2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月27日 (月)

デザイン、意匠の「日本」での源流はどこに?

日本には、古くからのものとして、

有職文様(ゆうそく・もんよう)が残されています。

Photo_3

    <小葵文『日本の文様』1、 35P(源流社、北村哲郎)>

この、美しい文様は、

平安時代には存在していました。 でも、

ほんとうは、ヲシテ時代からあったものなのですね。

なぜなら、ヲシテ文献に典拠を求めることが出来るからです。

上の、引用写真は、「こあおい」です。現物は、熊野速玉神社蔵です。

ヲシテ文献に「こあおひ(い)」は文様の名称として典拠があります。

Photo_2

            <『ホツマ辞典』(展望社、池田満)>

この他に、「とりたすき」の文様名も、ヲシテ文献にはありました。

ホ24-77(5067)

ホ24-82(5089)

次下に引用する、実物は、東京国立博物館蔵です。

Photo

    <鳥多須岐文『日本の文様』1、45P(源流社、北村哲郎)

ほかに、「うろこ」文様の事もありました。

ホ25-36(5366)

「うろこ」のほかの用例は。

ホ15-20(2623)
ホ15-31(2667)
ホ16-50(2950)
ホ26-36(5616)

Photo_4

    <鱗文『日本の文様』1、55P(源流社、北村哲郎)>

この現物は、東京国立博物館蔵です。

詳しい解説は『日本の文様』1、がくわしいです。

写真も、もっとクリヤーで綺麗です。

買っておいてもらうと、良いかと思います。特に、1巻目については。

でも、ヲシテ文献に出典することについては、 新発見事項ですから、

ヲシテ文献に直接あたって見られて、補足解釈なさってください。

         ・

ヲシテ時代には、意匠についても、

高度であったと思われます。 

それは、ヲシテの文字形が縄文時代の前期ごろには、形成が完成されていたことに、

源流を求めることが出来る、ということからなのでしょう。

その、ヲシテの文字形のまさに確立される際の、

その時の事を、どうしても探りたい、と願っています。

それが、立体ヲシテであろうか、と、考究を進めています。

Photo_5

庭のクロモジの葉が、虫に食われて、面白い形になっていました。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年7月25日 (土)

暑気払い。 「立体ヲシテ」に見る、高度さ。 「国語」の文法に発展する根底には、この精緻さ!

お暑いことで御座います。

暑気払いに、

最新の考究成果をひとつ、ふたつ。

Photo

「ヲシテ」の高度さ、には、

新たな発見をするたびに、驚くばかりです。

上に掲載の立体ヲシテは、「ん」です。

次には、「ぞ」を掲げましょう。 これは、いかにも涼しそうな形です。

Photo_2

次はこれも涼しそうですので、掲げましょう。 助詞の「が」です。

Photo_3 

             ・

新刊書で、かなり好評な書物の、

『よみがえる日本語』(明治書院、青木純雄・平岡憲人)

でも、国語においての文法中心の新解明が発表されました。

これは、革命的な書籍ですね。

これに続く続刊の詳細論説の書籍が、まさに待たれます。

さらに、

驚くべきは、

そのヲシテの成立時代の縄文時代に、

既に、美しい概念としての宝石のような「ヲシテ」が、

そもそも考えだされて、極まり醸成が為されていたようなのですね。

このあたりの、本当の源流にまで溯らないと、

「日本」の素晴らしい精華のみなもとには辿り着けないのでしょうね。

この精緻な構造が基礎としてあって初めて、

国語の文法にも発展成立出来得るのであると、

考えざるを得ないのです。

ようは、

将来の未来において、どのようにプラスに寄与してゆくことが出来るかどうか?

この、考えがあることが「とのヲシテ」に準拠しているかどうかの、

ひとつの判断材料になりますですね。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。 

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年7月17日 (金)

鞍居桃、その2、果実をお送り下さいました。

「鞍居桃(くらい もも)」は、日本原産種であることが、

かなり、信頼性が高いです。

Kuraimomo1_edited1_4

西播磨テクノポリス鞍居地区推進協議会で、1000本の、

鞍居桃の苗木植え付けの保存事業を、

平成6年から、平成14年にかけておこなっておられました。

実の大きさは、梅ぐらいの大きさです。

まだ、大きくなっている進行形かもしれません。

Kuraimomo2_edited1_2

9月の中旬ぐらいの、晩成種のようです。

http://www.jh3hgi.net/album-m/album.php?id=4&mode=res_form&num=1221595425&ck=rss&page=0

自生の原生種でしたら、

虫にも、病気にも耐性が強くあるのでは?

