2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »

2009年2月 5日 (木)

ドトールコーヒー、鳥羽さん、 「日経新聞」。   駄作・凡作・秀作。

今月の「日経新聞」の

「私の履歴書」

は、ドトールコーヒーの鳥羽さんです。鳥羽の漢字をトリバさんと読むそうです。

とっても苦労した人なのですね。

わたくしは、日本刀で斬り付けられようとした、そんな、事まではありませんでした。一段違うと思いました。苦労について。

一段よりもっとですね、数段上ですね、 これは、勉強になります。

まさに、得難い勉強ですね。

コーヒーは、わたくしは、胃の調子が合わなくなるので、

もっぱら、抹茶党ですが。

鳥羽さんの「私の履歴書」には、

ホー、と、参考になる話が多いです。

今日は、喫茶店を買った年配の芸者さんに指摘された話がありました。

「あなたは、とってもしっかりしています。

でも、周りからそう言われるためがために、自分自身を小さくしてしまうかもしれませんので、気をつけなさい」

だいたいこう云った指摘であったそうです。

当時、鳥羽さんは17歳だったとの事。

この指摘を、ちゃんと理解したのは素晴らしいことだと思いました。

ちなみに、

私自身の17歳では、この言葉は理解できなかったことだけは、

間違いありません。 今なら、びんと響きます。

おおよそ、35年以上のズレがあるのでしょうか?

もっとも、

鳥羽さんの方向とは全く逆の、

天真爛漫傾向のわたくしですので、そんな事を、云われる訳もないですか。

         ・

話は変わりますが、

陶器の緒方乾山の作品について、

あんまり、高評価を以前の私は抱いていませんでした。

おそらく、様式化がなされその模倣が蔓延していたからなのでしょうか。

有る時、

野村美術館で乾山の葡萄の大皿を見たとき、解りました。

乾山の高評価をでした。

妻にも言いました、最高作の存在が他のモノの評価にプラス要素を及ぼすのだと。

駄作ばかりではつまらないですが、

凡作はあっても良いのです。

そのうち、

秀作が出来ればいいわけです。

始めっから、秀作しか作らない。

なんて思っていたら、 ひとつだって、作品何か出来ませんものね。

創作というものには、付き物だと思います。

作り続けて行ってこそ解るものなのですね。

何をどういうふうにしたら、もっと良くなるか。

ひとつ作って、 反応を見て、

もうひとつ作って、反応を見て、

それを、考え考えて、 次の作るべきものを考える。

         ・

本の制作だってそうです。

書き過ぎるぐらい自由に書かないと、筆が伸びません。

タッタ(活き活きとした)文章にはなりません。

「周りからそう言われるためがために…」の意識があると、

こまっちゃくれた、駄作雰囲気が漂ってしまいます。

書き過ぎに書いて、  まとめ段階で、微調整をする。

これが、こつでしょうね。

         ・

駄作は、やめといた方が良いです。

でも、

凡作なら、作るべきだと思います。

その内、上手になって秀作が出来て来る。  ことを望んで。

作ってこそ、腕は磨かれますから。

豚も木に登る、 です。

これが、大事なことだと思うのです。

それは、おかしがたき何かの要因によってですね。

「おだてりゃ」もありますでしょうし、

「意義の認識に到達すれば」もありますでしょう、

目的はなにか?

でしょうね。

         ・

不慣れさと云えば、

田舎では、怖いモノがありますです。

どうせなら、 狭い道で待って下さるなら、

たった、

あと、ちょっと、2メートル手前で待って下さってれば?

狭い田舎道では、ギリギリなので、すれ違いも大変です。

くるま(自動車)の運転だって、初めはあぶなっかしいものです。

始めっから上手な人は、ダーレもいませんよね。

教習所での失敗は、のちに大笑いのタネにするべきだと思います。

なにしろ、

目的のためへの、仕事なのですから、

現状の有るものを、有効活用して進めなくてはならない。

絵に描いた餅は、いつまでたっても食べれませんから。

仮免許を取得して、それで、はじめてひとりで実際の路上に出れる、

あれこれあれこれ、

場を積んで、

それで、社会を作るそのことになるのですね。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2009年2月 3日 (火)

褒められたら、贈呈した

いつも、先祖供養に来てもらうごとに、

褒められるのだそうです。

わたくしの、ヲシテの書の掛け軸を。 です。

それで、

お寺さんに贈呈したそうです。

Hinomitama

       (最近の、ヲシテ書です。 <ひのみ たま>)

それは、

多くの人の、目に触れた方が役立つのではないか?

