2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2009年1月17日 (土)

『訓点語彙集成』のこと、  ヲシテ文明の源流を求めるための、こだわり。

『訓点語彙集成』の7巻が配本になりました。

思うのは、古い時代の発音の真相なのですね。

    ・     ・

『万葉集』などには、こう有るが、

その後の、この、「ことは(やまと言葉)」は、どう発音されてきたか?

訓点には、存立の根柢に係る特徴があります。それは、実際の発音が最も近い表現において記録される。 ことです。

この特性が、備わっているのです。 訓点には。

たとえば、

「風」・「水」

ヲシテ時代では、

「かせ」

「みつ」

の、ヲシテ文字の表記になっています。 (二点外濁点は伝承時代のものと、認定して削除をした結果)

ところが、ご存知の如く、

現代では、「かぜ」・「みず」と、認識されています。

さて、本当はどうなのか?

ヲシテ時代では?

つまり、本当の意味の「やまと ことは」は?

         ・

ちょっと見には、どうでも良いことにも、思われますですね。

「せ」か「ぜ」か? 

「つ」か「ず」か?

たった、濁音表記の有無ぐらいだけのことです。

わたくしも、

めんどくさいことだと思います。

   

ですが、語源を考える上においては、極めて大切な事なのですね。

求めたいのは、

源流である、

ヲシテ時代においての、語源です。

それは、

かなり、キーポイントになる個所なのですね。  本質の「やまとことは」に。

それで、こだわる事になるのです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2009年1月16日 (金)

ヲシテ文献の進め方、  研究・啓蒙・展望

私の立場、考え方について、 述べておこうと思います。

ヲシテ文献の進め方の事です。

Thaki3

1、はじめに、ヲシテ文献についての把握の仕方。

  ● 約40年前に、松本善之助先生による現代発見がなされた。

  ● 『古事記』『日本書紀』との対比比較で、ヲシテ文献が、それらの原書である事が判明した。 (『定本ホツマツタヱ』)

2、ヲシテ文献の内容把握。 と、これに派生する誤訳(「秀真伝」誤訳偽書)の害。

  ●ヲシテ文献を記述している語彙(言葉)はとても古い時代のものである。

         (既存の古語辞典では、ほとんど何にも役に立たない)

  ●上の理由から、無理な当て付けが頻繁に為されてしまいやすい。

         (誤訳の積み重ねによる、誤訳創造性偽書「秀真伝」の横行)

  ●一般にヲシテ文献についての初認識の場合、100%誤訳創造性偽書に洗礼を受けて、後で後悔をする事になる。 これを、防ぐ手段は、今のところ考え出されてはいない。 わたくしとしては、警鐘を鳴らすだけしか為し得ないことである。

 聞く耳を持たない人に、わたくしは、有効な説明の手段を持ち得てはいないのです。

3、長期にわたっての将来的な展望。

  ●誤訳の害は、ある程度の年月が経ると、コモンセンスとしての誤訳創造性偽書の「秀真伝」罪悪論が一般に認識される。

  ●その時点において、使えるようなモノを、確立しておく必要がある。

  ●深く深遠にして高貴な、ヲシテ文明の解明について、今、まさに進めておかねばならない。これには、時間と、思考・思索・入念な分析研究などが必要。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2009年1月12日 (月)

ヲシテ文明の、解明には、「ヲシテ」が必要条件です。

何はともあれ、

ヲシテ文献への入門には、

最低のラインで、

ヲシテを読めるようになること、  が、必要です。

A

これを外すことは、偽書にしか捉えられないからです。

           ・

大切なものを、

間違えて、偽書扱いすることは、

そのような、やり方に陥る道筋には、

どんなことがあっても、わたくしは、賛同できません。

      ・          ・

それは、

後の時代の人から、『あれ?  変なの』

と、言われてしまうからですね。

死後においても、

谷川士清(たにがわ ことすが)さんのように、

潔(いさぎよ)くありたいです。

           ・

谷川士清(たにがわ ことすが)さん、 と、 言いましたら、

昨日は、

津のビジネスホテルでフロントの人に聞きました。

そうしましたら、

知らないのですね、谷川士清(たにがわ ことすが)さんのことを。

地元のフロントマンだそうですが、知らない。

悲しい事です。

自分の国の事について、どのように、思っているのでしょうね。

でも、谷川士清(たにがわ ことすが)さんの、旧宅の記念館の人は、

さすが、しっかりと理解していました。

      ・          ・

わたくしの、「伊勢の国」への転居移住への、

思いは、 実は、谷川士清(たにがわ ことすが)さんへの敬慕が、

ひとつには、あったのでした。

           ・

国語の事は、

宣長もそうですが、谷川士清(たにがわ ことすが)、

富士谷成章、

賀茂真淵、

佐々井祐清さんまでは、少なくとも辿っておきたいものです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »