2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 他人に言うには、ゆっくりじっくりと構えて下さい。「秀真伝」頒布者に陥らない為に。 | トップページ | 自生種の「もも(桃)」のこと、鞍居桃 »

2009年7月10日 (金)

出来得る限りの、オリジナルに戻る大切さ。 真実には殉じるほどの心意気。

明治から昭和にかけての尊敬する人に、
山田孝雄先生がありました。
近郊の人に、石碑の書を頼まれた際に、
『もとの文字でなら』良いですと、承諾されたのでした。
みんなに読み易いように、漢字かな混じりで口語訳にして、
と、言うアイデアは、一蹴されたのが山田孝雄先生でした。
劣化コピーを恐れられておいででしたのでしょう。

最も、恐れられていたのは、劣化コピーの勝手な独り歩きでしょうね。

近頃では、『万葉集』が漢字ばかりで記録されている事実を知らない人まで出てくる始末になってしまいました。

「祝詞」でも、同様で、オリジナルの典拠の『延喜式』の、記録には、

宣命書き(せんみょうがき・全部の文字が漢字だけ)での表現になっている事も知らない人も出る始末です。

そんな事ですから、どういった背景・シュチュエーションで「祝詞」が用いられるのかが解っている人は極く少ないのかも知れません。せめて、『延喜式』だけは見て欲しいものだと思います。現代の政治家が言っていましたけれど、発言の一部分だけをちょん切ってそこだけ強調してテレビで流されると、誤解を招いてしまう場合が多い、と。

さて、
今も、山田先生の書の万葉歌碑は、
東北、涌谷町の黄金山神社の社頭にしっかりと佇んでいます。

 ですが、不思議にも現代の人は目には映っていても、見えていない事も多いようですね。ネットの紹介文には、なぜか? まず載っていませんですね。

涌谷町・黄金山神社の本殿のすぐ隣にあって、

さすが山田先生です、わたくしは、とっても見応えのある石碑だと思います。
       ・
東北地方で、産金のところと言うと、
昭和の始め頃までは、
石巻の沖合いの金華山がつとに有名でした。
江戸時代に、金華山の僧侶が宣伝に長けていたからなのでしょうね。
しかしながら、
江戸時代から研究の盛んになった『万葉集』には、
ひとつの和歌がありまして、
小田郡の場所であることが鮮明な事実であると発見されたのですね。
ここに、金華山側の僭称の事実が明瞭に成りました。
金華山ではいくら掘っても、黄金は産出しません。『延喜式』の黄金山神社は、涌谷町の所在が現在地考証として正しいのでした。
この発見を受けて、涌谷町の地元の有志が、
当時、尊敬されていた山田先生に、恐る恐るお願いにあがったのでした。
仙台にお住まいの山田先生は、『万葉集』にある原字原文でなら、
と、石碑にと、揮毫なさって下さいましたのでした。
わたくしが、山田孝雄先生を尊敬申し上げる故は、
梅沢伊勢三先生の研究を初めてお認めになられた、事にも拠っています。
梅沢先生は、『日本書紀』『古事記』の原字原文での対比比較の研究をおこなって、
『古事記』よりも『日本書紀』の方が原資料により忠実であることを、
解明されましたのでした。

『記紀批判』 『続記紀批判』 (創文社・梅沢伊勢三、昭和37年、昭和51年)

簡単に一言で言うと、『日本書紀』より『古事記』こそが内容的に新しい時代の作品であると言うことです。

また、言葉を変えて言いますと、日本の源流を訪ねようとしたら、『古事記』よりも『日本書紀』を重要視すべきである。と言う事になります。

解ったならば、その真実に殉じてでも貫く姿勢。

これが、真摯な姿勢と言うものだと思います。

梅沢先生の研究がなかりせば、現在の「ヲシテ」研究の、ここまでの進展は無いことを思います。
後年、梅沢先生は、亡き山田先生のお住まいだったお宅にお住まいになられたのでした。

そして、梅沢先生は、「古事記学会」のトップに推されてもおいででした。

             /

「古事記学会」の大きな仕事といいますと、

『校本古事記』(続群書類従完成会、昭和40年)を完成させたことがあります。

『日本書紀』のほうは、国学院大学の、日本文化研究所で、

昭和30年から始まったプロジェクトで、完成は平成7年刊行完結となりました。

『校本日本書紀』(角川書店、平成7年

さて、

ヲシテ文献の方は、

記紀との対比比較も同時掲載、さらに『ミカサフミ』同文個所も同時掲載して、

『定本ホツマツタヱ』(展望社、池田満)

また、

『校註ミカサフミ・フトマニ』(展望社、池田満)

を上梓させていただくことができました。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 他人に言うには、ゆっくりじっくりと構えて下さい。「秀真伝」頒布者に陥らない為に。 | トップページ | 自生種の「もも(桃)」のこと、鞍居桃 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 他人に言うには、ゆっくりじっくりと構えて下さい。「秀真伝」頒布者に陥らない為に。 | トップページ | 自生種の「もも(桃)」のこと、鞍居桃 »