2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ホトトギスの鳴く声を聞いて、 ヲシテを読んだことない人には… | トップページ | 『よみがえる日本語』どうくっ付いて文章になるのか? »

2009年6月11日 (木)

煮干しと、ヲシテ。 不思議な取り合わせ。

何の事かと、言われてしまいそうです。

それが、

わたくしの発明、ふたつ。

ひとつは、「ヲシテ」の縄文実在の事でして、お解り下さるお方も、今では徐々には増えて来ています。

さて、隠れた、もうひとつの発明は、食事の料理法での発明です。それが、煮干しについての事です。

状態の良い煮干しを、お酢に漬けて浸(ひた)しておきます。2~3日浸すと軟らかくなります。これを、いろいろの料理に、使うのが、わたくしの発明です。

とっても、よろしいです。

骨密度が順調に上がって来たと、

お葉書を下さいましたです。

とっても、とっても、うれしいことで御座います。

ちなみに、

わたくしは、毎朝15~30匹程度戴いています。

(小さめの煮干しの場合です。 大きめの時は、5~10匹ぐらい)

       ・

「ヲシテ」の方の進展度は、読み手側の読者諸賢のご判断に、左右もされましょうから、先行きは解りかねます。

しかし、もうひとつの、「煮干しの 酢漬け」の常備菜化・常食化は、誰が何といっても、良い発明だと思います。

どうぞ、お試しあれ!

と、叫びたいです。

    ・       ・

ついでながら、

煮干しの善し悪しの判断について、ひとこと。

色の淡いものが、良いです。

青味の色の少しは残っているものですね。 すべて茶色になったものは、避けましょう。

お腹の膨らみ裂けて、ペッチャンコになったものは、良くないです。お腹破れは、避けましょう。

体の線は、真っ直ぐか、お腹抱えの海老風のものが良いです。

(逆の海老ぞりになっているものは、避けて下さい。逆海老ぞりは、危険のしるしです)

わたくしの、個人的な好みとしては、添加物の無いものが良好だと思っています。(カタクチイワシと食塩のみ、が原材料を、お勧め)

           ・

なにしろ、

必須のCaを無理無くに、美味しく摂取出来ます。怪しげな夾雑物がほとんどゼロで摂取できます。

(他のもので、Caを多くに摂取出来る食品は、夾雑物に関して言うと危ないものが多いです)

鉄分の摂取も吸収の良い鉄の形で、問題なく安全に出来ます。

ビタミン類も、同様です。とっても良いです。

なにしろ、美味しいのですね。

そして、簡単。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« ホトトギスの鳴く声を聞いて、 ヲシテを読んだことない人には… | トップページ | 『よみがえる日本語』どうくっ付いて文章になるのか? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホトトギスの鳴く声を聞いて、 ヲシテを読んだことない人には… | トップページ | 『よみがえる日本語』どうくっ付いて文章になるのか? »