2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

「た・れ・る」ということ。

明治の維新にかけて、

沢山の偉人が出ました。

吉田松陰などは、その、5本の指に数えられるかもしれません。

国難の時代には、どうあらねばならないか?

その事を深く考えて一身をささげてもなおやり抜こうと、

   

志す人が出るものです。 潔(いさぎよ)い志しだと思います。

これは、「ろ」のヲシテの意味・理念である、と言えましょう。

       ・

江戸時代の末期には、

中国のチャイナと呼ばれていた、大文明国が、

西欧列国の前に無残にも食いちぎられていく様を、

眼前の動く画像として、当時の日本の人が見、危機感に攻め立てられたのですね。

       ・

さて、

現在にも、

それ程にも違わないような、

とも云えるような危機は、大きく目の前に迫って来ていますですね。

見えないと言う人は、

見るのが怖いと、

現状回避のスタンスに籠もってしまっているような事のような、

そんな、事なのではないでしょうか?

世界のあっちこっちでの、

対立と小競り合いは毎日止むことがありません。

     ・    ・    ・

さて、かの時代の危機において、

吉田松陰のなにが素晴らしいか? というと。

かれは、どんな状況にあっても、

逃げる事は、決して決してしないのでした。

生命をかけて貫く。

信じたものには。

です。

      ・       ・

吉田松陰は潔(いさぎ)よいです。

綺麗ですね。  生きざまが。

それとは、異なるのが、

理想にも目覚めず。  他人の重箱の隅の足らざるをほじって溜飲を下げようとする、

これが、「はたれ」の生きざまなのですね。 これは、美しくありません。

足らないところを、足してやるのが、親切ですね。

あなたの方が、より良いならば、

あなたの本を作れば良いではありませんか!

それが、本当に国のために処する心構えです。

    ・      ・      ・

「トのヲシテ」の理念とは、

ちょっと足したら、もっと良い。

その、プラス思考の良い循環をもたらそうとすることにあります。

その、正反対の、こころの動きが、

他人の不幸を喜ぶ心ですね。 「はたれ」です。

まったくの、正反対のこころの原動力学です。

美しくない方の、方向ですね。 これは、醜いものですね。

この、悪い方を「たれる」と言います。

現代に言う、「ぶーたれ」、とか「ぶす」とか言う言葉の語幹と同一と言えましょうか。

ヲシテ時代の、

「はたれ」の語源に近々に近い意味です。

此処のムヤムヤを去ると、

とっても綺麗な青空が見えるのですね。

先は、これからまだまだ長い事で御座います。

よろしくお願い申し上げます。

  

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年8月29日 (土)

国家の、世界の、この困難なる時にどうするか?

色々なやり方、処方箋は、

いろいろと、書かれる事です。

それは、 

それぞれ、ある意味真実です。

     ・

否定はしません、 です。  なんであれ。

さて、

ちょっと、

思いかえって考え、見てもらいたいと思うのです。

これまで、「日本」とはこれだ!

と思っていたことは、果たして正しいかどうか?

      ・

だって、

国字としてのヲシテが、ちゃんと、縄文時代の前期ごろには実在していた。

この事実が、

ちょっと前では、除外された考え方です。

ところが、

すでに、 もはや、今の現在では、

まぎれもない事実として、識者の内には少しづつですが常識になりつつありますです。

根拠1.

記紀との文献比較で根拠は得られています。

   (記紀以前にヲシテ文献の成立があった。 『定本ホツマツタヱ』)

根拠2.

「やまとことば」の原理原論の分析でも、

すでに、明らかになってしまいました。

   (『よみがえる日本語』)

根拠は、揺るがせないという、

そんなことです。

細かな分析解析においての、若干の詳細解釈を、右を左、左を右、

と言った程度の、変更はあるかも知れませんが、

『よみがえる日本語』の概説解明で、

ほぼ、日本語の99%の構造論は述べ尽くしたと言ってよいでしょう。

あとの、

のこされた、ほんのちょっとが、

作業としては大変に煩雑です。

最後の一山が、作業としては、ツメで多く残りますから。

     ・    ・

とにもかくにも、

記紀のあのひどさを、

実感してもらうこと。

それは、

「ヲシテ」の世界を、

くもり無きこころで、 しっかりと見つめてもらってから、

しかるのちに、

漢字文献の記紀のあのひどさを、みてもらう、

と、

やっと、

解り来る事だろうと、思います。

このあたりが、解ると、

「秀真伝」の段階にとどまるのは、いかにも、祖国軽視の貶めにほかならないか!

