2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテの立ち位置に付いての認識が重要 | トップページ | 「た・れ・る」ということ。 »

2009年8月29日 (土)

国家の、世界の、この困難なる時にどうするか?

色々なやり方、処方箋は、

いろいろと、書かれる事です。

それは、 

それぞれ、ある意味真実です。

     ・

否定はしません、 です。  なんであれ。

さて、

ちょっと、

思いかえって考え、見てもらいたいと思うのです。

これまで、「日本」とはこれだ!

と思っていたことは、果たして正しいかどうか?

      ・

だって、

国字としてのヲシテが、ちゃんと、縄文時代の前期ごろには実在していた。

この事実が、

ちょっと前では、除外された考え方です。

ところが、

すでに、 もはや、今の現在では、

まぎれもない事実として、識者の内には少しづつですが常識になりつつありますです。

根拠1.

記紀との文献比較で根拠は得られています。

   (記紀以前にヲシテ文献の成立があった。 『定本ホツマツタヱ』)

根拠2.

「やまとことば」の原理原論の分析でも、

すでに、明らかになってしまいました。

   (『よみがえる日本語』)

根拠は、揺るがせないという、

そんなことです。

細かな分析解析においての、若干の詳細解釈を、右を左、左を右、

と言った程度の、変更はあるかも知れませんが、

『よみがえる日本語』の概説解明で、

ほぼ、日本語の99%の構造論は述べ尽くしたと言ってよいでしょう。

あとの、

のこされた、ほんのちょっとが、

作業としては大変に煩雑です。

最後の一山が、作業としては、ツメで多く残りますから。

     ・    ・

とにもかくにも、

記紀のあのひどさを、

実感してもらうこと。

それは、

「ヲシテ」の世界を、

くもり無きこころで、 しっかりと見つめてもらってから、

しかるのちに、

漢字文献の記紀のあのひどさを、みてもらう、

と、

やっと、

解り来る事だろうと、思います。

このあたりが、解ると、

「秀真伝」の段階にとどまるのは、いかにも、祖国軽視の貶めにほかならないか!

が、

わかります。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« ヲシテの立ち位置に付いての認識が重要 | トップページ | 「た・れ・る」ということ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテの立ち位置に付いての認識が重要 | トップページ | 「た・れ・る」ということ。 »