2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 有り難きこと、 またまた、大変。  『ホツマ縄文日本のたから』増し刷り | トップページ | ドトールコーヒー、鳥羽さん、 「日経新聞」。   駄作・凡作・秀作。 »

2009年2月 3日 (火)

褒められたら、贈呈した

いつも、先祖供養に来てもらうごとに、

褒められるのだそうです。

わたくしの、ヲシテの書の掛け軸を。 です。

それで、

お寺さんに贈呈したそうです。

Hinomitama

       (最近の、ヲシテ書です。 <ひのみ たま>)

それは、

多くの人の、目に触れた方が役立つのではないか?

との、

考えからだそうです。

なるほど、

そう云う考え方もあるか。

   いつもいつも、

勉強させてもらう事ばかりです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« 有り難きこと、 またまた、大変。  『ホツマ縄文日本のたから』増し刷り | トップページ | ドトールコーヒー、鳥羽さん、 「日経新聞」。   駄作・凡作・秀作。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 有り難きこと、 またまた、大変。  『ホツマ縄文日本のたから』増し刷り | トップページ | ドトールコーヒー、鳥羽さん、 「日経新聞」。   駄作・凡作・秀作。 »