2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月28日 (水)

ヲシテ文献へのハードル。 「秀真伝」と50歩100歩。 いわゆる『古事記』読みのこと

アマテルカミの実在説についての理解、

を如何にするか?

この事が大きな、ハードルとしてあります。

「いさわのミヤに おわします」と言った出例が、

幾度も、幾度もあるわけです。

ちゃんと、目を見開いて読めば、

Photo

アマテルカミのご存世の事、 はっきりと解るのです。

これが解らないのでは、

それは、漢字文献類に引っ張られたままでの、

悪影響化の支配下での読み方。

  まったく、素直な読み方とはいえません。

真っ赤な真っ赤なサングラスを掛けたままで、ヲシテ文献を読んでも、

マカッカに染まったたままなのですね。

これが、 ちまたに、「いわゆる『古事記』読み」 と、いわれるシロモノです。

気持ち悪いモノの、ひとつの、代名詞ですね。  ゾーっ と背筋に走ってしまいます。 ほんとうに、気持ち悪い代物ですね。

「いわゆる『古事記』読み」とは。

結論を、先に自らの脳裏にイメージしてしまって、

  それで、ヲシテ文献を読むのですから、

     これが、本末転倒と言うモノですね。

         ・

「いさわのミヤに おはします」と言った出例が、

幾度も、幾度もあるわけです。  よ。

これは、

無視してしまうのでしょうね?

他の沢山の類証も。    彼女らは、彼らは。

如何にも、ズレズレの、恣意的読み方の極みです。

漢文訳した時代の悪影響を除外しようとする、気概がないのでしょうか?

あるいは、

そんな事にも、気が付かないのでしょうか?

どっちにしても、どちらかなのでしょうね。

         ・

此処が、「いわゆる『古事記』読み」の低い程度が、

越せないのは、

   ちゃんと、「三書比較」(ヲシテ文献・日本書紀・古事記)の

文献比較を目を見開いてちゃんと見ていないからです。

どっちを、どれを重んじるべきか?  どの文献を?

     はっきりと、定めるための、「三書比較(ヲシテ文献・日本書紀・古事記)」です。 『定本ホツマツタヱ』として再出版してます。

これが、この役目・意味が分かっていないのでは、

   これは、ダメのレベルです。  ゴミの「秀真伝(syu-sinden)」と、50歩100歩。

悲しいことです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2009年1月27日 (火)

「秀真伝」の罪悪は大きいのですが…、  防災グッズ。

微妙な問題。

どうしても、現代人にはヲシテをそのまま取り組めと言っても、

むつかしいと、ハナから根を上げることが多いです。

     難しいから…と、

         ・

「秀真伝」これは、罪悪なのですね。

お軽きの極み、それが、自国の誇りへの冒とくにつながる。

小さなお軽さが、実は、巨大な罪悪!

例えば、そのうちに強烈な法律の麻薬取締法のようにガチッとしたものでやらねばならないかも知れませんです。

本格普及時の混乱について、どう対応すればよいか?

どう対処して、予防的措置を講じるか?

地震の対策とも似ていますね。

ついでの時に、防災関連のテーマパークにも、行って来てみましょう。

何か、良いアイデアがあるかも知れません。

        ・

考える事が、多すぎるのですね。

    能力の割に、あまって。

それで、毛が抜ける、

不安になる、  からか?  お酒。

この頃は、やけ酒に代わり、祝杯が多くなりました。

  有り難くも、嬉しい限りです。

   のんべーは、いけませんね。  やっぱり、お酒になっちゃうわけで。

余計に、毛が抜ける。

困る、  また、お酒。

またまた、毛が抜ける。

  でも、

それで、結構、仕事が進むのですね、

朗らかになるから?

いやな事は忘れて、

前向きの事に、集中できるから?

   キワミは、 要は、

前向きの事への集中か?

        ・

次にと、やり始めの仕事は、

ちょっと良さそうです。  集中したいところです。

   

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年1月26日 (月)

ぶーたれ、 はーたれ、 ひーたれ、 へーたれ

「ぶーたれ」の言葉は、辞典では見つかりにくいでした。

結構、現代では使いますね。

      ・

「ぶーったれ」と、ヲシテ時代の「はたれ」の言葉とは同様語であるように思います。 「はーたれ」ですね。「は」を「たれる」のですね。がなり立てたり、をいっつもやる。「はーっ・たれ」ですね。「はったり」も近い概念ですね。

考えてみましたら、

凡その、4段活用も創作語としても面白いかも?

