2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »

2009年3月27日 (金)

クニ(国)のこと

国を立てると云う事は、

何やらかんやら大変に複雑なものである事は、言うまでもないことだと思います。

これが大変なことなのですね。

Photo_3

   <プラチナ箔の拍押しの絵は、実物でないと良く解りませんですね>

他の国からミサイルを撃ち込まれでもしたら、被害者の人は大変です。

そんな事が起きないように、守るには、やっぱり、国の実体が必要ですね。

また、拉致なんて、故なき人さらいにでもあったら、それは、本人はもとより、

家族も大変ですし、社会に係わる全ての人が大変です。

会社の同僚が、ある日、突然に人さらいにあったら、どうしますか?

      ・

これを、国を立てるということは、

大変な作業ですけれども、

外す事は、やっぱり出来ませんものなのですね。

過去はともかく。

今、現在。  そして、未来。

おそらくは、少なく見積もっても5000年程度の未来においても、矢張り真実と申せましょう。

         ・

クニ「国・国家」を構築すると云う事は、

大事業と言って間違いないことだと思います。

     ・     ・

さて、

とは何か?

「日本」においては、結構難しいのですね。

その本体についての認識が。

国の根柢の姿、それを、どの時代にもとめればよいのか?  複雑です。

A,明治時代・江戸時代に求めるか?

B,戦国・平安時代に求めるか?

C,奈良時代に求めるか?

上記の3っつに付きましては、ブーッと鳴らしたいと思っています。

なぜなら、

それらは、漢字時代でしかあり得ないからです。

時代についての、把握間違いです。

本来の「日本」は、漢字以前の縄文・弥生時代に建国の根拠が樹立されていたことが、判明したからです。

              ・

漢字以前の「日本」の大文明に根ざした国家再構築に、こころざしをお持ちになる、その人が同志と言えましょう。   

ヲシテ文献の読み進め方は、こち らを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 2009年3月15日 - 2009年3月21日 | トップページ | 2009年3月29日 - 2009年4月4日 »