農薬フリーでの栽培が可能なのでしょうね。

と、云いますのも、

「桃」のエキスは、お肌にとって潤いを付与してくれたり、

もっと他にも、薬効が期待できます。

農薬フリーの「日本」原産種のモモ(桃)を、

石鹸とか、ローションとかに配合して役立てることが出来るかも知れません。

そういえば、ヲシテ文献に出典する文章を思い出します。

『定本ホツマツタヱ』(313ページ)

Photo_2

この個所は、『日本書紀』『古事記』には、翻訳削除されているところです。

「みちみ」の「もも」、

この「みちみ」の意味は何か?

「3003」とも、「3000」に「み」とも、理解することが出来ます。

「み」の「ちみ」かも、「み」の「ち」の「み」かも知れませんですね。

数詞ハネの特殊形のヲシテの発生は、伝承時代に降る可能性が強いです。

「はなみ」の「もも」、

この、「はなみ」とは、実成りが極端な晩成種のため、

果実の結実していながらに、花が咲くことを意味しているのかも知れません。

どちらにせよ、その、原生種の「もも」の発見と、特定を先にしなくてはならないことである、事実は認めるべきでしょうね。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年7月13日 (月)

自生種の「もも(桃)」のこと、鞍居桃

犬も歩けば…。

ちょっと、面白いニュースです。

      ・

それは、だいぶ前からの疑問でした。

ヲシテ文献に出例する「もも」は、

現在の活きている品種の「桃」とどう違うのか?

弥生時代の遺跡から「もも」の実が出土しているようです。

それで、日本列島での自生種は?

ネットを見ましたら、「鞍居桃」がありました。

赤穂市から少し入ったところで、

放射光施設の近くです。

http://www.school.town.kamigori.hyogo.jp/~kuraisyo/kuraimomo.htm

何でも、諦めてはなりませんですね。

「鞍居桃」の自生種である確認は、

まだ中途半端な段階ですが、希望はありそうな雰囲気です。

取りあえず、お知らせのみです。

何方か、「鞍居桃」のこと、詳しい事情のお解りのお方さま、

お教え下さいませんでしょうか?

あるいは、

もっと他にも、自生種の「もも」があったのかも知れません。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年7月10日 (金)

出来得る限りの、オリジナルに戻る大切さ。 真実には殉じるほどの心意気。

明治から昭和にかけての尊敬する人に、
山田孝雄先生がありました。
近郊の人に、石碑の書を頼まれた際に、
『もとの文字でなら』良いですと、承諾されたのでした。
みんなに読み易いように、漢字かな混じりで口語訳にして、
と、言うアイデアは、一蹴されたのが山田孝雄先生でした。
劣化コピーを恐れられておいででしたのでしょう。

最も、恐れられていたのは、劣化コピーの勝手な独り歩きでしょうね。

近頃では、『万葉集』が漢字ばかりで記録されている事実を知らない人まで出てくる始末になってしまいました。

「祝詞」でも、同様で、オリジナルの典拠の『延喜式』の、記録には、

宣命書き(せんみょうがき・全部の文字が漢字だけ)での表現になっている事も知らない人も出る始末です。

そんな事ですから、どういった背景・シュチュエーションで「祝詞」が用いられるのかが解っている人は極く少ないのかも知れません。せめて、『延喜式』だけは見て欲しいものだと思います。現代の政治家が言っていましたけれど、発言の一部分だけをちょん切ってそこだけ強調してテレビで流されると、誤解を招いてしまう場合が多い、と。

さて、
今も、山田先生の書の万葉歌碑は、
東北、涌谷町の黄金山神社の社頭にしっかりと佇んでいます。

 ですが、不思議にも現代の人は目には映っていても、見えていない事も多いようですね。ネットの紹介文には、なぜか? まず載っていませんですね。

涌谷町・黄金山神社の本殿のすぐ隣にあって、

さすが山田先生です、わたくしは、とっても見応えのある石碑だと思います。
       ・
東北地方で、産金のところと言うと、
昭和の始め頃までは、
石巻の沖合いの金華山がつとに有名でした。
江戸時代に、金華山の僧侶が宣伝に長けていたからなのでしょうね。
しかしながら、
江戸時代から研究の盛んになった『万葉集』には、
ひとつの和歌がありまして、
小田郡の場所であることが鮮明な事実であると発見されたのですね。
ここに、金華山側の僭称の事実が明瞭に成りました。
金華山ではいくら掘っても、黄金は産出しません。『延喜式』の黄金山神社は、涌谷町の所在が現在地考証として正しいのでした。
この発見を受けて、涌谷町の地元の有志が、
当時、尊敬されていた山田先生に、恐る恐るお願いにあがったのでした。
仙台にお住まいの山田先生は、『万葉集』にある原字原文でなら、
と、石碑にと、揮毫なさって下さいましたのでした。
わたくしが、山田孝雄先生を尊敬申し上げる故は、
梅沢伊勢三先生の研究を初めてお認めになられた、事にも拠っています。
梅沢先生は、『日本書紀』『古事記』の原字原文での対比比較の研究をおこなって、
『古事記』よりも『日本書紀』の方が原資料により忠実であることを、
解明されましたのでした。