が、

わかります。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

ヲシテの立ち位置に付いての認識が重要

単なる面白いだけのもの。

「ヲシテ」への理解が、

そんな程度の事でしたら、

やめといた方が良いです。

どうせ、「秀真伝」の頒布にとどまります。

それは、「日本」の貶め族でしか有り得ません。

Photo

またぞろ、

修正に追われて、

元来、わたくしの、残された少ない時間での、

やるべき仕事が、減らされるのが落ちです。

        ・

一杯見て来ました、 ひどいものです。

「秀真伝」族は。

        ・

『定本ホツマツタヱ』の緒言でも、記しておきましたが、

「ヲシテ文献」の位置を、誤認識したら、すでに、

まともな理解には到達し得ないほどの、

例えば、ボーリングでガーターの溝に落っこちたようなものです。

ボールが、手から離れてすぐに、10センチもレーンを転ばないうちに、

溝に落下。

溝掃除です。

何回綺麗にしても、

どうせ溝にはすぐまたゴミはたまるものです。

それでいて、ポイントは1ッ点も加算されないままです。

      ・     ・

記紀は、私たち千数百年来の、祖国の歴史の基礎として、

常識のベースとして、現にあるものです。

ここから、出発して今現在があるのですね。

それを知らずんば、今現在が五里霧中で何処に足をおろしているのか?

さっぱり解りません。

この意味において、記紀は、とっても大切なのです。

その、きちっとした理解の上で、

そのさらに、最も上位の大切なものとして「ヲシテ文献」を、

理解把握してゆくのが、

まともな道筋です。

今現在を形造っている常識を、

知らないでは済まされません。

ことに、

情報発信する人ならばです。

おたのしみ会の人は、また別ですけどね。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年8月26日 (水)

荒き波間を

女房が良いウタ(和歌)を、詠みました。

冷泉家の俊成忌の「草の花」のお題に詠んだものです。

Minori_2

野村美術館で拝見しました、武野紹鴎の船の絵を、

思い出すウタです。

「野分き」とは、台風のことです。

ヤマトタケさんの、

暴風の船路にも思いが馳せますです。

また、

もっと昔の、

タケヒト(神武天皇)さんの、即位前の、

あの、

困難な、クマノ(熊野)からのコトゴト、

イワタテの沖合で遭難しつつあったような、

そんな事も想起されます。

       ・

「のわき」には、イメージが馳せますが、

わたくしには、「草の花」のお題のイメージは、

あんまり湧いてきませんでした。 

『万葉集』にも出ない言葉ですものね。

新しい時代の言葉です。

もちろん、ヲシテにも出ませんです。

「草の花」、このウタ、

歌合わせで云いましたら、

女房の勝ちですね。 言葉は常に、新しくなるものなのであるべきなのですね。

女房は、2年ぐらい前からウタを詠み始めましたのでしたです。

 

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年8月18日 (火)

ヲシテの文章は、現行の日本語と同じで、解りきった事は省略が基本です。 クドクド云ったらくどいといわれます。

「なおもゆかりの このやまよこれ」(ホ32-24、8455)

この、文辞の意味につきまして、

わたくしは、20年近く解らなかったです。

Ihotomiya1

     < フトニのスヘラギのおミヤ(皇居)のあと。

             イホトミヤ(いほと神社)

                - 通称、孝霊神社 -  >

Ihotomiya2_2

ヲシテ文献は、解っていると思われる事は、省略するのが通例です。

日本語の基本の構造も同様ですね。

解り切っている事を、クドクド言われたら、馬鹿にされているのか?

と、思案してしまう… 、    そんなことです。 

京都などの伝統の厚みが大きくあるところでは、クドサについてが、よく言われます。

そんな、クドイような事をいうと、と、嫌われてしまい易い要素ですね。

        ・

でも、

現代人には、どうして、「なおもゆかり」なのか?

その、基本常識の話がちっとも知られていないのでした。 つまり、  なんのことやら?