「はーたれ」

「ひーたれ」

「ふーたれ」(「ぶーたれ」)

「へーたれ」

     ・

 ●「はーたれ」

  とは、大した仕事もしてないのに、自慢したりして言い張ること。

 ●「ひーたれ」

  とは、大して大変でもないのに、、自分だけが大変だと言い張ること。「ひー ひー」言い、ですね。

 ●「ふーたれ」(「ぶーたれ」)

  とは、そんなに辛くもないのに、不平を言い張ること。現代的には濁音化がなされて仕舞い易いです。「ぶー ぶー」言いの「豚」はヲシテ文献には用例がありません。「猪」の意味の「ゐの」は出例ありです。

 ●「へーたれ」

  とは、他人の研ぎ澄ませたアイデアをちゃんと理解もしないで、揚げ足取りばかりを言う事。他人のモノは減らしたい、で、満足したいのでしょうね。自分以外のモノを評価減にすれば、自分が比較的に評価が上になる。「トのヲシテ」の方向性とは、全く逆のベクトルですね。 

   ・    ・

不思議に思いますのは、

  「ほーたれ」には、活用が及ばないような?

ここにも、4段活用の大原則が今にも活きてあるのでしょうか?

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年1月25日 (日)

ひとひかりの、キラッと光る光線を

ひとひかりの、キラッと光輝の光線を、

どうやっても、どうやられても自ら発するモノ、

それだけを作るべきです。

        ・

評価は、後々の人達の事。

どうせそんなにすぐには、解ってもらおうと考える方が、

所詮無理強いに属する範疇です。 ヲシテ文献の場合は。

Photo

      <表具をする程でもないモノですが、「いつ」を「やまと」に、の言葉です>

    ・       ・

このあたりの事情が、ちゃんとハラに座らなくては、

所詮は、消え行くものになるのでしょうね。

後世の、そのまた後世の、 そのまたまた後世の時代にも、

自信をもって胸を張れるモノ。 それが、キラッと光輝の光線でしょう。

これは、 どの時代に、だれがどうやって、インチキ隠し、隠ぺいを図ろうとも、

どうあっても、キラリと、一条の高貴な光線は出すものだと思います。

この、真実の、

キラッと光輝の光線は、どうやっても、隠しおおせようもない。

言うならば、

これは、

100万カラットのダイヤでしょうね。

       ・

傷や、陰りを、カッティングし尽くすのが、

正しい光を増す方法だと、ダイヤ職人の言葉を聞いた覚えがあります。

       ・

「トのヲシテ」とは、プラスの方向性でありましょう。

これは、間違いない事だと思っています。

ここが、肝心な事でしょうね。

マイナス行進の連続では、いくらなんでも、こちらが疲れ果ててのことです。

そのうち、解るまでには、時間が必要かもしれません。  時間の経過を、 お待ちしております。

  

  

       ・     ・

新作の日本歌曲(ヲシテ文献由来)は、(現在進行形のモノ)

けっこう、専門家のうちでは評価たかしです。 これは、おおよそ100年後ぐらいに 高い評価を、得るかも知れませんね。 ほんとに、美しいと思います。  曲調も壮大です。それでいて、美しくやさしい。

何がどう違うのでしょうね。   それが、作曲家の高さですのでしょう。

すばらしい。    霹靂です。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年1月22日 (木)

前向き、後ろ向き、 若い秘訣。

「前向きの事」、

と言いますと、

政治用語では、「何にもしない」とほとんど同じ意味のようです。

でも、本来は、

能動的な意味だったと思います。

後ろ向きの思考は置いといて、

どうやって、構想を・仕事の完成全体像に近づけてゆくか?

