしょうか。 「恐竜学」というのがあります。 最近は「古生物学」などともいうようですが、 ティラノザウルスとかトリケラトプスなどの 恐竜のことを考える学問です。 恐竜のイメージ図やCGなどは、 恐竜学を元に制作されるようになっています。 恐竜学は、化石をもとに恐竜の生態を議論します。 その過程で、当時の気候等をを推測し、 また、運動力学などを加味し、 さらに、現在生きている生物の生物学の知見を動員して、 恐竜の生態を明らかにするものです。 出発点は「化石」です。 ところが、もし、こういう事態が生じたとしたら、 どうなることでしょう。 ロストワールドが、どこかの山奥に見つかった、 そこには、どうやら「恐竜」らしきものが 実際に生きている、 そういう状況になってしまったと。 こうなったら、「恐竜学」は根本的に、 考え方を変えなければならなくなるはずです。 別に「化石」を議論しなくても 「生」の恐竜がいるのですから。 当然、「生」の恐竜をもとに、 「恐竜生物学」へ学問を見直す必要が出てくるわけです。 「恐竜学」というのは、 所詮、化石をもとにした学問だったので、 誤りが多かったことも 明らかになることでしょう。 しかるに、ロストワールドの生き物は、 「恐竜学」にあわないから、恐竜だと認めないとか、 「恐竜学」を議論するには、現在の生物学で議論すべきとか、 本末転倒な議論をしている・・・、と。 今の生物は恐竜の末裔です。 恐竜の生物学の成れの果てが現在の生物学ではありえても、 逆はない、のですよ。 原日本語については、様々な議論があります。 ポリネシア語だったとか、古代朝鮮語なんだとか、 いや、中国語のクレオールだとか、 ユダヤ語だとか・・・・。 これが「恐竜学」の議論です。 ところが、「ヲシテ文献」というロストワールドが、 見つかってしまった。 「恐竜学(上代日本語・原日本語)」に合わないから、 あれは「恐竜(原日本語)」ではないと・・・? 恐竜の生物学(ヲシテ言語学)は、 現代日本語や英語からもってくればいい(漢字カナ混じりや現代言語学)?・・ ・ 生きた「恐竜」が出てきたら、素直に、 生きた「恐竜」に関する生物学(言語学)をすればいいだけです。 それが「よみがえる日本語」であり、 「ヲシテ研究」なのだと思うのです。 「よみがえる日本語」は、生きた「恐竜」の生物学(言語学)です。 そして、もう一歩踏み込んで、 DNA解析をしてみせ、 発生の系統上、新種の生き物(江戸時代の創作)では辻褄があわず、 古代の生物(弥生・縄文の作品)とでも考えないと説明できない、 というところを視野においた研究です。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 『延喜式』のこと | トップページ | ヲシテ文献は、我が国の、国語や歴史などを直し、またそれにともなっての社会構造の再構築のミチ »

コメント

どんな例え話がいいのかと、いろいろ思い巡らせてきたのですが、
こういうのは如何でしょうか。

「恐竜学」というのがあります。
ティラノザウルスとかトリケラトプスなどの
恐竜のことを考える学問です。

恐竜とは、化石をもとに議論し、
当時の気候だとかを推測し、
また、運動力学などを加味し、
さらに、現在生きている生物の
生物学の知見を動員して、
恐竜の生態を明らかにするものです。

出発点は「化石」なのです。

ところが、ロストワールド、が明らかになって、
そこには、どうやら「恐竜」らしきものが
実際に生きているというような状況
ではないかということになったと。

すると「生」の恐竜から、
新たに「恐竜学→古生物学」へ学問を
変更する必要が出てくるわけです。
所詮、化石をもとにした学問だったので、
誤りも多いです。
第一「生物学」というのは、
「生き物」の学問です。

しかし、「恐竜学」にあわないから、
この生き物は、恐竜と認めないとか、
本末転倒な議論をしている・・・、と。


「恐竜」が出てきたら、素直に、
「恐竜」に関する生物学をすればいいだけ
です。

それが「よみがえる日本語」であり、
「ヲシテ研究」なのだと思うのです。


  
 
 
 
有り難う御座います。
その通りです。

ブログの検索で見ていましたら、
いっぱしぶったような、態度で、
否定論を展開して、
「江戸時代だ!」なんて、
言ってるのがありましたので、
何にも知らない人は、迷っちゃいますから、
ひとこと、言っておかねば、と、思いました次第でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『延喜式』のこと | トップページ | ヲシテ文献は、我が国の、国語や歴史などを直し、またそれにともなっての社会構造の再構築のミチ »