2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『よみがえる日本語』、助詞の「も」と「と」の違い | トップページ | 『よみがえる日本語』形容詞のシ・ク活用に解答! »

2009年5月28日 (木)

無農薬みかんの人も御購入! 『よみがえる日本語』

何方(どなた)のご紹介だったか?
『無農薬の「みかん」があります。よろしければ、 』
と、言われて送ってもらっていました。
二年になります。
瀬戸内海の大三島に、Iターンした、みかん栽培チャレンジァーの人でした。
昨日、何かの拍子で『よみがえる日本語』を紹介しましたら、
早速、購入してくださいました。  早速でした!
有り難いです。 日本の未来にまたまたまた光がともります

http://www.yukan-fuji.com/archives/2006/04/post_5479.html
http://www.e-iju.net/eperience/entry/20090316095006.php#more
http://www.stb-jp.com/umisora/

送ってもらっています「みかん」は、とってもとっても美味しいです。
見かけは、不揃いです。 色つきも、不揃いです。
個性があって、これが面白いと思います。

甘いのもある内には、少しは酸っぱい実もあります。

これが、面白い。

でも、一様に、

香りが良いです。  良い、香り。

        ・

どうして、海は「うみ」と言うのか?

どうして、空は「そら」と言うのか?

こんな事を、

解明しようとしています。  わたくしたちは。

前途は茫洋として、大変なことばかりです。

チャレンジは大変なことばかりで御座います、 ね。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 『よみがえる日本語』、助詞の「も」と「と」の違い | トップページ | 『よみがえる日本語』形容詞のシ・ク活用に解答! »

コメント

うみ

 う・・・アメから間断なく注がれる恵み(熱・水・生命)
 み・・・恵みを広く受けてたたえている

そら
 そ・・・水平線の上下に安定してひろがっている
 ら・・・光が四方八方に放射され、われわれを包み込んでいる

でしょうか。

空の「ソ(- + □」によっても、我々の御先祖は、地球が球形で、足元の下にも大空があったと思っていた事がわかります。

もし、空が上空にしかないとおもっていたら「ヨ(逆T + □)・ラ」とかになるはずです。

  
  
有り難うございます。
そのような、解明作業を、わたくしたちは、進めています。
それは、
原理を見つけ、「言葉」の構造を解明しようと、
しているからです。  新しい形での「日本語」の構築の、
積み上げです。  
極限までの分解解析を挙行しています。
         ・
それには、意味があります。
ソフトの講習会に行って訊いた話に、これを説明できるヒントがありました。
長い間、
人類は空を飛びたいと、願って来ていました。
鳥のように飛びたいものだと…。
それは、古代の時代、原始の時代からの長い長いあいだの願望だった。
レオナルド・ダ・ヴィンチも、スケッチを残していました。
でも、実現はしませんでした。
実際にチャレンジする人も多くて、鳥のように真似て何人もの人が墜落死をしていました。それが、ある時、忽然と、ライト兄弟によって実現したのでした。
空を飛ぶ事を実現したライト兄弟は、鳥の単なる真似をしなかったのです。
羽根は、バタバタさせなかったのです。
それは、何か?
原理の把握・発見をしたから…、
それで、
空を飛ぶことに成功を収めたのです。1903年の事でした。
それから、たった100年ほどで、超音速ジェット機まで飛ぶようになりました。
紀元前頃には、空を飛びたい願望があったはずです。
2000年以上、出来ないでいたモノが、
1903年の原理の把握・発見をしたから・・、
それで、一挙に進展したのでした。それから、たった百年ほどで…。
            ・
「日本語」には、
隠されていた、大きな秘密があるのです。
とっても大きな、モノです。
この、原理の把握・発見がほぼ
出来て来ています。
原理の把握・発見は、次に格段の発展・進展を齎すことは、
空を飛ぶこと、飛行機のことでお解り頂けたでしょうか。
それを、いままさに、挙行している訳で御座います。
『よみがえる日本語』を、じっくりと、お読み下さいますよう、
お願い申し上げます。


 
 
 
 

うみ の方は、

う・・・とても大きい
み・・・水

のほうがシンプルかもしれません。

う・・・アメから間断なく注がれる恵み(熱・水・生命)
み・・・恵みを広く受けてたたえている

の両方がかかっているんでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『よみがえる日本語』、助詞の「も」と「と」の違い | トップページ | 『よみがえる日本語』形容詞のシ・ク活用に解答! »