_edited2

  そもそもの、仕事の全体像は、

ヲシテ文献を、広めたいだけのようなものではないのですね。

そんな事ではありません。  それは、「秀真伝」のようなものですね。

            つまらない。   それはダメの路線です。

     そのような単純な事では、あり得ませんですね。

               絶対。

             これは、絶対です。

        ・

それとも、違いますが、

つい先だって、

 先日も、

洋服屋さんに言われました。

たま(偶)には採寸してみましょうか? として。

「10年か15年ぐらいになりますか? ちっとも変わらないですね。 雰囲気もですね」

そんなことないですよ、頭はぼけるし、…。

「変わらないのは、  それは、帽子を被っているからでしょう」

と、言って、笑いました。

「いつも何か、やっておられるからでしょうか」

と、洋服屋さんは感慨深げでした。

一度だけ、何の拍子か「いせの会」にも列席して下さった事もありました。

この洋服屋さんは、 わたくしの懐具合と、

何とかマッチして、  (恐縮です)

イージーオーダーのお店のお陰で、あるからですね。

それでも、何かに、ついて、色々まこと親切にして下さっていまして、

感謝しています。

      ・      ・

たしかに、

思いまするに、

思考経路・思考回路が、いつもいつも前向きである事だけは、わたくしの特徴かも知れません。

ひょっとすると、

アマテルカミの

「いまたさかりの かきつはた」(ホ15-41)

に、近づける秘訣かも知れませんですね。

まだ、結果は見えているともいえませんですね。

   あと、30年ほど  か?

その歳月で、…。  これで、結果が出るかも?

          ・

でも、 残りの年月で、

 たった、30年ほどで、

仕事のすべき事の、10分の1にも及んだら、めっけものだと、

    このように、踏んでいます。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年1月18日 (日)

今後を、どうするか?  です。   後藤新平の言葉。

死ぬまでに何を為すか?

この事だと思います。

世間一般の評価は、なかなか、困難です。 ヲシテ文献の場合は特に。

特別に、困難です。

でも、真実が分かった場合は、 ただ、流されては、やられになってしまいます。

はっきりと、主体性をもっての、進行進展を見つめて行くのが本筋だと思うのです。

        ・

あとで、後悔しないように。  です。

Photo

          松本善之助先生、 壮年期 、出雲探訪旅行にて) 

後藤新平が言っていたそうです。 今日の「日経新聞」にありました。

『金を残すのは、下。

 仕事を残すのは、中。

 人を残すのは、上』

だそうです。 信念を残すのも、良い方

「上」の方なのでしょうね。

      参考→  「松本善之助先生の絵と書」

                             「松本善之助先生からのご指導」

                            「松本善之助先生のヲシテ文献との出会い」

 

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

  

2009年1月17日 (土)

『訓点語彙集成』のこと、  ヲシテ文明の源流を求めるための、こだわり。

『訓点語彙集成』の7巻が配本になりました。

思うのは、古い時代の発音の真相なのですね。

    ・     ・

『万葉集』などには、こう有るが、

その後の、この、「ことは(やまと言葉)」は、どう発音されてきたか?

訓点には、存立の根柢に係る特徴があります。それは、実際の発音が最も近い表現において記録される。 ことです。

この特性が、備わっているのです。 訓点には。

たとえば、

「風」・「水」

ヲシテ時代では、

「かせ」

「みつ」

の、ヲシテ文字の表記になっています。 (二点外濁点は伝承時代のものと、認定して削除をした結果)

ところが、ご存知の如く、

現代では、「かぜ」・「みず」と、認識されています。

さて、本当はどうなのか?

ヲシテ時代では?

つまり、本当の意味の「やまと ことは」は?

         ・

ちょっと見には、どうでも良いことにも、思われますですね。

「せ」か「ぜ」か? 

「つ」か「ず」か?

たった、濁音表記の有無ぐらいだけのことです。

わたくしも、

めんどくさいことだと思います。

   

ですが、語源を考える上においては、極めて大切な事なのですね。

求めたいのは、

源流である、

ヲシテ時代においての、語源です。

それは、

かなり、キーポイントになる個所なのですね。  本質の「やまとことは」に。

それで、こだわる事になるのです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2009年1月16日 (金)

ヲシテ文献の進め方、  研究・啓蒙・展望

私の立場、考え方について、 述べておこうと思います。

ヲシテ文献の進め方の事です。

Thaki3

1、はじめに、ヲシテ文献についての把握の仕方。

  ● 約40年前に、松本善之助先生による現代発見がなされた。

  ● 『古事記』『日本書紀』との対比比較で、ヲシテ文献が、それらの原書である事が判明した。 (『定本ホツマツタヱ』)

