2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »

2008年3月20日 (木)

「かみ」の言葉の意味合い

「かみ」の言葉には、

現代語には、特に特殊な語感が付着しています。

 いわゆる、神様の「神」の語感が強く染み付いています。

ところが、

漢字文献時代の、以前の‘日本’では、

   大分、雰囲気が違います。

          ・

ヲシテ文献にあらわれている、「かみ」の言葉のうち、

いわゆる、神様の「神」の語感の言葉は、

      5%にも満たないようです。

  言い換えれば、ほぼ95%の用例は神様の「神」とは違うのです!

     わたくしたちが、求めようとしているのは…、

漢字以前の時代での事です、   時代を見定めましょう。

  「かみ」の言葉の、

     ヲシテでの形状は次のようです。

  Kami

「か」は現れ出で、齎されて来る形です。

ヲシテの形状に拠って、考慮を進めて行きたいですね。

         ・

時代の降った後の方に付いて来ている語感は、

除去しなくてはなりません。 ヲシテ時代の雰囲気に迫ろうとするからです。

つまり、

「かみ」のヲシテ時代の言葉は、簡単に「神」の現代語に当て嵌めてはいけないのです。  直訳・当て嵌め、 これは、誤りです。

      ∞   ∞   ∞

「しきみ」の花が、咲いています、美しいです。

Sikimi

ヲシテ文献には出典はありませんが、

『万葉集』にはあります。

4476

「於久夜麻能 之伎美我波奈能 奈能其等也 之久之久伎美尒 故非和多利奈無」  大原今城

ーおくやまの しきみがはなの なのごとや しくしくきみに こひわたりなんー

この歌の、詳しい背景はわたくしには解りかねますが、

仏事に使う花としてのもの、それ以外の雰囲気は感じられます。

染色の用途としての「しきみ」を意識していたのかも知れません。

現在で、「樒(しきみ)」というと、

仏事関係オンリーと、イメージされ易いですが、

時代を、遡っての事では、あながちそうではないのですね。

恋歌ですものね。

          ・

「しきみ」の花には、

さわやかな、良い香りがあります。

中世・近世のイメージを一旦別の所に置いておいて、

現物に、直(じか)に触れてみてはどうでしょうか?

    ∞   ∞   ∞

そう言う、感じで考えてみますと、

「かみ」

の言葉の、イメージも随分と変わってくると思います。

つまりは、

漢字の国字化の時代に、大きく、変に歪められてしまった、事が、どうにも重厚にあるようなのです、ね。

それを、直して行くのが私たちの運動なのですね。

それで、大変でしょうけれども、近世の用語は除去しなくてはならないのです。さらには、中世の用語もですね。 解明用の用語としては…。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

 

2008年3月17日 (月)

一人ではなくて、何人にも及んで

一人ではなくて、何人にも及んでこそ、

「ヲ(パブリック)」が形作られてゆくのでしょう、  ね。

Mitumata_tuhaki

「ヲサム」の動詞の意味は、

「イサム」と同じで、「覚めさせる」意味の「サム」なのでしょう。

いわゆる「サム」‘ことは’ですね。

もうちょっと、詳しく言うと、「サ」は、「ス(為す)」に意味合いの所にウエイトが強くあります。

現代語に、解り易く表現するにはどうしたら良いでしょうか?

        ・

解明中のホットなものと、

現代人に伝えるための、表現用のものとは、

大きくギャップがあります。

解明の作業も大変ですが、  公表に係るところの作業も、

これはまた、思いの外に大変です。  時代錯誤の誤解を避けないといけませんから…。

        ・

漢字国字化時代を遡って、その以前の光輝に辿りつくには、

なかなかに、骨の折れることです。

さらに、 現代に解り易く説明するのは、

またまた、至って疲れることです。

でも、為し行かねばなりません。

    ∞   ∞   ∞

想い返してみますれば、

孤軍奮闘と、思っておりましたことも、やや、そのようにはないことに、気が付きます。

ポンと、多額の寄付をお寄せ下さって、

それで、 まったく売れないであろう『記紀原書ヲシテ』を、

出版することも出来ました、のでした。 まったくもって、忘れる事の出来ないことです。 

安価な価格設定に出来ましたことは、まさに、そのような経緯によるものです。 また、ヲシテの歌曲の新創作も果たせましたのでした。

『定本ホツマツタヱ』にしましても、出版費用の用意は、私の両親の費えからのものです。

さらに、『三書比較ホツマツタヱ』は、有志のお方々からのお力添えがあってのことでした。

          ・

先端の解明作業には、直接関わりを持たなくとも、

そのほかの意味合いで、大きくお力添えの事は、

いろいろと、賜って来ていましての次第であります。

また、

解明作業においての事は、

もはや、 現在、多人数での進展になって来ました。

これこそ、「ヲ(ををやけ・パブリック)」の事に、近づいて来ている証でしょうか。

          ・

さて、

そうなりますと、 私の仕事は、

さらに、理解の困難な縄文哲学の深みにと、

頼りなくともコマを進めて行く事になりますでしょうか?

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

 

2008年3月16日 (日)

言葉の解明は、大仕事

国語の正確な立て直しは、

現在の時点において、

火急の重要度があると思います。 

Tuhaki  

だけれども、

難しい。

近世になってからでも、多くの碩学がトライして来ていました。

ですが、満足のいけるモノには成り得ていません。

国語の、成り立ちについての基本認識に錯誤があったからでしょう。

それは、困難な仕事です。

        ・

おおよそ、現代人がヲシテ文献を手にした時に、

初めて取る態度は、現代語を道具に使っての理解をしようとする事が多いです。

「ヲシテ」の言葉でも、 「押し手」だろうと、思って「おしで」と、

読んでしまい易いです。

そこに、陥穽があるのです。

そこが、間違いの大本なのです。 ね。

「ヲシテ」の「ヲ」には、教え導く温かい雰囲気が込められています。縄文日本の建国の理念になった「トのヲシテ」が意味されています。  「ヲシテ」の「ヲ」はヲシテ文字の、中点無しの特殊文字が使われています。

ですから、 

「ヲシテ」の言葉を、 「押し手」だろうと、思って「おしで」と、

読んでしまうのは間違いなのでした。

一事が万事、

ヲシテ文献の読解には、読解用語において、どうやって近世語を排除するか?  勿論、現代用語は以ての外です。

出来れば、漢字時代語はすべて除去したいところです。

「言霊」なんて言う言葉も、漢字時代語ですね。

この「言霊」なんて概念を持ち出すと、時代錯誤になるわけです。 間違いのやり方です。

         ・

ヲシテ文献の読解語は、ヲシテ時代の「ことは(言葉)」だけに、限定する。  これが、大事な条件です。

そのあと、国語の縄文時代からの発達・進展の歴史について、

考慮をすることが可能になるわけです。

 

もう、そこまで、研究の先端は来ております。

         ・

思い返せば、

これまで、多くの人が、「秀真伝」の陥穽に陥ったままで、

ズぶズぶをやっていました。  読者の皆様には、そんな「秀真伝(しゅうしんでん)」の陥穽からは、早く抜け出してもらいたいと、心から願っております。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

  

« 2008年3月9日 - 2008年3月15日 | トップページ | 2008年3月23日 - 2008年3月29日 »