です。

        ・

わたくしは、20年来解りませんでした。

でも、あれこれ、あれこれ、変だな、何か文脈の疎通のキーがあるはずだ。

と、

思い続けていました。  そうしましたら、

見つかりますね。 それは。

「スワハフリ」が、ハラミやま(富士山)の絵を奉った(ホ32-13、8409)ことがありました。

また、

「アメミカケ」が、アワウミ(琵琶湖)の絵を奉った(ホ32-14、8412)事がありました。

それが、ゆかりなのですね。  ゆかりは、それ以前にも、順順と辿って行くと、

もっと、深みのある事が解って来ます。

      ・     ・

どうして?  「アメミカケ」が、アワウミ(琵琶湖)の絵を奉ったのか?

それは、おキサキのヤマトクニカひめが、三つ子をお産みになった事に遡ります。(ホ32-5、8379)

またの、おキサキハエヒメさんも、三つ子をお産みになられたのでした。(ホ32-7、8384)

そこで、時のスヘラギ(古代の天皇陛下)の7代フトニ(孝霊)さんは、三つ子を尊んで賜りモノをする旨のみことのりを発布なさいました。(ホ32-9、8394)

この際に、更に昔の10代アマカミのニニキネさんと、コノハナサクヤひめとの間に産まれた三つ子の皇子のことに言及なさいました。さらに、「タケミナカタ」の人命尊重の精神にも言及なさったのでした。

その事が、あって、「スワハフリ」が、ハラミやま(富士山)の絵を奉った(ホ32-13,8409)ことを、とってもお褒めになられたのですね。(ホ32-13、8410)

でも、もっと、以前に溯ると、また、他にも、

ゆかりがあるのでした。

            ・

先代のスヘラギの時代の事でした。フトニのスヘラギ(孝霊天皇)は皇太子時代の事です。「スルガみや」のハフリ(当主)が、ハラの絵(富士山の絵)を奉ってくれていたのでした。(ホ31-102、8350)

その時、皇太子時代のフトニ(後の孝霊天皇)さんが、進言したのでしたが、

父君の6代スヘラギのタリヒコクニさんは、この絵を重要視なさいませんでした。

それは、皇太子時代のフトニ(後の孝霊天皇)さんの理解把握が十分でなかったからだと、

後々になって、ご自身で悟られるのでした。

昔に、せっかくにも、あの時に、

もっと解っていたら?  父君ももっと長寿を全うできたのかも知れない。

と、フトニのスヘラギ(孝霊天皇)はお思いになられるのでした。(ホ32-14、8415)

             ・

さて、さらに、

ゆかりの、もっともっと根源は、

そもそも、

ハラミヤマとは、

その昔、

2代アマカミのクニサツチの「トのミコト」が南麓にミヤ(政庁)を構えになられて、

そこで、とても長い長寿を実現なさった、と言う来歴がはじめです。

その後、

8代アマカミのアマテルカミが、

ハラミヤマに生える長寿の苦い薬草の「ちよみくさ」を、

常用なさいましたことにより、またまた、とっても長い長寿の実現を

得られたのですね。

また、

ヲウミ(琵琶湖)は、その湖岸地方は、

初代アマカミのクニトコタチさんの建国に関わる、

重要ないわれがあります。

2代アマカミのクニサツチの「ヱのミコト」さんの、本拠地でもありますね。

弟の「トのミコト」さんとの間で、かわるがわるに世を継いだとされる、

そのゆかりもありました。(ミ6-10、11379)

それで、

富士山と、琵琶湖とのセットが殊の他に重要になるのですね。

       ・          ・

このように、ゆかりは延々と重なり積み上がって来ていたのでした。

それで、

「なおもゆかりの このやまよこれ」(ホ32-24、8455)

だったのです。

この、文辞の意味につきまして、

いささかながら、解き明かしの端緒だけは述べました。

 

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年8月14日 (金)

『瑞垣』のこと、 伊勢神宮の広報誌

平成21年盛夏号が届きました。

伊勢神宮の広報誌『瑞垣 (みず がき)』は、1年間1000円で送ってくれます。

今号などは、

「天皇皇后陛下にお仕えして」(渡邉允-わたなべ まこと-、前侍従長)の講演の要旨も掲載されていたり、

読み物としても、お勧めしたいような感じを持ちました。

伊勢神宮神宝展も、各地で催されて、「日本」の過去の高度さを、

顕彰しつつあることも、良いことだと思います。

『瑞垣』は、神宮司庁に申し込み下さい。

    伊勢市宇治舘町、0596-24-1111

         ・

しかし、

その、「日本」の本当の根拠を知るためには、

ヲシテ文献に遡って礎石を定める必要があります。

この理解には、

もうちょっと、長い時間が必要なのかも知れません。

Photo

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年8月 8日 (土)

