2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月23日 (日)

ヲシテ文献は、そもそも、美しいものです。文章があってこそです。

いつも良く間違われやすいので、

ひとこと。

   ・

ヲシテ文献は、初めて接してもらいます時、

その根拠について、よくよく、ご理解くださいませ。

これが、大切。 

この、全体が12万字にも及ぶ、文章こそが大切です。

  ・   ・   ・

その、根拠とは?  なにか。

ヲシテ文献の根拠は、『古事記』や『日本書紀』などとの、

文献学的手法での対比研究で、結果が出たのです。

その結果は、

『古事記』『日本書紀』の元(もと)の原書が、ヲシテ文献である。

と言う事実でした。

Photo

         -詳細な内容の比較対比を、全文にわたって遂行しました-

この事実が判明したことに、よくよく、

ご理解くださいませ。 できれば、おなかの底からのご理解をお願い申し上げます。

    ・     ・

そのあとで、しっかりと、原字(元からの文字)で、つまりヲシテで、

原文をお読みくださいませ。  美しい長歌体の文章です。

文章の、その物語の中にこそ、

   きらめく、たからが秘められています。

  たとえば、現代語に云う「龍」は、

     ヲシテ時代での本来の意味の 「たつ」とは、こんな感じです。

決して、単純当て嵌めの現代語直訳は絶対にダメです。

   ヲシテ時代の「たつ」は、高貴なうつくしいものです。

    「龍」では、あり得ません。 まったく、意味が異なっています。

   ヲシテ時代の美しい「たつ」を、

        「龍」に当てはめてしまうのは、大きな大きな誤訳ですね。

この意味で、

決して、決して、ダメなのです。  単純直訳は。

現代語の言葉に直訳、それも時代照合も無視して、

  そのような事では…、

      そうしますると、大間違いになります。

  縄文時代の物語りに、江戸時代の言葉の概念を当てはめたら、

           奇妙奇天烈、。

このような大間違い族は、馬脚が現れるのですね、

かれらは、「秀真伝」とよく表記してます。

それで、判明します。   怪しげかどうか?

それらを、ちゃんとしたヲシテ文献、シッカリしたものと、

馬脚の、時代錯誤の誤訳の連中を、区別するために、

単純当て嵌めの現代語直訳は、つまり、「秀真伝(誤訳の貶め族)」と呼んでいます。 聞くのも汚(けが)らわしい「しゅう しん でん」族です。 気持ち悪いです。

それは、時代を錯誤させて縄文文明を再度抹殺抹消しようと、する、

不逞の輩に陥るものです。

       ・

かれらは、

良い事をしようと思って、  か?

かえって悪い事をしていると言う、

「ちょっとした親切、大きな迷惑」の人達ですね。

お願いします。

はっきりと、区別して下さいませ。

    ・     ・     ・

簡単な、見分け方は、

ヲシテ時代の人名を、漢字表記している。 → 「秀真伝(しゅうしんでん)」 

                           大きな迷惑族 ↑  

       ・    ・

ヲシテ時代の人名は、カタカナ表記している。→「ヲシテ文献」

                         まとも ↑

      ∞    ∞    ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の

人名を漢字表記してるので、スグ分かります。

 誤訳 創作性 偽書です。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 誤訳 創作性 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2008年11月17日 (月)

踏ん張りどき

立派な人の人の出現で、

気持ちがたわやかに、なったのでしょうか?

昨夕は、

NHKの‘篤姫’を、ゆっくり拝見しました。

その時に、

全くもって、相似的な雰囲気を感じました。

いまと。

        ・

時の、

大きな雪崩のような、変革の時期とは、

あるものですね。

竜馬がどうとらえるか?

そして、時代が?

この時期の変革をですね。

        ・

グリーンスパンの、100年ぶりよりも、

どう見ても、桁の違う事ではないかと思います。

どうやるか?  ですね。

これが、余りにも、大きすぎるので見えにくいのです。視野に。

わたくしは、近眼がとっても酷いので、

ちょっと、

見え方が違います。

小さな変革の、その事、事々は、

お任せ下さい。

      

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の

人名を漢字表記してるので、スグ分かります。

 誤訳 創作性 偽書です。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 誤訳 創作性 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2008年11月16日 (日)

