2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »

2009年9月26日 (土)

字の読み書き、ヲシテのこと。

字の読み書きが出来ないでどうしましょ?

ホントに困ります。

諸外国が相手の、総合商社の営業マンだったら、

英語が達者でないといけません。 これは当然の事です。

         ・

古代の「日本」、

それも、漢字以前の時代にさかのぼろうとしたら、

「ヲシテ」が読めなくては話になりませんです。

「ヲシテ」は、記紀の原書の記載文字です。

この敷居が越えられなくては、

まったくもって、どうしょうもありませんことです。

世界を相手にする総合商社の営業マンが、

英語もほかの外国語も全く出来ません、と言っているようなものです。

それは、

ハナから駄目なことと申せましょう。

(つと)まる事は、まずもって、宝くじの当たるよりむつかしいことですね。

過去に、「ヲシテ」の方にも、結構の人数の沢山の人が寄って来ました。

でも、ですよね、数年たっても、

字が満足に読めないままのような、そんな人は、

それは、駄目ということですね。

無理です。

商社マンが、何年たっても英語も読めません、話せません。 と言ってるような事です。

Photo

  <「を」のヲシテです。 3Dでの縄文時代への遡及中です。

        あんまりにも、おもしろいので、掲載したいと思いました>

         ・

と、言いますのも、

『日経新聞』の「わたくしの履歴書」の今月は、

三菱商事の槙原さんの執筆でした。

いろいろと、参考になりましたです。

有り難う御座います。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年9月25日 (金)

互恵のこと、「トのヲシテ」で人間関係はOK

人間関係で悩む人が、

多くおいでのようです。

新人さんなど、社会に出ると、悩む事が多そうです。

「トのヲシテ」が、これを解決してくれます。

          ・

突き詰めて言えば、

人間関係は互恵(ごけい)のところに基礎があります。

「トのヲシテ」は、小さなプラスを相互に積み重ねることを、

言います。 テニヲハの助詞の「ト」と同じです。

何かをプラスしましょうと、「ト」で足すのですね。

「モ」の雰囲気で足すより、「ト」の雰囲気で足すのが、 なおより良いコツです。

  「モ」の足し方だと、相手を対立的、否定的に見る足場が透けて見えるから、

   良くありません。

なにはともあれ、

プラス・プラスの接し方をして行けば、

人間関係が悪くなることはありません。

     ・       ・

逆にマイナス・マイナスの接し方を継続してゆくと、

いずれの日にかは、いやがられてしまいます。

「引く」「引く」のやり方は、NGです。

         ・

「トのヲシテ」のプラス・プラスの方向に行くか?

逆の「引く」「引く」のやり方にゆくか?

あなたの、こころ次第です。 

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年9月23日 (水)

ホツマ40-34・3行目、「ぬのおし」に訂正の事。あと、2点の追加。

今度こそ、訂正なしでと、

思う事は、なかなかに難しいモノです。

『定本ホツマツタヱ』に、誤植です。

『記紀原書ヲシテ』(下巻)にも、同様の誤植です。

今から以降に、出してまいります本には、訂正シールを貼ります。

         ・

訂正個所は、

1、ホツマ40-34の3行目、「ぬのお

が、誤りで、

正しくは、

「ぬのお」でした。

2、ホツマ40-93の3行目「おわしま」とあるが「す」が誤植で、

正しくは、「おわしま」でした。

  

なお、

『記紀原書ヲシテ』(下巻)のみの誤植で、

3、ホツマ40-92の1行目、 「たのしみ」とあるが「て」の誤植で、

正しくは、

「たのしみ」でした。

           ・

長年、気が付かない間違いでした。申し訳ありません。

ほんとうに、申し訳ありません。

以前からお使い下さっておいでのお方に、訂正のお願いを申しあげたく存じます。

取り急ぎお知らせ致しました。

     ・        ・

これだけやってても、 こんなのか?

まったく、

自分自身のふがいなさを思いまして笑って居ります。

H21923

やれるだけやってたら、

それで、

更なる事は、もう、それ以上は天命と申せましょうか。人知の及ばぬ先ですものね。

それは、

最先端の維持、と、

真摯さですね、

才能は別にしまして。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2009年9月13日 - 2009年9月19日 | トップページ | 2009年9月27日 - 2009年10月3日 »