2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »

2009年12月12日 (土)

閑話休題。   「いやまひ かえす あくらいし」。  時雨煮のこと。

「いやまひ かえす あくらいし」

     (アマテルカミを尊敬する事、

           今にまた再び、思い起こすことが出来る、あぐら石)

                    ( 『ホツマ ツタヱ』 36アヤ -  30ページ (9318) )

アマテルカミのご由緒の深き石です。 おそらく、お座りになられておいでの事が多かった石なのでしょう。

Photo

何をアマテルカミがお考えになられて、お座りであられたのか?

このことを、よく、想います。

このところ、

『フトマニ』の解釈に脳味噌がクタクタだからですね。

             ・

石巻の回転すし屋で、味をしめてから、

回転すしによく行きます。 

安曇川でも、ほとんど回転すしでした。

普段の行きつけは「くら寿司」です。

ここは特に良くて、

保存料や味の素系のものなどの添加物が無添加ですので、

食べた後のどが渇くことがありません。Photo_2

わさびを、自分で付けますので、香り良くって、良く効きます。

あたまから湯気が出るほどになりますので「くら温泉」なんて言ってます。

高級過ぎるものより、「くら寿司」がいいですね。

アマテルカミもおっしゃっておいでのように、元気で長生きが一番ですから。

わたくしも、そんな事を言うのがもはや不自然でもないような年齢になっちゃいました。

でも、気持ちは、まったく変わらず、若者の好奇心旺盛状況です。

              ・             ・

女房が、時雨煮(しぐれ に)というのは、どういうわけなのか?

と、聞いて来ました。   佃煮なら、尼崎の佃島の由来ですから解りますが、時雨は何でしょうね?

スーパーで、子年魚(こ あゆ)の時雨煮があって、珍しく添加物ゼロだったのでした。これを買おうかな? としての事でした。見るにも、美しい琵琶湖産の子年魚(こ あゆ)の時雨煮でした。3パック買い求めました。添加物が含まれてあると、わたくしはまずほとんど食べないからです。

どうして? 時雨(しぐれ)なのか?

訊かれましても、

良く解りませんので、『日本国語大辞典』が一階においてあるので見たら?

と言っておきました。

ちゃんと調べた女房が、

何だかよくまだ解らないと言います。

そこで、

『大言海』を見ましたら、氷解しました。

10月頃の時雨(しぐれ)の時期に、桑名のハマグリが美味しいので、これを煮付けて保存食にしたもの、

それを特段の美味として時雨蛤(しぐれ・はまぐり)と呼んで珍重していたものから来た名称だったのでした。

さすがです、『大言海』大槻文彦さん。

巨大な冊数の『日本国語大辞典』では、名にしおうは図体(ずうたい)ばかりで、知恵が十分に巡ってないのですね。

では?

その先、

「しぐれ」とは、どう言った意味内容であるのか?

それは、ヲシテ時代にまで遡及して初めて理解可能になるのでしょうね。

ヲシテの解明をもっと進めてからの仕事ですかね?

これも、これこそが大きな仕事です。

大槻文彦さんの上をいっちゃいますことになるわけですから。

            ・

ちなみに、「しくれ」は、2か所に典拠があります。Sikure_4 

これがまた、「しくれ」の「し」は、『フトマニ』の「あいふへもをすし」の「し」にも、意味が共通していますのですね。

ちょうど、「しくれ」は、今の季節です。「ミ」の季節です。温かさのカミの4本がすべて地中にもぐった状態です。それで、ヲ(温かさ)のカミ尽きて、カンナツキです。 だから、「し」が「く」の「れ」です。

寒い季節になって、身体を温める食物がよいので、ハマクリなどいいわけですね。オオナムチは、「ヌルテ」を焚き火にしてモチヰ(餅)を皆にご馳走しました。(ミカサ146p、11571) 今日の琵琶湖の小年魚のしくれ煮はとっても美味しかったでした。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年12月10日 (木)

『古事記』の世界観。 わたくしの戦争体験。

半籐一利さんが、ラジオで、ご自身の戦争体験を語っておられました。空襲後の火炎の中での隅田川の水中では、水面がどっちだか分らなかったそうです。

さて、昭和史の中では、幾つもの良くない選択を積み重ねてしまったのか?

これが、戦争への一里塚だったようです。

世界からの孤立方向にむいてしまったのは、なぜか?

ここに、『古事記』世界観が強く作用していたと、わたくしは分析しています。

            ・

よく、お前は昭和30年生まれのくせに、戦争も知らないくせに。 よく言うな。  と、

言われますが、

わたくしの、出生自体そのものが戦争体験なのです。

父は、体力が弱かったので内地和歌山で守備にあたっていまして、命拾いをしました。

母は、結婚1年で戦争未亡人になりました。夫の乗った戦艦がフィリピン沖で撃沈されたからでした。敗戦後、乳飲み子を抱えて苦労する母に、幾つかの縁談を世話して下さる方があって、そのなかから、父を選んだわけでした。その選択理由は至って簡便でした。連れ子あって地味な方がいいだろう。

