2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »

2008年2月 9日 (土)

「式内社顕彰会」という、ある意味で真面目な会のこと

「式内社顕彰会」という、ある意味で真面目な会があります。

『延喜式』に記載のある神社、つまり「式内社(しきないしゃ)」は、日本の歴史にとって大切であるので現代において再顕彰してゆきましょう。 と、言うのが、この会の趣旨です。

松本善之助先生も「真面目な会だからね」と、おっしゃって、おられました。

それで、わたくしも、

もう、かれこれ、30年余り会員になってお付き合いして来ていました。

Photo

でも、何だか違和感を感じるのですね。

        ・

今日、送られてきた九州の巡拝のカタログを見てまして、

つくづく、思うのでした。

10代のアマカミであられた、ニニキネさんのことは、

どうでも、「瓊々杵尊<ににぎのみこと>」としてしか、

認識し得ていないのですね。

そうなれば、

詰まる所、 ヲシテ文献に見てとれる、

10代アマカミとしての、光喜に溢れた、

ニニキネさんの、あれ程の、大きな甚大なご功績について、

98%は捨て去ってしまおうとしているわけです。

漢字文献では、いかに、誤謬が多いことか!

そのようなことの、 従来のままであるに留まる限りは、

結局のところは、

「貶め族」でしか、位置し得ないのではありませんでしょうか?

そもそも、

尊き大きなご功績を、貶めてしまおうとするのですからね。

ここは、

どう見ても、ヲシテ文献の発見がなされた後においては

「瓊々杵尊<ににぎのみこと>」なんて、表記に係る限り、

貶めの、意思ありと、

わたくしには、思えて仕方がありません。

    でも、

彼ら本人たちは、至ってご暢気なおありようでの、そんな、ことです。  それで、余計に悲しくなるのです。   

        ・

また、カタログを見てしまいました。

巡拝しようというのは、

誤った漢字文献に拠るのですから、

ひどいものなのですね。

でも、

私たちの、探訪箇所とはほとんど同じなのですね。

なのにです、

何故、こんなにも、趣が風合いが異なってしまうのでしょうか?

いささか、不如意で、不適切でしか有り得ないと思うのです。

それは、

物語の根底が違っているからなのですね。

現象面での、探訪箇所は、ほとんど同じなのに、その、

意味合いが、大きく異なってしまっている。

その違いたるや、

雲泥の差があります。

月と、すっぽんです。

   ∽     ∽     ∽

漢字以前の文献が発見されて、研究が進んでいるのに、

いまだ、

そんな事では…、

情けなき事だと思います。

もう、

来年からは、

「式内社顕彰会」は脱退することにします。

30年余り、賛助はしましたので、

もう、不義理のことは御座いませんでしょう。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

    

2008年2月 6日 (水)

くに、の たからのこと

国家の本当の宝である。   「ヲシテ」は。

この事に、  この言葉の本質に、

本当に気が付いたのであれば、

『本を贈ってください』 なんて?  それは、酷いよですよね!

そんな言葉が、出るわけもありません! そこそこの立派な立場の人の口から。

    その人の、体温は、 詰まる所、冷くて15℃か?   と、

そのように、

わたくしは、受け取ります。

だって、そうでしょう。

国家の「たから」と、認識

すれば、  「ただで、贈ってもらったら見ても良いです。」

   なんて、 ちょっとした立場の人の口に、出るはずのない言葉ですものね。

          ・

相手先の体温が、せめて、36.度に、温かなくなって縄文建国の本来のわが国の真実に思いが寄って来る時まで、

待ちましょう。

あせっては、

いやになることばかりです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

    

2008年2月 5日 (火)

プラス・プラスの考え方

Win・Winとも言いますが、何かしら、プラス・プラスの、

雰囲気があってこそ楽しいものです。

           ・

「善」の考え方は、ここを捉えているのですね。

「善」は、富永仲基の集約した言葉です。

それは、

実に、「恵民立国」の「トのヲシテ」の概念のそのままです、ね。

           ・

プラス、か?

マイナスか?

その作用の及ぼしてくる方向性はどちらか?

結構、 このところに、人々の感性の見えない深いところで、

判断が下されているようです。

それで、「恵民立国」の「トのヲシテ」の概念が、

深い深い、知られもせぬようなところで、

有効に機能しているのでしょうね。   

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

  

未来の、将来の路線について。 私の仕事の役割について。

これからの、「日本」はどうあって行くべきか?

「日本」とは何か?

どうあって行くべきか? 今後の未来の行く末は?

                  /

大体が、

簡単に思えて・思われて終(しま)い易いのです。   ね。   「ヲシテ」では、   特に。

でも、

詳しく、正確にやって行こうとしましたら、

実に、本当に骨の折れる事ばかりです。

それは、

細かな、「やまと ことは」の使い分けについての、一音一音

の差異の発生原因について、

さらに、しちめんどくさい照合を、裏を取って行こうとする、

そんな、めんどくさい作業をすることになるのです。

         ・

特に、ヲシテ文献の出現のような、

大事件の起きたのが現在のことです。  が、 しかし、

  この、コトの大きさが、

なかなか、得(え)てして解らない。    解ってもらえない。

のですね。

それは、  何故なのでしょうか?

一瞬先の利得。

一年先?   いや。

一秒先の利得。

そのようなモノに、現代人は囚われてしまい易いからなのでしょうか?

