2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 『よみがえる日本語』の広く伝わること、 「ヲシテ」の美しさ。 3倍改良のこと。 | トップページ | 『よみがえる日本語』、助詞の「も」と「と」の違い »

2009年5月23日 (土)

『よみがえる日本語』による、国語力の3倍増計画

日本語は、

極めて熾烈な迫害の歴史を経てきていると思います。

            ・

先ずは、縄文時代に基層の「やまと ことば」が成立します。

ところが、時節は風雲急を告げて来て、

古墳時代の初期の頃に、対大陸戦争にて大敗を喫っしました。

それで、漢字の国字導入に踏み切ったわけです。

ヲシテ(日本固有文字)の放棄ですね。

ここで、「国語」に潰されの力が大きくかかります。

なにしろ、『懐風藻(かいふうそう)』ですものね。

最初の詩歌で残るのは。    『万葉集』はあとからです。

如何にひどかったかですね。 奈良時代あたりまでの「やまと ことば」迫害は。

国史は、漢字ばかりの『日本書紀』。

あんまりにも継ぎ接ぎが酷くて読みにくいのです。それでと言うべき、か、奇妙でおかしげ猥雑な『古事記』もつくられてしまいます。

『定本ホツマツタヱ』をご参照ください。比較対比すると、誰が見てもすぐ解ります)

             ・

今の、ヘボン式記録法とか、なんかも、そんなような感じでしょうね。

8母音説に、同様な混乱期の残像が残るわけです。

今の例で行くと

お酢屋さんの、「ミツカン」の意味は「三・カン」から来ているのですが、

いまでは、「mizkan」になりました。

ヘボン式表記では、読みにくいとの事です。

結局、ヘボン式表記法もさほどの信頼を置けるものではなかったと言う事ですね。

漢字にと、国字が変更されてからの、

国内の混乱は天地動顛の有様でしたですね。8母音騒動も、ヘボン式に類似事項でしょう。

混乱が、窺い知れます。 です。

          ・       ・

それが、踏み付けられても、踏みつぶされても「やまと ことば」は生き残って来たのでした。

2000年近くの迫害を受け続けていてもです。

頼もしいと思うのです。

素晴らしいことだと、思うのは、

わたくしだけなのでしょうか?

            ・

『よみがえる日本語』で解明できましたように、

助詞のその、働き方が、動きを及ぼす、

そのメカニズムが、

とっても理にかなっているからなのですね。もっと他にもありますが、これは、『よみがえる日本語』にまかせましょう。

「やまと ことば」が2000年近くの迫害を受けても生き続けて来たのは、歴然です。

そんなに、それ程の底力のある「やまと ことば」なら、

これから将来に向かって再発見し活用すべきだと思うのです。

もっと、もっと、光を増して輝き出しますよ。

いかが…?

十分に、その力がある、

と、思うのですね。

         ・      ・

1、過去の、言葉が分かる。

2、現在の言葉が、直る。

3、将来の言葉が、大きく良くなって行く。

ヲシテによる日本語の基礎原理の再発見は、

「日本語」に、

3倍改良の効果が見込めると思うわけです。

何はともあれ、『よみがえる日本語』を、座右に置いて下さるのが、

この、事を起こす初めだと思います。

もうすぐ、初版本は無くなるかも知れません、お早いうちによろしくお願い申し上げます。 あなたの、一歩が、国語を、そしてクニを、世界を本当の意味で救うきっかけになると言う事なのかも知れません。

でないと、逆の悪路に落ち入って行く事に力を貸したことになるかも?

小さなチョウチョの羽ばたきが、大きな気候の変化を齎します。バタフライ効果。

折角見い出した、大発見を見過ごし無視して無駄にするのは、逆バタフライ効果ですね。

墜落崩壊に加担する事に近いかも?

           ・

 『よみがえる日本語』

 「相態性原理」

これが、合言葉になるかも知れませんです。

国語をどう直して行くか?  について、 の。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

例として、「タツ」の事の解き明かしはこちら。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 『よみがえる日本語』の広く伝わること、 「ヲシテ」の美しさ。 3倍改良のこと。 | トップページ | 『よみがえる日本語』、助詞の「も」と「と」の違い »

コメント

なんとしても復権してほしいものです。
とりあえず2冊注文しました。

 


有り難うございます。
有り難うございます。
これで、「日本」の未来に光がともります。
 ( ^ω^)おっおっおっ
  

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『よみがえる日本語』の広く伝わること、 「ヲシテ」の美しさ。 3倍改良のこと。 | トップページ | 『よみがえる日本語』、助詞の「も」と「と」の違い »