2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『よみがえる日本語』どうくっ付いて文章になるのか? | トップページ | 「くに」の役目の事。  整え直すべき機運かも? »

2009年6月14日 (日)

武烈天皇さんに、その、やるせなさの、お気持ちを偲んで。

武烈天皇の『日本書紀』の記事は、

読んでみてびっくりします。

政治的な動乱期によるものであるからなのでしょうね。

       ・

これは、こんなに酷い潤色色掛け染めは、

日本武尊の記事にも、程度の差こそあれ、ほぼ共通のものです。

武烈天皇さんの場合は、残念ながら、糺すべき参考文献がありません。

ですけれども、

日本武尊についての、とっても酷い濡れ衣は、

真っ白に出来得るのですね。

清らかに!

      ・       ・

とにかくにも、

貶(おとし)めで、商売をして金もうけしてやろうとする、

そんな人達が、

過去、

歴史をさかのぼっても、ゴマンといてます。

の、でした。

残念なことであると思います。

      ・

良い国をつくっていこうと、

そうして色々頑張っている、ひとたちの、

活き血を吸う人たちは、

びっくりしますが、ほんと、多いものです。

   ・       ・

でも、そうでない、ちゃんとした方々が、

しっかりと、今、

出現して下さっています。

もうすでに、何人もです!

有り難い事だと思います。 わたくしのこの世に、遣り残した仕事は、

もう、だいぶ減りましたです。

どれだけ、毛の抜けるのが助かるか!

とはいえ、助かる本数は微々たるものになってしまっていました、です、ね。

    ・         ・

それはそうと、

日本武尊の、その、正しい真実について、

解り易い物語りに、

30年来の、念願がようやくに成就して来ました。

年数の厚みと申せましょうか。 17歳から始めて、もう54歳ですものね。突っ走って来たと、言って間違いないと思います。

構想が、おおよそまとまって、

いま、出版社さんにお願いをしております。

出版につきまして、どうか、

どうか、

お願い申し上げます。

と。

どうか、大切な、国家の、国の将来においての、

一大出版の事であると。

ほんとうに、ご理解下さっての道が開きますと、

嬉しい限りで御座います。

        /   /

目の前の時間的には比較的に短い将来での成功も、

目先大切です。

そのもうちょっと先に、より良い展望があると、

さらに、

良い方向が開くと思います。

中期展望、長期展望が、ハラの内にあるのかないのかで、

びっくりするような違いが生じるものではあるまいか?

と思います 、です。

         

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 『よみがえる日本語』どうくっ付いて文章になるのか? | トップページ | 「くに」の役目の事。  整え直すべき機運かも? »

コメント

 ヤマトタケさんのヲシテ文献に基ずくご本が出版されること、楽しみにしております。

 
 
 

ご支援有り難うございます。
上手く運びますよう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『よみがえる日本語』どうくっ付いて文章になるのか? | トップページ | 「くに」の役目の事。  整え直すべき機運かも? »