それで、3人兄弟ですが、長兄は母の連れ子、次兄は父の連れ子でした。

わたくしの出生自体が実に不思議だと、つねに、子供の頃から聞かされて来ていました。あの戦争が無かったら、あなたは生まれてない、と。それで、あの戦争とは何だったのか? 生きるとは何なのか? 私の、生きる上でのテーマでした。

母は、茨城県出身で、大阪に出て来ていました。祖父の事業のとん挫で、兄弟そろって大阪に来たのでした。時代の流れで、手広くやっていた人力車の商売が成り立たなくなったのでした。そうこうするうち、戦争もひどくなった頃に、母は尼崎の農家の一人息子に嫁ぎました。下関まで、一度だけ赤ん坊を見せに行ったのが最後だったそうです。敗戦直前には、農作業の帰り道にアメリカの戦闘機に銃撃され、30センチほどの目の前で銃弾が土煙を上げるプスップスッという光景が忘れられない、恐怖だった、と、何回も聞かされました。

半籐一利さんも、子貝川の堤防で鰻取りの帰り道に同じような経験をしたそうです。ラジオで聞いて、わたくしの母の話を思い出しました。

半籐一利さんの『昭和史』は、とても良い本だと思います。

是非、ご一読為されて下さいますよう、強くお勧め申し上げます。

            ・

西欧の近代生産の革命手法を取り入れたのに、

どうして、焼けのが原にまでなってしまったのか?

国際連盟の脱退は、軍部だけでなくて、新聞論調など世論の方が強硬だったようです。

幾つもある選択肢の中で、神がかり的な唯我独尊の選択を重ねて行った結果、やがての、敗戦の焼けのが原でした。

       ・         ・

『古事記』は、ちょうど、当時の中国の唐における天壇思想に対抗するために作られた書籍です。あちらが、「天」からの統治権の授与をいうなら、こちらも、同等にする必要に迫られたのでした。

『日本書紀』は、神代巻(神代の巻き)は、一書にいわく、という、参考典拠が羅列されていますので、一貫した話になっていません。それでは、天壇思想に対抗できないです。

これが、『古事記』の世界観が明治期の西欧文明流入期にフィットした理由です。

本来の「日本」はお互いの存立を尊重しつつ、より良い方途を探りだす精神であるはずです。

『古事記』の世界観は唯我独尊で神権授与が根拠ですので、事あるごとに傍若無人になります。

『古事記』によって、対、西欧文明対策を講じたために、大切な選択肢を迫られたとき、強硬路線の判断が何回も重ねられてしまった。  それで、 あの焼けのが原。

これから先、どうしますか? 本来の「日本」の精神である、お互いの存立を尊重しつつ、より良い方途を探りだす、こちらの方向に戻したいと思うのです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年12月 8日 (火)

本年は、いろいろと、本当に有り難うございました。 感謝ここに、感謝です。

郵便局に行きましたら、もう、年末の装いでした。

今年の一年を、思わず、回想しました。

本年も、いつもに加えてお世話になりました色々のことを想い出していました。

         ・

ユズ(柚子)の実が、窓辺で黄色くなっていました。

香りの良いユズです。 それは、棘(とげ)がとても強烈です。

Kakuyuzu1

採(と)ろうとしまして、あちこち、手など棘に痛い思いをしました。

いいものは、怖い面がありますですね。

今日は、お風呂でさぞ、あちこち沁みる事でしょうね。

       ・       ・

今年は、日本固有種の鞍居桃も、見つかりました。

125253997692116221670_kuraimomo1

           ・

また、日本固有種の柑橘種のコウジミカンも見つかりました。

Photo

ともに、

大きな前進です。

         ・

それと、『よみがえる日本語』の上梓が出来たことは、

なんと申しましても特段に言える、大きな前進です。

これから、またまた続編完結まで、気の遠くなるような仕事が待ち受けています。

とにかく、緒に付け得たことは評価できますでしょう。

完結出来れば、国のたから、全世界においてのたからになることは、請け合いです。

         ・

『定本ホツマツタヱ』の在庫が、もう無くなってしまいました。

わたくしの死ぬまではあの在庫であるだろうか? と思っていました、それが、なぜかもう? 在庫が底をつきました。 この書籍は、漢字文献類との前後関係を一目で理解するための基本書籍です。頒布を切らしてしまうわけにはゆきません。

なぜなtらば、「日本」の国家としての本筋をまともに考えようとするならば、

だいたい大学の教養課程の教科書にしなくてはならない書籍ですから、です

現実は、きびしく、初版の売上金が戻ってこないので、本当に苦しい所です。が、どうあっても、頒布を切らしてしまう事だけは、なりません。借金で増し刷りしました。また、賛助して下さっての事が、あって何とか実現出来ました。深い深い恵みの事を思います。 それで、ユズ(柚子)の実の痛た痛たながらの収穫にもなるのでした。

      ・       ・

来るべき来年も、輪をかけて忙しくなり行くような気配です。

みなさま、

健康にお気を配り下さいまして、お身体のこと、おん、お大切に。

わたくしは、

盆暮れもなき生活を、ずーっとして来て居ります。

ご挨拶もまったく為し得ない不出来で恐縮です。

どうか、どうか、ご宥恕のことでと、ご容覧のほどを、どうぞお願い申し上げます。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2009年11月29日 - 2009年12月5日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »