2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテの文章は、現行の日本語と同じで、解りきった事は省略が基本です。 クドクド云ったらくどいといわれます。 | トップページ | ヲシテの立ち位置に付いての認識が重要 »

2009年8月26日 (水)

荒き波間を

女房が良いウタ(和歌)を、詠みました。

冷泉家の俊成忌の「草の花」のお題に詠んだものです。

Minori_2

野村美術館で拝見しました、武野紹鴎の船の絵を、

思い出すウタです。

「野分き」とは、台風のことです。

ヤマトタケさんの、

暴風の船路にも思いが馳せますです。

また、

もっと昔の、

タケヒト(神武天皇)さんの、即位前の、

あの、

困難な、クマノ(熊野)からのコトゴト、

イワタテの沖合で遭難しつつあったような、

そんな事も想起されます。

       ・

「のわき」には、イメージが馳せますが、

わたくしには、「草の花」のお題のイメージは、

あんまり湧いてきませんでした。 

『万葉集』にも出ない言葉ですものね。

新しい時代の言葉です。

もちろん、ヲシテにも出ませんです。

「草の花」、このウタ、

歌合わせで云いましたら、

女房の勝ちですね。 言葉は常に、新しくなるものなのであるべきなのですね。

女房は、2年ぐらい前からウタを詠み始めましたのでしたです。

 

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« ヲシテの文章は、現行の日本語と同じで、解りきった事は省略が基本です。 クドクド云ったらくどいといわれます。 | トップページ | ヲシテの立ち位置に付いての認識が重要 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテの文章は、現行の日本語と同じで、解りきった事は省略が基本です。 クドクド云ったらくどいといわれます。 | トップページ | ヲシテの立ち位置に付いての認識が重要 »