2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高齢記録の樹立。 物集さんに負けるな。 | トップページ | まこと、真面目 »

2009年2月17日 (火)

『ホツマ縄文日本のたから』の増し刷り、3月配本予定です。

『ホツマ縄文日本のたから』の本が、

在庫の枯渇になりました。 この経緯は、2月1日の記事の通りでした。

それで、増刷の準備をしてましたら、

やっぱり、出て来ますものですね。 最低限度に控えても修正すべし個所が、 です。

それだけ、日々の積み重ねで、少しづつ研究進展が有ると云う事なのでしょう。

そうですよね、増し刷りまでの間にも2回、東北地方の探訪旅行もしました。探訪旅行中は、時間の節約の関係から、図書館にもおにぎり持参です。山上の神社への道で雪にタクシーが止められて、歩いて登って行ったら、スギ花粉の大量落下に見舞われて、いつもの毛糸の帽子が黄色くなってしまうほど、その後鼻水で大変でした。この時の、付近の人に聞いたときの録音はクシャミと、すみません、と、ずーずーばっかりでした。 

       ∞    ∞

いつもいつも、進展中なのですね、研究・調査・発見は。 これは、あの世へ行くまで変わることはないでしょうね。

         ・

また、既に、手分けをして分担してのことも始まりました。

わたくしなどののちの世にも、進んで行ってくれます。

さらに、一時もたゆまざるほどの、発見の進みつつある時点が今ですね。

もうこれで良いといった、停滞感は、片時もない。

現在進行形だと、纏めるべき有る時と言った、時点がない。

          ・

でも、熱心に、

求めて下さる読者がおいでである。

やはり、供給は続ける必要がある。

この他のモノも同じですが、

ある程度の、まとまり時点においての集大成として、の書籍と、

考えると良いと思います。

ヲシテ研究成果から提示するべき物事は、膨大です。ヲシテ文献のアヤと同じで、一つのアヤには、伝えたい事の一断面しか盛り込めない。紙面の制約です。纏めた時点と言う時間の制約です。書籍も、膨大な内容の中から、一つのテーマを解り易く提示出来るだけであるわけです。

     ・         ・

『ホツマ縄文日本のたから』の増し刷りは、3月には配本可能になる予定です。

刷り上がり予定、3月3日の奥付けです。

松本善之助先生の、篤き、ご推薦本です。

どうぞお引き立てのほどを、よろしくよろしくお願い申し上げます。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

完璧を期していたら、

何時になってもまとまりません。

« 高齢記録の樹立。 物集さんに負けるな。 | トップページ | まこと、真面目 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 高齢記録の樹立。 物集さんに負けるな。 | トップページ | まこと、真面目 »