ヲシテの文字のバランスのこと。 安定詞・呼求詞の書き分け。

ヲシテの文字が創り出され、実用されていた時代には、

活字の考え方は、まだありませんでした。

あくまでも、手書きか、手染めか、

それに類したものであったわけです。

「ヲシテ書」にて筆で記しますと、助詞などは、自然に小さめのサイズの文字に

記しています。

       ・

安定詞は大きめのバランスが読みよいからでしょうね。。

呼求詞は、小さい目の文字バランスが読みよいです。

       ・

現行の活字の考え方は、一音一文字です。

ヲシテでの国語の新解明によりまして、

安定詞・呼求詞の区別を設ける事がより良い新展望に結びつくことが解ってまいりました。

それが、「ヲシテ書」などで、文字の大きさを自然に大小のバランスを、

付けていた謂れなのかも知れません。

ということは、

たとえば、活字でも、

安定詞に使う「に」は、通常の大きめの文字のバランスで、

呼求詞の助詞の「に」は、若干小さめの文字を使うと良いか?

でも、

現行の活字の使い方の枠組みには、ちょっと異質ですかね?

       ・

今のところは、

呼求詞、とくに呼求音韻によく使う文字は、若干小さめか細めにバランスをとっています。

それは、文章にして読みやすくなるような、そのあたりを、

基準にして考えています。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年8月 6日 (木)

ヲシテを識るには、記紀をまず知るべし

『記紀批判』(創文社、梅沢伊勢三)を買いました。

こんな話しを聞くのが、一番うれしい事です。

          ・

先日も、「どうして? 遺跡の出土物から出て来ないのだ」

なんて、逆捩じのように言われました。

わたくしも、首を長くして待っているのですね。

わたくしが、スコップを持って走っても、発見の実現なんか不可能ですね。

もしまんいち、見つけたりしても、誰も信じてくれませんね。

そんな、わたくしがスコップを持つ対応は完璧に無意味といえます。

     ・         ・

じつは、

出土物からの、発見がなくとも、文献学的手法によって、

もっと、遺跡出土物の根拠よりも、

もっと、堅い根拠が得られるのです。

それを、

梅沢伊勢三先生が、すでに、

提唱なさって下さっていました。

これは、

『日本書紀』と『古事記』を、詳しく内容対比することで、

その、成立に関わる前後関係が、浮き彫りにされるのですね。

このことは、

思い込みや、思い入れなんか、また、好きや、嫌いなんかといった、

そのようなレベルの話ではなくて、冷静な事実分析のことなのです。

数年は『古事記』のほうが早く書かれた。

なんて、通り相場になってますが、 きわめて、意味のうすうすの話でしか有りません。

つまり、

文献学的な、対比比較のモノの見方があれば、

一見で解ってしまうのですね。 どちらがよりオリジナルに近いのか?

つまり、どちらが本物か?

この目を、

この、モノの見方を『記紀批判』(創文社・梅沢伊勢三)が、

培ってくれます。

 そして、『定本ホツマツタヱ』を見れば、一発解決です。

        ・

また、

国語の分析によっても、根拠は得られます。

『よみがえる日本語』(明治書院、青木純雄・平岡憲人)

卓逸した新発見の提唱です。

      ・     ・

万人受けの根拠の発見、そんな事が起きましたら、

もう、先見性の有意のことは、無くなります。

先見性の有効な時期に、それにふさわしい事を、なさって行って下さいませ。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年8月 5日 (水)

歴史観のこと、 ヲシテ文献の発見研究による 「むかし」にこそ理想あり

ヲシテ文献が記紀の原書としての位置付けで、

理解を深めてゆきますと、

歴史観のこと、今までとは違った見方が展開されてきます。

日本の歴史には、「むかしの方が文明は高度だった」という見方です。

「むかし」といっても、色々ありますが、初代のアマカミのクニトコタチさんの時代が、

もっとも理想に近い時代であったということです。

Photo

アマテルカミも、「むかし」の良き時代への憧れを常におこころにお持ちでした。

統治の理想は「むかし」にある、と。

今日は、晴れ間で稲穂が垂れ始めていました。

Photo_2

Photo_3

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »