2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 煮干しと、ヲシテ。 不思議な取り合わせ。 | トップページ | 武烈天皇さんに、その、やるせなさの、お気持ちを偲んで。 »

2009年6月12日 (金)

『よみがえる日本語』どうくっ付いて文章になるのか?

ここ、田舎でも、レジ袋が有料になりました。

『レジ袋下さい』

と言いますと、

『5円要りますよ。いいですか?』

と、聞かれます。 もうひと月以上、同じ事ばかりを言っていて、飽きないのでしょうかね?

       ・

ある、スーパーでは、

『レジ袋入れて下さい』

と、いいますと、やっぱり、

『5円要りますよ。いいですか?』

と、同じように聞かれます。

    ・      ・

5円有料のほかで、何が違うのでしょうね?

「レジ袋 

「レジ袋 

の違いですね。

またの、もう一つの場面では、

『レジ袋も買いますの、入れて下さい』

と言います。

それでも、ひつこく、

『5円要りますよ。いいですか?』

と聞かれますね。

この場合は、

「レジ袋 ・ 買いますの ・ 

が、前半部分の文節ですね。

「を」

「に」

「で」

の繋ぎの言葉(助詞)が、作用を及ぼして文章を形成している。

と、言う事が、見えて来ましたですね。

      ・

英語などの、S+V+O+Cの語順構造の文章体ですと、

何が、どの単語が主語か?

動詞は、どの単語か?

  エトセトラ…

と、考えてから、順番を決めて並べます。

それで、文章が出来るのですね。

    ・      ・

わが国語の場合は、それとは違いました。

「レジ袋」について、どう、表現の料理をするか?

を、考えて、

「を」で、受けるか?

「に」で、受けるか?

「で」に、受けるか?

そして、

『5円かかっても構いませんから、レジ袋入れて下さい』

あるいは、

『5円かかっても構いませんから、レジ袋入れて下さい』

あるいは、

『5円かかっても構いませんから、レジ袋も買いますの、入れて下さい』

と言う事になります。

もう、一か月以上にもなれば、

レジ袋の5円有料の事は、もう十分にわかっていますので、

いちいち言わなくてもいいんじゃない、 の?

と思うのは、私だけなのでしょうか?

       ・        ・

「を」「に」「で」

の違い、使われ方の不思議さが、余すところなく、

『よみがえる日本語』で明快に解明されています。

新解明です!

  おおよそ2000年来に於いての、 初モノ!

是非、ご購入とお読み頂けますよう、お願い申し上げます。

『よみがえる日本語』はこの他にも幾つもの不思議を解明します。

言葉の構文形成の不思議

形容詞の活用の不思議

     エトセトラ…

国語力のUPが、

大きく図れると思います。 この解明により、です。

ぜひ是非、ぜひ、 どうか、最後の最後まで、 お読み下さいませ。

2000年来、いや、

縄文時代の6000年来あまりの延々たる不思議が解明されるのです!

      /

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 煮干しと、ヲシテ。 不思議な取り合わせ。 | トップページ | 武烈天皇さんに、その、やるせなさの、お気持ちを偲んで。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 煮干しと、ヲシテ。 不思議な取り合わせ。 | トップページ | 武烈天皇さんに、その、やるせなさの、お気持ちを偲んで。 »