組み形のこと、肩のかたちのこと

今は、忙しくてとても、レッスンに行けませんが、

ダンスを習っていました。

と言いますと、

あ、それで、その服装感覚ですね。 と、納得されることが、

このところ、何回かありました。

つまり、変に思われていたわけですね。

自分では、そんなに派手ではないと思っているのですが、

そう云う風には、取られてないようでした。

        ・

でも、

イージー・オーダーばっかりですから、決して費用は地味です。

無い袖は振れないわけですから、ね。

おそらく、高級既製服の5分の1程度だと思います。

つまり、ふつーの値段。

        ・

アマテルカミの、その当時の美しい雰囲気のあの衣服に、

その感覚に、

少しでも近づきたい。  との、思いがあるだけです。

さみしい懐具合の許容範囲において…。

    ・       ・

ダンスでは、普通、あまり知られていませんが、

ホールド(組み形)がとっても大切です。

上級の先生に、

案外な事に、

大きなホールドだと、おおよそ、褒めてもらっていました。

身長の高い、手が長い、その要素でホールドの大きさが決まるわけではないそうです。

「人によって、これは違う」

と、

おっしゃるわけです。

背丈のそれほど高くないわたくしが、変に長身の人よりよっぽどホールドが大きいと言われます。踊りやすいということですね。  ひろいというわけです、 か。

でも、直す個所は、いっぱい山ほどあるわけでして、

ひとくさり、頑張ってねの、リップ サービスだったようでもあります、かもね。

何より、修正・直しは大変です。

あれこれあれこれ、どうのこうの。

痣が出来るほどの特訓ですね。(もう、痣は、今ではもちろん消えました)

「そんなに絞っていませんよ」

他の先生に、私のダラダラ汗、(あまりものびっしょり汗でのシャツが、目に余りますものね)

たらたらのことを、言い訳までして下さっての、

特訓です。

もっとも、力を入れて直してもらったのが、肩から一の腕にかけてのラインでした。

肩の雰囲気・形はとっても重要なポイントであるようです。

このことは、

まったく偶然にも、昔、お茶の師匠にも強く注意を受けていて、

思うようには、直せ得ていなかったのです。

ヘー!  と、思ったことでした。

言われたことを、100%出来ていたら…、

と、思いますです。  はい。

       ・ 

教えてもらった事を、

ちゃんとやる。

これが、物事の基本だ。

とは、

日本画の先生に教えてもらった要諦です。

これぞ、一流の最低限。

基本のそのなかでも、基本中の基本ですね。

でも、 肩の線のことは、難しいです。 いまにやっと、見えて来つつあるような…。

「肩」の雰囲気・ラインと言うモノは、結構、かなめであるようです。

これは、 「肩」のことは、

「コシ(腰)」に次いでの、事項でしょうね。

    ・      ・

若い頃には、何か、お稽古ごとをしてみるのも、

後々の時期において、力を発揮するタネともなるような、

結構有意義なことであるかと、思うこの頃です。

       ・

基礎の、

土台になる教養は、なんか知らわけのわからない事が多いものだと思います。

それが、いつの日にか、光を大きく放つコアになるかも知れません。

有効なる仕入れの時は、あたまの柔軟な時だけだと思います。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の

人名を漢字表記してるので、スグ分かります。

 誤訳 創作性 偽書です。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 誤訳 創作性 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2008年11月15日 (土)

つまらないことですが、電話は、あまり好きでない、事情につきまして。

女房は、気のいい人間で、頼まれるとイヤとは言えない性格のようです。

それで、

大学時代の同級生がカウンセリングか、ほとんど、

追い掛けのように、電話をかけて来ます。

         ・

あんまりひどいので、NTTを解除しました。

そしたら、他の電話に、今度は来るのですね。

公衆電話からのダイヤルですから、排除しようがありませんね。

わたくしが出ると、ほとんどの場合、無言なのですね。

でも、誰が掛けているかはバレバレです。

一生懸命何かかにかと、考え事をしていて、

リンリンで、

電話に出ると、無言…。

つかれますね。

今日は、珍しく彼女は名乗りましたので  「大事なご用件でしょうか?」

と、聞いてみました。

前にも、何回か訊いている事でしたが。

女房も、

「みつるさんが、出てくれて丁度いい(助かる)」と、云う事です。

         ・

電話で、対応がどうもツッケンドンだ、 と思われることにつきまして、

このような、家内事情が原因しておりますことを、

どうか、お察し下さいますよう、お願い申し上げます。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の

人名を漢字表記してるので、スグ分かります。

 誤訳 創作性 偽書です。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 誤訳 創作性 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2008年11月13日 (木)

せめて、100年の機運を考えましょうね。

これまでの、10年余り、酷(ひど)過ぎた段階からは、少しくはマシになった感じでしょうか?

        ・

たとえば、

骨董の世界では、

「ハタ・シ」と言うカテゴリーがあるそうです。

仕入れ果たしの仕出し屋さんですかね。 地方を回って掘り出しイチバで売り果たすのですね。

それは、いわば、日雇い稼ぎの感じでしょうか?

日々が勝負ですね。

勝もあり、負けるもありです。

   ・   ・   ・

その世界からやっと、こせ、

抜け出た段階でしょうかね。 このトンネルは長いことでしたですよね。

何とか、

長期展望に立った仕事についての着手をどうするか?