『記紀批判』 『続記紀批判』 (創文社・梅沢伊勢三、昭和37年、昭和51年)

簡単に一言で言うと、『日本書紀』より『古事記』こそが内容的に新しい時代の作品であると言うことです。

また、言葉を変えて言いますと、日本の源流を訪ねようとしたら、『古事記』よりも『日本書紀』を重要視すべきである。と言う事になります。

解ったならば、その真実に殉じてでも貫く姿勢。

これが、真摯な姿勢と言うものだと思います。

梅沢先生の研究がなかりせば、現在の「ヲシテ」研究の、ここまでの進展は無いことを思います。
後年、梅沢先生は、亡き山田先生のお住まいだったお宅にお住まいになられたのでした。

そして、梅沢先生は、「古事記学会」のトップに推されてもおいででした。

             /

「古事記学会」の大きな仕事といいますと、

『校本古事記』(続群書類従完成会、昭和40年)を完成させたことがあります。

『日本書紀』のほうは、国学院大学の、日本文化研究所で、

昭和30年から始まったプロジェクトで、完成は平成7年刊行完結となりました。

『校本日本書紀』(角川書店、平成7年

さて、

ヲシテ文献の方は、

記紀との対比比較も同時掲載、さらに『ミカサフミ』同文個所も同時掲載して、

『定本ホツマツタヱ』(展望社、池田満)

また、

『校註ミカサフミ・フトマニ』(展望社、池田満)

を上梓させていただくことができました。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年7月 9日 (木)

他人に言うには、ゆっくりじっくりと構えて下さい。「秀真伝」頒布者に陥らない為に。

ヲシテ文献の事を知ると、

他人に言いたくなるのは、人情だと思います。

でもしかし、世情にあふれる空気は、「とんでも」範疇に、

まだまだ、分類されてしまいやすい現状です。

2000年近くも、眠っていたわけですから、

仕方のない事だと思います。

        ・

さて、どうしましょうか?

それには、

押しも押されもしないほどに、

自分自身の理解として、しっかりと勉強し尽くしておくことが、

もっとも重要な事だと思います。

『古事記』『日本書紀』との対比比較の点につきましては、

おそらく必須と申せましょう。

Photo

            <鏡作坐天照御魂神社・田原本町(たわらもと)>

現在のわたくしたちの使用している言葉・単語のほとんどが、

漢字文献を基にして形成されています。

それらの概念と、

漢字文献以前の時代に存在していた概念とは、なにがどうちがうのか?

このあたりの事情が、理解出来て来て、はじめて現代人にどう説明すると良いか? という、事の要所が解かってくるのではないかと思います。

それまでは、出来れば、あんまり他人にヲシテ文献を語らずの姿勢が、あなた様にとりまして有効・有意義な対処位置でありましょうかと思います。

           ・

以前にも、

やたら、バタバタ言い触れまわる人が幾人も出現しましたが、

それは、長い先々の将来の希求すべき姿を思い浮かべた際に、あんまり、有り難い事とは言い難い事でした。

何故なら、訳もわからなくてのバタバタは、

「秀真伝」頒布運動になってしまうからなのですね。

「秀真伝」頒布者は、ピエロですね。

ピエロになっては、しょうがないのですね。

それは、

双方、四方、八方、さらに未来にとっても不幸です。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年7月 1日 (水)

『よみがえる日本語』の出来るまで。 「歴史研究会」さんにもお世話になりました。

本の出来るまでには、

多くのお人のご協力が、それぞれ、

強力にあってこそ、実現できてきます。

         ・

とくに、販売上に、目先明るそうでもない書籍なら、

なおさらです。

昔から、お世話になって来ていました、

「歴史研究会」の月刊雑誌上に、

宣伝文を掲載して下さいました。

「歴史研究会」の母体が新人物往来社です。

 「歴史研究」誌、 第573号(平成21年7・8月号)

Rekiken1_edited1_3

文字数にきびしい制約がありましたので、

この、文章では、思っていた事の、10分の一ぐらいも書けていません。 詳しくは、『よみがえる日本語』を、お手に取られてご覧くださいませ。 

   ・        ・

同時、右隣りページに掲載の、宣伝文です。

Rekiken2

Rekiken3

良い本を、作ろうとすること。

それは、一種、わたくしたちの将来を良くして行こうとする、

気持ちに燃えたところがあるから、実現して行くのだと思います。

この書籍は、立派なこころざしの信念に貫かれているのだと、

関係各位もご理解納得為されて下さりましたわけだ、と、

申せましょう。

どうぞ、お買い置き下さいますよう、お願い申し上げます。

 アマゾンへは、『よみがえる日本語』

 その他、 書評など 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »