2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »

2009年11月25日 (水)

「ホツマ」から、 「ヲシテ」への敷居のこと

偽書との区別を、どうやって付けて行くか?

このことに、心を砕いて来ました。

         ・

ヲシテ文献『フトマニ』『ミカサフミ』『ホツマツタヱ』を、記紀との照合比較をしまして、漢字文への翻訳前の原書である事が判明しました。

しかし、ヲシテ時代の古語を、江戸時代語などに単純当て嵌めをすると、真っ赤な誤訳になってしまいます。これでは、偽書扱いして当たり前のモノになってしまいます。当然です。

折角(せっかく)の、宝物を汚(けが)す行為ですね、時代錯誤の単純翻訳は。口が酸っぱくなり過ぎるまで、叫び続けて来ましたら、少しは理解が通って来たようです。

漢字仮名交じりへの直訳は誤訳だ!  と。

     ・        ・

その、長い長い過程におきまして、(すでに、30年以上にもなります)

誤訳の「秀真伝族」との区別をするために、敷居を設けなければなりませんでした。

「ヲシテ」の言葉には、美しい雰囲気を保持し守るためです。

「ヲシテ文献」とは、記紀との照合の結果「原書」であるとの認識を踏まえた上で使う言葉。 と、して行きましょう。

このために、商標などでガードの手段を講じました。

          ・

「秀真伝族」は、偽書運動にほかなりません

ので、排除してゆきましょうね。

古史古伝族も、偽書運動ですね。

排除しましょうね。

それらとは、きちっと区別をして、

本物の、「日本」の素晴らしさを明らかにして行きましょう。 これが、「ヲシテ」です。「ヲシテ文献」です。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2009年11月15日 - 2009年11月21日 | トップページ | 2009年11月29日 - 2009年12月5日 »