2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテの入門の道筋のガイドについて | トップページ | オカルトを、要注意として見ている事。  年賀状は割愛させていただきます。 »

2008年12月 5日 (金)

他人まかせのこと、  ヲシテは、自前で。

これ程の、新規の大革新のことは、

他人任せになど、 何処を、

どの部分を丸投げ出来ましょうか?

お任せ依頼できる、その範囲は、少ないでしょうね。  きわめて、微細だと思います。

        ・

殆どの所は、

ヲシテが、ちゃんとわかった人が、

しっかりと、すべて、全部整えるしかないと思います。

この事は、だれに?  何につけ、

丸投げは、どう考えてもむつかしいてしょうね。

   期待は無理でしょう。 絶無でしょうか。  皆無に近いでしょう。

既存のものとは、 ひとも、組織も、殆どどうにも異質性が強く感じられてしまいます。

何故ならば、構成している根底の理想が違うからなのでしょうか、 ね。

      ・    ・  

たとえば、

分かりやすい例で言いますと、

仏教は「生まれ変わるのを、どうやって、やめるか?」

が、

テーマですから、

この、初めの処においての理想が違うのですね。

ヲシテでは、

つまり、最も長い長期の年月においてわれわれのこころに沁み入っている、情感・哲学の、

我が国の縄文時代以来のコモンセンスであった、  もの、

すなわち、 それは、

「どうやって、うつくしく生きて、楽しめるか。

   また、死しての次には、

    この世に、また、楽しむために、より早く生まれ変わってきたい」

です。

前者の仏教の理想とは

水と油のような、まったくの別モノの理想感ですね。

           ・

長い長い、縄文時代・弥生時代が根底にあって、

つまり、ヲシテ時代ですね。

そのあと、なのですね。

外来のものは。

つけ刃のような、モノと云うべきでしょう。

言ってみるなら、おまけのような、モノ。

奈良朝時代頃から本格的に、流入してきた、

外国文化の価値観は、

今において、 はっきりと見つめ直す時期に来ているわけである、と考えてしかるべきでしょう。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« ヲシテの入門の道筋のガイドについて | トップページ | オカルトを、要注意として見ている事。  年賀状は割愛させていただきます。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテの入門の道筋のガイドについて | トップページ | オカルトを、要注意として見ている事。  年賀状は割愛させていただきます。 »