2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008年9月12日 (金)

著作権で、出版物は保護されています。 ご注意下さい!

ヲシテ文献の研究は、

とっても大変なモノの積み重ねです。

もう、40年近く、渾身の力を注ぎこんで来ています。

わたくしは。

それを、

権利侵害してもらっては、困ります。

       ・

あまりにひどい場合は、法的な手段に訴える事も、

考えざるを得ません。

ご注意下さい。

また、さらに、

「ヲシテ」は、この言葉は法的に保護がなされています。

       ・

出版物の、無断のコピーの配布・公開は、

著作権で保護されています。

つまり、解り易く言いましたら、

無断のコピー配布は、犯罪です。

ご注意下さい!

何らかの、必要な際には、すべて許可を得て下さい。

あとで、 あなたが、酷い事態に陥らないためです。

かなり大きな金額を請求する事になるかも知れません。

ひょっとしますと、

ひとりの、普通の人の年収のレベルでしょうか?

もう少し、桁が大きくなるかも知れませんが。

それには、それなりに、

目に見える形での大きな投資を、

過去、40年近くにわたって、おこない続けているわけです。

さらに、人的・わたくしの労苦を換算した意味での投資の、

これが、幾許かの積算については、

未整理のままです。

これなどを、

詳細に、しますと、さらに」膨大な額になると思います。

参考書籍だって、『古事類苑』も古書でも10何万円かです。

このあたりをこめて、被害金額の積算に計算がなされるのではないかと、

思います。

あんまり、脅かすわけではないですが、

どれほどの蓄積がなされて来ての事であるか?

しっかりと、

わきまえて下さいね。

      ∞   ∞

なお、

『校註ミカサフミ・フトマニ』は、

前回の刷り分が残部減少にて、ほとんど残りがありません。

前回の注釈から、10年近くも経まして、

大分解釈も進んで来ております。

約、十年間の苦しみです。

どうぞ、わたくしをお知りの方は、

わたくしの、頭を見て下さい。

どれ程の毛が残っているか?

これは、まさに塗炭の苦しみです。

次回の改定には、もう一段深い解明にまで辿り着いた、

そのモノを、何とか載せたいと考えています。

あと、

もう少しなのですが、

これがこれで、大変なのです。

そんな具合に、

日々、新解釈の積み重ねの上に、

徐々に、縄文日本の真の姿に、より一歩近づけるべく、

努力を重ねております。

どうぞ、

よろしく、ご理解のほどをお願い申し上げます。

「日本」の素晴らしさについて、正しく理解しようと、

こころざす、そのためです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年9月11日 (木)

「いがくり」と、地球の姿

「のほる いがくり いゐのなり」   (ホ、15-17)

             (上る イガ栗)

Igakuri_edited3

ヲシテ時代での、地球の姿の把握は、

「イガ・クリ」でしたね。

地球の中心から、「はにのいき」が、昇ってきます。

「イガ」の針が、「はにのいき」ですね。

それが、雲を上方に支える力になっていると考えるわけです。

            ・

時を同じくして、

「くす」(葛)の花が咲きました。

良い香りです。

Kusunohana_edited1_2

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« 2008年8月31日 - 2008年9月6日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »