2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年7月26日 - 2009年8月1日 | トップページ | 2009年8月9日 - 2009年8月15日 »

2009年8月 8日 (土)

ヲシテの文字のバランスのこと。 安定詞・呼求詞の書き分け。

ヲシテの文字が創り出され、実用されていた時代には、

活字の考え方は、まだありませんでした。

あくまでも、手書きか、手染めか、

それに類したものであったわけです。

「ヲシテ書」にて筆で記しますと、助詞などは、自然に小さめのサイズの文字に

記しています。

       ・

安定詞は大きめのバランスが読みよいからでしょうね。。

呼求詞は、小さい目の文字バランスが読みよいです。

       ・

現行の活字の考え方は、一音一文字です。

ヲシテでの国語の新解明によりまして、

安定詞・呼求詞の区別を設ける事がより良い新展望に結びつくことが解ってまいりました。

それが、「ヲシテ書」などで、文字の大きさを自然に大小のバランスを、

付けていた謂れなのかも知れません。

ということは、

たとえば、活字でも、

安定詞に使う「に」は、通常の大きめの文字のバランスで、

呼求詞の助詞の「に」は、若干小さめの文字を使うと良いか?

でも、

現行の活字の使い方の枠組みには、ちょっと異質ですかね?

       ・

今のところは、

呼求詞、とくに呼求音韻によく使う文字は、若干小さめか細めにバランスをとっています。

それは、文章にして読みやすくなるような、そのあたりを、

基準にして考えています。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年8月 6日 (木)

ヲシテを識るには、記紀をまず知るべし

『記紀批判』(創文社、梅沢伊勢三)を買いました。

こんな話しを聞くのが、一番うれしい事です。

          ・

先日も、「どうして? 遺跡の出土物から出て来ないのだ」

なんて、逆捩じのように言われました。

わたくしも、首を長くして待っているのですね。

わたくしが、スコップを持って走っても、発見の実現なんか不可能ですね。

もしまんいち、見つけたりしても、誰も信じてくれませんね。

そんな、わたくしがスコップを持つ対応は完璧に無意味といえます。

     ・         ・

じつは、

出土物からの、発見がなくとも、文献学的手法によって、

もっと、遺跡出土物の根拠よりも、

もっと、堅い根拠が得られるのです。

それを、

梅沢伊勢三先生が、すでに、

提唱なさって下さっていました。

これは、

『日本書紀』と『古事記』を、詳しく内容対比することで、

その、成立に関わる前後関係が、浮き彫りにされるのですね。

このことは、

思い込みや、思い入れなんか、また、好きや、嫌いなんかといった、

そのようなレベルの話ではなくて、冷静な事実分析のことなのです。

数年は『古事記』のほうが早く書かれた。

なんて、通り相場になってますが、 きわめて、意味のうすうすの話でしか有りません。

つまり、

文献学的な、対比比較のモノの見方があれば、

一見で解ってしまうのですね。 どちらがよりオリジナルに近いのか?

つまり、どちらが本物か?

この目を、

この、モノの見方を『記紀批判』(創文社・梅沢伊勢三)が、

培ってくれます。

 そして、『定本ホツマツタヱ』を見れば、一発解決です。

        ・

また、

国語の分析によっても、根拠は得られます。

『よみがえる日本語』(明治書院、青木純雄・平岡憲人)

卓逸した新発見の提唱です。

      ・     ・

万人受けの根拠の発見、そんな事が起きましたら、

もう、先見性の有意のことは、無くなります。

先見性の有効な時期に、それにふさわしい事を、なさって行って下さいませ。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年8月 5日 (水)

歴史観のこと、 ヲシテ文献の発見研究による 「むかし」にこそ理想あり

ヲシテ文献が記紀の原書としての位置付けで、

理解を深めてゆきますと、

歴史観のこと、今までとは違った見方が展開されてきます。

日本の歴史には、「むかしの方が文明は高度だった」という見方です。

「むかし」といっても、色々ありますが、初代のアマカミのクニトコタチさんの時代が、

もっとも理想に近い時代であったということです。

Photo

アマテルカミも、「むかし」の良き時代への憧れを常におこころにお持ちでした。

統治の理想は「むかし」にある、と。

今日は、晴れ間で稲穂が垂れ始めていました。

Photo_2

Photo_3

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2009年7月26日 - 2009年8月1日 | トップページ | 2009年8月9日 - 2009年8月15日 »