2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 本居宣長、谷川士清、そして梅沢伊勢三 | トップページ | ヲシテの成立してきた生成過程のこと、たとえば、「る」のヲシテの形状のこと »

2009年9月 4日 (金)

ヲシテを、カタカナ・平仮名にした際の問題点

ヲシテ48文字、

カタカナor平仮名にしたらいいじゃないか?

       ・

良く言われる事です。

問題点が幾つも包含されていますです。

カタカナor平仮名への単純変換は、問題多しです。

まず、

思い浮かべるのは、

「ゐ(ヰ)」 「ゑ(ヱ)」の問題ですね。

カタカナor平仮名では、「wi」 「we」

の音韻に相当します。

しかし、

ヲシテでは、「yi」  「ye」を本来は表しているのです。

でも、この、「yi」  「ye」を表すようなカタカナor平仮名は、

ありませんです。

つまり、ヲシテの 「yi」  「ye」の音韻を「ゐ(ヰ)」 「ゑ(ヱ)」で表記するのは、

明らかに誤記に該当します。

キツク言うなれば、改竄とも、云えば云えるような範疇ですね。

       ・

次に、思いつきます問題点は、

「お(オ)」と、「を(ヲ)」との所属行についての問題です。

漢字国字化時代以降、とみに「お(オ)」と、「を(ヲ)」の混乱はその度合いを増しまして来ていました。

定家仮名遣いを見ても、その、混乱ぶりは涙ぐましい限りです。

それを、

本居宣長が、伝統的な所属行の理解を反転させましたです。

それは、

いわば、違うのでした。

ヲシテの用例の勘案からすれば、本居宣長以前の伝統的な見地の方が、

より正当であったのでした。

「やまと ことは」のヲシテによる新解析で新たに発見できました。

詳しくは、『よみがえる日本語』をお読み下さい。

ところが、

今現在に至っては、宣長流が全盛になってしまいましたので。

ここに、

ややこしい、事が起こっています。

助詞の「を(ヲ)」を

あ行・わ行、いずれに所属するとみなすか?

この問題について、

カタカナor平仮名への単純変換では、より一層の混乱に拍車をかけるばかりです。

この意味において、ゆゆしき問題だと言えるわけです。

       ・      ・

さて、

さらなる、

根本的問題が、控えます。

ヲシテが縄文時代にそもそも、現にあって、

我が国の「ことは(言葉)」の根底を構築した、

という、

根幹の理解に付いて、

根拠であり、眩いばかりの高貴さを、

これを、葬り去ろうとする、

そのような、

あやしげな、意図に操縦されているのではなかろうか?

根底が定まらなかったら、いつまでたっても、

100000年たっても根無し草です。

ここに、定礎を定めるべし。

この思いが、崩れては何にもなりませんです。

根底が崩れたら、

積み上げたモノの全部が崩壊してしまいますです。

        ・

「やまと ことは」は、ヲシテの形状イメージが、

造語器としてはたらいて、

安定詞(名詞)の語意の意味の形成をしました。

また、呼求詞(動詞・形容詞・助詞など)のはたらきの、

作用の仕方もヲシテの文字形によって規定されました。

この相態性原理を根拠づける根っこはヲシテに有ります。

ヲシテを、「やまと ことは」から切り離したら、

千数百年間彷徨い続けたように、

あわれな、

根無し草生活からの脱却が出来ないままになります。

この意味においても、

折角のヲシテを、カタカナor平仮名への単純変換をするなんて、

余りにも酷(ひど)い亡国の暴挙といえますでしょう。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 本居宣長、谷川士清、そして梅沢伊勢三 | トップページ | ヲシテの成立してきた生成過程のこと、たとえば、「る」のヲシテの形状のこと »

コメント

ありがとうございます。

「よみがえる日本語」で示しましたように、ヲシテは表音文字であるだけでなく、表意文字でもあります。

例えて言えば、全部をカナで表記するというのは、漢文をピンイン(アルファベット)だけで書くというようなことに匹敵します。

すでに分かっている単語の意味は、アルファベット表記しても分かるとはいえるかもしれません。しかし、よく分からない単語の意味を推測するには、ヲシテの文字の形から推測するというのが正統な方法です。カナ表記すると、この方法がとれなくなってしまいます。漢字の意味が分からないとき、推測するには、篇とか旁をみますよね、それと同じことなのです。ヲシテの字の形で意味が表されているので、字の形そのものに意味があるのです。

 
 
 
 
 
近所にも、
川の橋の下で暮らし始めた人がいます。
台風の時は避難していたようでした。
これからの冬はどうするのでしょうね?
それが、
千数百年間も、国家全体で続いてしまっていた悲しさを、
思います。 この、
根無し草生活からの脱却をはかろうと、
その、思いがあってはじめて人の心を打つのだと思います。
ヲシテを抜くと、目の前1分間だけの慰みモノに終始してオワリです。
ちょっと面白かった。 てなものです。
それは、あまりにも、ひどい話です。 宝モノを、くそみそ扱いにして、
一山1円でたたき売る行為です。 叩き売った人たちは、薄利を得て満足なのかも知れません。
でも、
真面目に真剣にやっている、私たちが、また、また、迷惑しますです。
困っちゃいます。
そうして、何十年間も、
「秀真伝」族に、本当に、さいなまれましたです。 
宝物が見つかったのに、1円玉をひらったぐらいにしか思ってない。
そんなことだから、
三億円の宝くじの当選券で、
そこらの紙屑とおんなじようにしか捉えないので、
鼻をかんで捨てるような行為ですね。
これが「秀真伝(しゅうしんでん)」です。 偽書作成叩き売り家の真髄です。
猫に小判、豆腐に鎹。
     ・
ルビなんて云うのも、こまりものです。
とはいえ、
暫定措置としてしょうがないから付けてただけです。
もちろん、ルビなんて消し去るべきです。
増して、
カタカナ・平仮名変換なんて、
とってもこまりものです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 本居宣長、谷川士清、そして梅沢伊勢三 | トップページ | ヲシテの成立してきた生成過程のこと、たとえば、「る」のヲシテの形状のこと »