2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 前向き、後ろ向き、 若い秘訣。 | トップページ | ぶーたれ、 はーたれ、 ひーたれ、 へーたれ »

2009年1月25日 (日)

ひとひかりの、キラッと光る光線を

ひとひかりの、キラッと光輝の光線を、

どうやっても、どうやられても自ら発するモノ、

それだけを作るべきです。

        ・

評価は、後々の人達の事。

どうせそんなにすぐには、解ってもらおうと考える方が、

所詮無理強いに属する範疇です。 ヲシテ文献の場合は。

Photo

      <表具をする程でもないモノですが、「いつ」を「やまと」に、の言葉です>

    ・       ・

このあたりの事情が、ちゃんとハラに座らなくては、

所詮は、消え行くものになるのでしょうね。

後世の、そのまた後世の、 そのまたまた後世の時代にも、

自信をもって胸を張れるモノ。 それが、キラッと光輝の光線でしょう。

これは、 どの時代に、だれがどうやって、インチキ隠し、隠ぺいを図ろうとも、

どうあっても、キラリと、一条の高貴な光線は出すものだと思います。

この、真実の、

キラッと光輝の光線は、どうやっても、隠しおおせようもない。

言うならば、

これは、

100万カラットのダイヤでしょうね。

       ・

傷や、陰りを、カッティングし尽くすのが、

正しい光を増す方法だと、ダイヤ職人の言葉を聞いた覚えがあります。

       ・

「トのヲシテ」とは、プラスの方向性でありましょう。

これは、間違いない事だと思っています。

ここが、肝心な事でしょうね。

マイナス行進の連続では、いくらなんでも、こちらが疲れ果ててのことです。

そのうち、解るまでには、時間が必要かもしれません。  時間の経過を、 お待ちしております。

  

  

       ・     ・

新作の日本歌曲(ヲシテ文献由来)は、(現在進行形のモノ)

けっこう、専門家のうちでは評価たかしです。 これは、おおよそ100年後ぐらいに 高い評価を、得るかも知れませんね。 ほんとに、美しいと思います。  曲調も壮大です。それでいて、美しくやさしい。

何がどう違うのでしょうね。   それが、作曲家の高さですのでしょう。

すばらしい。    霹靂です。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

« 前向き、後ろ向き、 若い秘訣。 | トップページ | ぶーたれ、 はーたれ、 ひーたれ、 へーたれ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 前向き、後ろ向き、 若い秘訣。 | トップページ | ぶーたれ、 はーたれ、 ひーたれ、 へーたれ »