との、

考えからだそうです。

なるほど、

そう云う考え方もあるか。

   いつもいつも、

勉強させてもらう事ばかりです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2009年2月 1日 (日)

有り難きこと、 またまた、大変。  『ホツマ縄文日本のたから』増し刷り

いつもいつも、バタバタです。

『ホツマ縄文日本のたから』が、在庫がゼロになっちゃいました。

それは、 わたくしに

応援のためにと、

気負って100冊注文下さった方が、居られたのでした。

  有り難い。  と、思うのはフツーなのです。

 ところが、手放しでは喜べない事情と言うものもあるのでした。

出版社のひとはあわてて倉庫会社に在庫確認をしましたが、

そんなにも残ってない。有っても残部は60余部ぐらい。

との、倉庫会社の在庫状況。

で、50部ぐらいなら。

と、返答したのでした。

  さて、

送金があって、送ろうとしましたところ、

ない。  40部もない。

でも、  帳面上は60部ぐらいは十分ある。

しょうがないですね。

増し刷りでしょうね。

    と、いう、話になりました。

この本は、

  思ったよりも、早くに無くなってしまいましたね。

      とは、

  出版社の人の感想でした。

      ・

ご送金いただいた、50部の分のうち、

20部ぐらいの金額を申し訳ないが返金する。

あるいは、

増し刷りをしてから、残部を送る。

いずれかの、選択をしてもらう事になりますね。

 と、云う事でした。

  ・    ・    ・

さて、

そうなると、在庫ゼロでは淋しいです。

あの本は、けっこういい線いっている作品です。

松本先生の絶賛本でしたものね。

人を誉める事のまずもって少ない、

まれな、

「たまゆら」なる、松本善之助先生の推薦本の位置です。

やっぱり、増し刷りせねばならない。

   でしょうね。

   ところが、非常にめんどくさいのです。

   凝った本ですからね。

  再出版に際して、あれこれ、凝りに凝ったのでした。

  新作の日本歌曲をおまけしたのです。

  増し刷りは、 また、

CDを、また、焼き直さなくてはならない。

なんやかや、  これは、実はわたくしのプレゼントで、

CD附録をした事なのでした。

さて、

また、焼き直しの手配、

費用の発生。  事務作業 etc … 。

と. 結構大変です。

       ・

もうちょっと、

実のところは、時間的余裕を持って考えていましたので、

あと、もう少しの、

時間があれば、新作歌曲を、

増し刷りのついでに、おまけしても良いかな、

なんて思っていたのでした。

新作歌曲の1ッ曲目は、ほんのひと月ほど前に完成しましたですが、

もうあと何曲かまとまらないと、しょうがない。

さらに、あれこれあれこれ、微細な修正を加えて完成レベルに、

極めて行く時間も必要ですからね。

この、付加の事などは、またの機会の事にしなくてはならない事情になりました。

そう云えば、「朗読」の部分も、数年もたっていますから、読み方もいくつか深化してます。吹き込み直しはスタジオ手配やら編集やら、ちょっと今回は物理的にも無理ですかね。(事前練習もありまして、吹き込みは一日、2アヤまででしょうか。そうすると、4アヤ2日+編集。スタジオは神戸で遠いですしね。)

バタフライ効果、と云うものもありますね。

こっちの、1匹の蝶々の羽ばたきが、巡り巡って、

100キロメートルも離れたところの台風の発生につながる。

そんな効果を言うそうです。

    ・      ・ 

万事、

塞翁が馬です。

成るように成り行くものです。

その、流れには棹さす事は無意味なのです。

  と、  思うのが一番です。

また、ひょっとしたら、 

     びっくりするような、進展も開けるかもしれません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 2009年1月25日 - 2009年1月31日 | トップページ | 2009年2月8日 - 2009年2月14日 »