2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »

2009年12月24日 (木)

『フトマニ』の「しその」の項目。 縄文哲学の精華。

ヲシテ文献、それも『フトマニ』は難しいです。難解です。

品切れ中の『校註ミカサフミ・フトマニ』の、改訂に際して、鋭意努力中です。

原文は『記紀原書ヲシテ』の下編に開示していますので、そちらをご覧願います。縄文・弥生時代にまでの遡及解明には、とにかく、時間を必要とします。ご理解のほどを…。

『フトマニ』の解明の事、

やっと、また、ひとつ、解けました。

「しその」の項目です。

Photo

「し そ の

しのそのは つきの 

まひく まめやかも ゐも

がめくみの かてや

つ ら ん」

ここでの、「つきの こま」が殊のほかに難しいのです。

「こま」をどうしても「駒(馬)」に連想してしまいます。

では、それでは、ウタの全体の意味がうまくとれません。

1っ週間こればっかり夜も昼もかかって、今回、やっと目処がつきました。

前回のは、至りませんでした。申し訳ありませんです。

解明の提示は、『校註ミカサフミ・フトマニ』の改訂・改版に於いて実現の事とさせていただきます。

どうやって、現代人に分かり易く表記できるか?

これから、もうひとつの、難行(なんぎょう)が待ち構えています。128の項目の全体のバランス像の事もありますから、なお、困難です。

今回の「しその」の項目の新解につきまして、ひとこと、

ヒントを申し上げますれば、この、ウタは2句切れの文章である、

と言う事に尽きます。 文法から行かないといけませんですね。

             ・

Photo_2

                    <明けの空>

ヲシテ文献は、まさに、縄文哲学がびっちりと、

網の目のように編み合わさっていますね。

『フトマニ』は、際立っての精華であると思います。

この、深遠な縄文哲学は、

『ホツマ辞典』を何回かお読み下さってから…、

でしょうね、本当の理解にすっと行けるのには。

「すやま」の茶碗です。

Photo_4

     絵だけですが、一服どうぞ。

お茶は、長命の妙薬のようです。

  大徳寺の高名な僧のお方は高齢の美しさがすばらしいと、思いまして、

      それで、真似をして若い頃からずっとお茶をいただいています。

Photo_3

 お茶は、柳桜園さんから、もう20年来送ってもらってます。

いつも、あんまり高価でなくて美味しい「初昔」です。

濃茶に練っていれても柳桜園の「初昔」はおいしいです。

それとは、また、別ですが、

食後には番茶を煎じた「刈番茶」が、常です。

これは、鉄釜で丁寧に炒ってあって、とても、お安くて美味しいです。

クセになる美味しさですね。

   長寿での活躍→ 物集高量さん

       「フトマニ茶碗」→ 「もつる」

    文書の形    → 「フタ(札)」とは?

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年12月21日 (月)

ヲシテ文献を解説する人たる条件は、ヲシテの読み書きが出来る事。

ヲシテ文献にはじめて、触れると、

これまでに培って来ていた常識でとらえようとします。

それで、「秀真伝」の罠(わな)にほとんどの人がハマってしまいました。

          ・

ヲシテ文献は、漢字以前の文章ですから、

漢字以前の言葉で読み解いて行かなくてはなりません。

この頃、現在にも、ヲシテを読み書きできない人が、

解説したりしてます。  そんなのは、すべて、除外して下さいませ、あなたの、判断基準からは、とお願い申し上げます。 言うのは勝手で、止めようもありませんから。

あなたが、ヲシテ文献の事を知ろうと思って下さいましたら、

まずは、聞く相手先の人に、『あなたは、ヲシテの読み書きが出来ますか?』 

と、聞いてからにして下さい。

そして、相手が、『はい』と答えたら、

もうひとこと訊(き)いて下さい。

『ヲシテの特殊文字があるそうですが、どう言う区別がありますか?』

そして、相手が、『それは、こうこうの云々のことです』と正しく答えたら、

もうひと押し、聞いて下さい。

『ヲシテ時代にもとからあった、特殊文字と、

漢字時代になってから発生した特殊文字には、どういったモノがありますか?』

そして、相手が、『ヲシテ時代にあったものは、かくかくしかじか。

また、漢字時代になってから発生したと考えられる特殊文字は、これとこれらのグループのモノでしょう』

と答えたら、その人に、ヲシテ文献の事を聞いてもらって大丈夫でしょう。

           ・

ちょっとかじりで、怪しげなことを、言う人が続出しています。

どうか、

くれぐれも、ヲシテの読み書きの出来ないような人、

そんな人には、ヲシテ文献の事を聞いたりしないで下さいませ。

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2009年12月13日 - 2009年12月19日 | トップページ | 2009年12月27日 - 2010年1月2日 »