2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテ文献は、そもそも、美しいものです。文章があってこそです。 | トップページ | 他人まかせのこと、  ヲシテは、自前で。 »

2008年12月 1日 (月)

ヲシテの入門の道筋のガイドについて

ヲシテ文献に初めて接して、

どうやって進めて行くか?

この理解を。

いまだ、これと云った明晰なご案内もむつかしいです。

Isenoumi

       ・          (いせのうみ)

とも、言ってもおれませんので、

概略を(現在時点での)記します。

      ∞    ∞    ∞

Tomiyanosyotou

1、ヲシテ文献の原典を読める、書けるように慣れる。

   (・素読をすること、ヲシテの原文で)

   (・参考書籍を読むこと)

Naiguunosyotou1

2、ヲシテ文献の日本歴史における位置を明確に認識する。

   (・記紀との文献学的比較を把握する)

   (・漢字文献時代の史書などを読む)

Naigunosyusyuu_2

3、ヲシテ研究室に入会が認められるように。

   (・目標を大きく持つ

Akinonominomiya

以上の道筋が、

今現在のところ、よろしい所かと考えます。

Sennguunojyunnbi

     <遷宮の準備、正月の準備も着々と整いつつあります>

  

      なお、 前提の、ひとこと として

遊んでんじゃないんですよね、

  このあたりの、真摯なこころいきについて、

 わかるひとだけが、

    そもそもの、ヲシテ・ヲシテ文献(共に法的保護あり)…への

  入門に関しての第一の前提になりますね。

             ・

はいてふける、「秀真伝」は、云うまでにもありませんが、事前除外です。

      ∞   ∞   ∞   ∞   ∞

つまるところは、

価値判断ですね。

ようは、何でも目利きですね。

ことのほかに、

   特別難しいのはヲシテ文献です。

      なにしろ、頼れる類例無きものについての判断です。

  なにを、どう考え思いいての、判断をするか?

     目利きのきわみですね。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の

人名を漢字表記してるので、スグ分かります。

 誤訳 創作性 偽書です。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 誤訳 創作性 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

« ヲシテ文献は、そもそも、美しいものです。文章があってこそです。 | トップページ | 他人まかせのこと、  ヲシテは、自前で。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテ文献は、そもそも、美しいものです。文章があってこそです。 | トップページ | 他人まかせのこと、  ヲシテは、自前で。 »