2、ヲシテ文献の内容把握。 と、これに派生する誤訳(「秀真伝」誤訳偽書)の害。

  ●ヲシテ文献を記述している語彙(言葉)はとても古い時代のものである。

         (既存の古語辞典では、ほとんど何にも役に立たない)

  ●上の理由から、無理な当て付けが頻繁に為されてしまいやすい。

         (誤訳の積み重ねによる、誤訳創造性偽書「秀真伝」の横行)

  ●一般にヲシテ文献についての初認識の場合、100%誤訳創造性偽書に洗礼を受けて、後で後悔をする事になる。 これを、防ぐ手段は、今のところ考え出されてはいない。 わたくしとしては、警鐘を鳴らすだけしか為し得ないことである。

 聞く耳を持たない人に、わたくしは、有効な説明の手段を持ち得てはいないのです。

3、長期にわたっての将来的な展望。

  ●誤訳の害は、ある程度の年月が経ると、コモンセンスとしての誤訳創造性偽書の「秀真伝」罪悪論が一般に認識される。

  ●その時点において、使えるようなモノを、確立しておく必要がある。

  ●深く深遠にして高貴な、ヲシテ文明の解明について、今、まさに進めておかねばならない。これには、時間と、思考・思索・入念な分析研究などが必要。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2009年1月12日 (月)

ヲシテ文明の、解明には、「ヲシテ」が必要条件です。

何はともあれ、

ヲシテ文献への入門には、

最低のラインで、

ヲシテを読めるようになること、  が、必要です。

A

これを外すことは、偽書にしか捉えられないからです。

           ・

大切なものを、

間違えて、偽書扱いすることは、

そのような、やり方に陥る道筋には、

どんなことがあっても、わたくしは、賛同できません。

      ・          ・

それは、

後の時代の人から、『あれ?  変なの』

と、言われてしまうからですね。

死後においても、

谷川士清(たにがわ ことすが)さんのように、

潔(いさぎよ)くありたいです。

           ・

谷川士清(たにがわ ことすが)さん、 と、 言いましたら、

昨日は、

津のビジネスホテルでフロントの人に聞きました。

そうしましたら、

知らないのですね、谷川士清(たにがわ ことすが)さんのことを。

地元のフロントマンだそうですが、知らない。

悲しい事です。

自分の国の事について、どのように、思っているのでしょうね。

でも、谷川士清(たにがわ ことすが)さんの、旧宅の記念館の人は、

さすが、しっかりと理解していました。

      ・          ・

わたくしの、「伊勢の国」への転居移住への、

思いは、 実は、谷川士清(たにがわ ことすが)さんへの敬慕が、

ひとつには、あったのでした。

           ・

国語の事は、

宣長もそうですが、谷川士清(たにがわ ことすが)、

富士谷成章、

賀茂真淵、

佐々井祐清さんまでは、少なくとも辿っておきたいものです。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2009年1月 8日 (木)

何千年来の解明作業ですから…  、 長い道のりです。 ヲシテは。  ヲシテ文献は。

今現在も、過激なほどに進展中です。  ヲシテの時代の文明の解明作業は。

一っ時としてとまる事が、無いほどです。

これからも、数年間はこのような激烈な時期が続くのでしょうね。

        ・

おおよその基礎作業が、ここに昨年来に、ほぼ整った事で、

びっくりするような、進展が発生します。いま。ほとんど、ついてけないほどのモノ、

謂わば、

ビックバンでしょうね。

さて、さて、まだまだ続きますね。 ホント疲れます、です。  でも、ワクワクです。

疲れなんて、何処行った風ですね。

遅れないように、わたくしも必死です。

それ程のすさまじい進展状況です。

あと、

そうですね、

5年後が楽しみです。

みなさまに、お喜び頂けそうな解り易い、

ものを、提示も出来る様になりそうです。

   ・   ・   ・

その、

これからの数年間ですね。 大変な日々です。  大変ですね。

まさに、死ぬ思い、が毎日、毎日の日々の連続なのでしょうね。 時間的・物質的には。 です。

ところが、

精神的・こころ(気持ち)的には、ゾクゾクの感動の日々なのです。

不思議です。

不思議な事です。

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2009年1月 1日 (木)