そのような、極めて短いスパンでの判断をどうしても求めてしまい易い、わたくしたち現代人は。  それは、自分の独自の判断に自信を持てないからでしょうかね。

でも、理解できます。そのような事々になることは、当たり前です。

当然のことです。

つまりは、そんな、ヲシテ文献の出現なんて、誰も予想さへ、し得ない事態であったわけですから…。

それは、当然のことだと思います。

びっくり仰天、訳のわからなくなるような事態、

つまり、パニックですね。  ヲシテ文献の出現は。 

 これが、強く作用しているわけです。

ヲシテ文献の評価に、  大きな不安感が、

不当な過ちを、

大きく孕めてしまうのですね。

         ・ 

解明においてもそうですが、

そこには、加速度的な作業の所要量の増加が生じる事になるわけです。

単純な、当て嵌め細工をするような、いわば一個10銭の程度の内職の仕事でしたら、

簡単です 、が。  それでは、本体について、貶めているばかりの事です。  情けないことです。

これだけは、やめましょうね。

私も含めてですが、忘れてはならないものがあると思うのです。わたくしたちの、進んで行こうとしているその先には「日本」の輝きを取り戻すこと。  この、目的が、当然に世界の将来の未来の幸せに寄与するのだ!  との、その思いがあってこそだ、と、  常々信じています。

          ・

 前へ、前へと、

試行錯誤はあっても、 これは当然ですね、前人未到の事ばかりですから。 試行錯誤の連続になるのは、当然の事でしょう。

何か、発見!  何か、仕事を。

なさって行って下さい。

わたくしの、仕事はその、アドバイスをすることが、

本分であると思っています。

        ・

大きな変革時期の、その入口です。

口を開けて、何か「牡丹餅・ぼたもち」でも落ちて来るのを、あんぐりと待っているのは、

みっともないです。

せっかく、きっかけを得た事なのに…、 で、あるからです。

ご自分で、何かしらを新解明して、

これぞ本来の、本当の本物の「学問」、と。

     この面白さを掴んで下さい。

なかなか、歴史にも稀な事だと思います。  この、遭遇は。

    これこそが、

‘日本’の定礎をきわめる、もとい、なのでしょうね。

アマノコヤネさんの、理想とされるところだと思います。

わたくしも、この考えです。

      ∞   ∞   ∞

解り難い(わかりがたい)、   その、

縄文哲学だから、 面白くチャンスが秘められているのです。

薄っぺらな、

容り易く安直な貼り付けのコピー・ペーストでやれるような、

そのようには、まだまだ、決まって行きかねています。

難しいからですね。  それはそうです。 当たり前、当然の事です。  漢字文献以前に遡及することが本来的に求められているのですから。

それが、可能になるような、

その、確定領域に、

どうやってゆけば良いか?

まだまだ、試行錯誤です。

トーフの、固まる前のような、

にがりを打って混ぜる瞬間のような感じでしょうか。

納豆のネバネバで、どうやったら、豆が掴めるか?

手が、指が引き攣れを起こすような、段階であるのです、ね。

 

吾は、 

と、思う人の出現が待たれている、

と、

     思うのです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

  

2008年2月 3日 (日)

ヲシテ文字の、フォント(字母)のバージョンUPをしました。

いつの時代にも、文字の形状の修正は、大変なものの様です。  今回でも、 ようよう、1年がかりでした。 

Cimg1172_5

         <滋賀県 高島市、岳山(たけさん)の中腹にて>

とくに、言えますことは、ヲシテ文字の場合、

その、縄文時代のころにほぼ最盛期として使用されていたわけです。 としますと、この頃の世代・世上での、

文字の形状については、まさに手探りの状況であること、

これが、縄文遡及を念願しても長い5000年程もの歳月に阻まれていて難しいわけであったのでした。

このことは、 ご使用くださるお方がたに、ご理解を願うばかりです。

         ・

さて、

ヲシテのフォント「縄文文字ヲシテA」の2.00版を、

一般公開いたします。

前回の1.01版フォントとの変更の概略は、細かな、文字形の修正です。ほとんど、一般の人には違いが分からないような程度のもので、あるかも知れません。

また、このほかに、ヲシテ文献の写本に、たった1例しかないような、

微妙な異体文字についても、幾つもフォントに作りました。

たとえば、「あ」の文字の渦巻きのタイプでも、

2重渦巻き、3重渦巻き、4重渦巻き、など、

いろいろと、区別して制作しました。

あんまり、詳細な区別は必要はないかも知れませんが、正確な説明をするためにも、

細かな違いが区別されているフォントの文字形のあるに越したことはありません。

           ・

それと、それぞれの文字の大きさなど、バランスについて、横書きにしても読みやすいように、随分と改善を施しました。

日本ヲシテ研究所

のアドレスからダウンロード出来ます。

どうぞ、お使いになって下さい。

           ・

商業使用の際には、

個別に認可をしております。

お問い合わせ下さい。

     ∞     ∽     ∞

   

私の思いは、

縄文時代に、 すでに、

立派な文明国であった「日本」の真実を再確認していってもらうことが、

現在はもとより・将来の「日本」のより良い基礎になると強く信じる為です。

Rei

「縄文文字ヲシテA」2.00のフォントの、サンプル(一部)です。

全体はこちらのPDF画像へ。

 

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

  

« 2008年1月27日 - 2008年2月2日 | トップページ | 2008年2月10日 - 2008年2月16日 »