2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »

2009年10月29日 (木)

ヲシテには、多くの真摯な研究者の必要のこと。 何があっても、くじけてはなりません。 コウジ蜜柑が実りました!

天誅組のことなど、良く思います。 わたくしの郷里の摂津の国でも、先走ったにせよ多くの志士が出ました。  深く尊敬しますです、クニを思う心に。

やはり、多くの人の真剣な思いが集まってこそ、

次代をどうするか?  今後はどの路線が良いか?  変えるには、どうやってゆくか?

このあたりの、はなしが進むのでしょうか?

Photo

    <日本の固有種のコウジ蜜柑の一種のふくれ蜜柑、

         ヲシテ文献の記述の通りに、芳しさ抜群! おいしい!

                  皮ごと食べるのがミソ。

      器(うつわ)は、女房の森みの里、作。 展覧会中です。

                  新匠工芸会東京展

            ・

単純に考えて、ヲシテにこれぞと強く思う人が10万人。

その、先端に解明の努力をする人たちが、100人。

このぐらいの規模になって来ましたら、

次代においての帰趨に強く左右を与え得るのではあるまいか?

と思います。

まだまだ、アカデミックのラインには時間がかかります。

何故ならば、ヲシテは、  そもそも、

何千年来もの迷妄を覚ますわけですから、

そうは、簡単には行きませんです。

真実に目を背(そむ)ける日和見の人は、多くの%ですしね。

悲しい事です。 哀れに思いますね。

旧守勢力の奮闘は凄まじいモノがあるわけです、ね。

旧守勢力は、

貶めて葬ってしまおうと陰謀を画策しもします。 当然の事でしょうね。

     ・       ・

それより、光広がるヲシテの世界に転身して欲しいと思います。 

  それが駄目なようですから、真実に気が付いたわれわれで進めて来ていることなのですね。

クニを思う気持ちが原動力です。 

これが、時間がどれほどにもかかろうとも、正しい路線で進めてまいらなくてはなりません。

大きな歴史と未来を背負っているわけですから。

         ・

日和見の人に言いたいと思います。

わたくしたちの、祖先の光り輝く大文明の真実が明らかになって来るというのに、

回りきょろきょろは、嘆かわしいことだと思います。

世間的には、ヲシテを知らんぷりするのは、当面必要でしょうが、

個人的な範囲での調査・研究をなさるのは、ちょっとした、ひとかどの人物ならば当然興味を持って少しずつでも、やっておいて貰った方が良いと思います。

なぜならば、ヲシテの理解には長期間の年月がかかります。

2000年近くの常識についての根底からの再検討が必要なので、

過去の例を見ましても、

最短でも3~4年の月日は必要なようです。

世間が動き出した時に、手遅れにならないためですね。

   ・    ・    ・

ヲシテ文献の真実性証明の根拠は、

すでに、広く公表してあります。 →こちらへ

もはや、消し去る手段は無くなったと思います。

あとは、

マスコミの人達など、フツーの人が気が付くような、

出土物からのヲシテの発見が出れば、

Xデーが単に早まる事になるだけです。

出土物の出現が無くても、時間がたてば、

自然と真実は広まりますね。

ブラックホールの存在が、ちょっと前までは、

専門家の間でも眉唾物扱いされていました、が、

もう今現在では、ブラックホールの存在を否定する人はまずいません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2009年10月18日 - 2009年10月24日 | トップページ | 2009年11月1日 - 2009年11月7日 »