あけまして、おめでとう御座います。 住吉さんへ参拝に。

旧年中は、ありがとうございました。

あけて、

本年は、いよいよ、多くの進展のある年になりそうです。

どうか、どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

Kasari21  

長い間、(20~30年あまりにもなりますか)

わたくしは、かなりの変人(おそらくは、小泉さん以上でしょう、か)

に思われて来ていました、ようです。 でも、その、おかしさ変人さについて、

少々は、肯定的な理解を得うる状況にまで、

思わず、いよいよ、

そろそろ時代が到来しつつあるようです。

         ・

思いかえり見ましたら、『ホツマ辞典』を世に送り出しましてから、

今年で、10年目を迎えることになりました。  10年か? と、感慨深いです。

Hana211

一つの節目になるのでしょうか。  これから、 

しっかりした進展の年であればと願います。

         ・

為(な)し行くべき仕事量としましては、沢山の分量が山積みされて居る状況としては、

全く変化がありません。 

   (とは言え、少しは、進んでおります、ね。

     わたくしは、すでに、過去のモノ、単にアドバイザーです。

            深い意味を込めて、 本年展開が楽しみです)

前向きな動きは、少しでも、その仕事量のはかどりにつながります。

それらは、成し遂げて下さったお人の成果になります。

どうか、よろしくお願い申し上げる次第でございます。

のちの世に、残す事が大事だと思います。

わたくしの尊敬する富永仲基も、出版しておいたからこそ、残ったのです。

 

      ∞     ∞      ∞

 

住吉大社(すみよし たいしゃ)に、参拝にまいりました。

Photo_4   

住吉大社は、『延喜式(えんぎ しき)』に記載がされている神社です。

『延喜式』は10世紀に成立したものです。

今は、21世紀ですから、

1000年以上の歴史を確認できる神社と言えます。

『延喜式』に、「住吉坐神社(すみのえ or すみよし に ます かみやしろ)

四座」と出典します。

Photo_2

古木の太さ、境内域のゆたかさ、

それに、本宮がちゃんと第4本宮まで鎮座している(四座に対応)ことなど、

古来からの、ヲシテ時代の「ミヤ」の雰囲気を彷彿とさせてくれます。

Sumiyosisann

その中でも、「船玉神社(ふなたまorふなだま)」のことは、特筆すべきでしょう。

『延喜式』に、この「船玉神社」も記載がされて残っているからです。

Funatamasan

このお社(やしろ)の事、さらに溯ると、漢字時代以前に遡及が出来ます。

ヲシテ文献に、出典を認められるからですね。

ホ27-25~28

「むつ ふなたま」の典拠に行き着きます。

川は、その源流を知ってこそだと思います。

「みなもと」を知ればこそ、その行く先の凡そについて、ほぼ見当がつくからです。

お社の、扉には、船の絵が美しくありました。

江戸時代の頃のものでしょうか。 ここに、伝統として繋がるのですね。

  南蛮貿易のあたりですかね。 

Funatamasan2

「ふ」「たま」であるのを、何故?

「ふ たま」と言うのか?

これは、ヲシテでないと説明が難しいものでしょうね。

将来的な俯瞰的展望を求めると、

外国人にも、説明可能にしてこそ、展望が開くのでしょうから。

          ・

すぐ南の、堺市には、

お旅所のようなものがあります。

地名の「宿院」の由来は、ここにあります。

Photo_3

「飯匙堀」です。

Iisajiba

          ・

さてまた、このすぐ近くに、開口神社があります。

ヲシテ文献で初めてわかる事ですが、

スミヨシのカミとの、深いゆかりがあることから、

アキコヒメさまのお社として考えてよいのではないか?

そうしますと、

大変に尊い事ですから、高く重んじるべきお社であると、

再認識することになりましょうね。いまの時代にありまして 、殊更でありましょう。

Kakikosama

アキコヒメさまは、以下に出典があります。

ミ4-18・ミ5-16

ホ6-5・6-27・8-57・8-64・12-1・12-12・12-16・12-20・24-17・30-21

朝4-8

また、

『住吉大神宮祝詞』にも、

「開口祓戸祝詞」が記載されています。深い関係を偲ぶことが出来ます。

(皇學館大學神道研究所刊の「神道資料叢刊3」に所収

ヲシテ文献の読み進め方は、こちらを参照してください。

根拠のことなどは、こちら。

     ∞      ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »