2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »

2009年3月18日 (水)

「うくいす」の鳴き声

「うぐいす」がどう啼いて、どう聞こえるか?

現代に流布している聞き方の「ほけきょ」では、

どうにも、時代の遡及がままなりません。

1000年程度だけ、どうにか、さかのぼれるかどうか?

それでは、つまらないです。

Photo

           <今日は、さくらも咲きました。

              古い時代にも、遡及の出来る

                良い雰囲気のさくらです>

そもそも、

ウグイス自身の鳴き声、何て、数千年来大きな変化があるものとも思えません。

Wasabi

                <わさびの花です>

なのに、

ヒトに聞こえる聞こえ方は、

びっくりするほどの、違いが生じている。

おもしろいものです。

     ・    ・

『古今集』には、

「ひとく(人が来る)」「ひとく(人が来る)」と、

あります。

1011番

「梅の花 見にこそきつれ 

うぐいすの ひとくひとくと

厭(いと)ひしもをる」

「ひー」 「ひ と く!」ですね。

      ・

このごろ、わたくしには、

「うー く」

「う ーく」

「うー く  い す」

と聞こえて来ました。

毎朝やっていますね。

ヲシテで書いてみると、意味が解かります。

日増しの日の光りの温かさを、

喜んでいるようです。

谷渡りを、今やって居ました。

「くいす」 「くいす」「くいす」「くいす」…

(来る、来る、来る、来る、来る…  来た!)ですね。

    ・    ・

ホトトギスの鳴き声も、近年、

「ホトトギギス」と、聞こえてきています。

ある個体の鳴き声は「ホトトギース」と聞こえて来ます。

今年は、どう聞こえるのでしょうか?

楽しみです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 2009年3月8日 - 2009年3月14日 | トップページ | 2009年3月22日 - 2009年3月28日 »