その段階に漸くの事に来ったのでしょうかね。

マスコミの人も、

おおよそ、一目は置いて呉れるようでしょうか?

おおよそ、これはOKのようでした。

満足でしょうね。

       ・

ごちゃごちゃ疲れることが多いです。

きょうは、これで、のんびりと、させて戴きましょう。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の

人名を漢字表記してるので、スグ分かります。

 誤訳 創作性 偽書です。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 誤訳 創作性 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2008年11月 8日 (土)

久石 譲 さんのNHK特番のこと(宮崎駿作品の、音楽家)

たまたま、久石さんのNHKの特別番組を見ました。

感動しました。

久石 譲さんは、宮崎駿さんのアニメ映画の音楽を担っている、

達人です。

宮崎作品の、その音楽の良さは、前から気にはなっていました。

その、アニメもそうですが、音楽についても精緻さが極めて高いのですね。

       ・

見習わなくてはなりませんと、

深く思いましたところです。

    ・    ・

わたくしなど、は、

解明の作業に、ここを、どうしても主力を使い果たして来ていますと、

もともと、大した能力がないわけですから、

どうしても、

提示に関わる親切さ、緻密さに力(ちから)果てている場合が多いわけです。

でも、もうひと踏ん張りですね。

宮崎監督や、久石 譲さんのやり方を見ていて、勉強になりました。

なんでも、勉強は死ぬまで続きます、ようです。

      ・

精緻さは、 感動を呼びますね!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の

人名を漢字表記してるので、スグ分かります。

 誤訳 創作性 偽書です。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 誤訳 創作性 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

2008年11月 7日 (金)

記紀の原書、ヲシテ文献と出会ってどうするか?

われわれの、進み行くべきミチは、結構大変なようです。

ちゃんと取り組もうと、そうしますと、

Gumi_

                <グミの、み>

従来のオカルト的な「秀真伝」に染まった人たちが、

邪魔をします。足を引っ張る邪魔です。

時代錯誤の「言霊」にひっかけようとするような、

ヲシテも満足に読めないような人達ですね。

  (ヲシテ文献には、「ことだま」の出典用例はありません。

      皆無です。

      「言霊」の言葉は、奈良時代以降のものです。

       『万葉集』に3例の初出があります)

異体文字の区別と、写本の伝来の来歴ぐらいは、

最低限度の常識として、理解してもらうのが必要ですよね。

「ヲシテ」に取り組もうと、するなら…。

         ・

また、

従来に、漢字文献時代からの枠組みで、

保護されて来ている人たちもいます。

いわば、抵抗勢力と言っても良いかも知れませんね。

そのうちには、

つき崩れて行くのでしょうね。 真実の前には。

         ・

そこの合間を、縫ってでも進めて行くわけですね。

大変ですが、進めて行かねばしょうがありませんよね。

     ・         ・

「縄文文字ヲシテA」のダウンロードを、認可制にしましてから、

ぼちぼち、申し込みが来始めました。

今日の、「認可通知書」の発送は、2件目です。

大切な「ヲシテ」を、おもちゃにされないための、

予防手段です。 どうぞ、ご理解と、ご支援のほどを、

お願い申し上げます。

        ・

この、ブログを書き始めて2年余になりました。

びっくりするほどに、状況は変わりました。

「うのはな」のことを、言えるようにもなって来ました。

とにかく、地道に間違い無きように進みたいです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の

人名を漢字表記してるので、スグ分かります。

 誤訳 創作性 偽書です。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 誤訳 創作性 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年11月 1日 (土)

間引き菜の事、基本の食べ物。

田舎暮らしなので…。

と、思っていましたら、 ここにも、こんな僻地にも、へんてこりんな風潮は及んで来ているようです。

と、言いましても、大したことではありませんが… 。

       ・

今朝、近所の農協イチ(市場)のようなところで、山盛りの野菜の中に、人参の間引き菜もかごに入れて、レジに並んでいました。 

ニンジンの間引き菜は、わたくしの、好物の大御馳走です。

おそらく、大事そうに抱えていたように、映ったのかもしれません。

ボヤーと、していましたら、

うしろの、お若そうな美人の(田舎でのことです)人が、

聞くのでした。

「それは、どうやって食べるのですか?

え?

そういえば、 前にも、何回かここでも同様の事を聞かれた事を思い出しました。お料理伝習家でしょうかね? わたくしは。

「炒め煮にすると、とっても美味しいのですよ」

答えるにも、複雑な思いですね。 簡単、身体に良い料理の基本です、間引き菜は。

それも、人参葉はとびっきりの最上級ですね。 香り良しです。

とっても、お馳走です。 

    ・   ・   ・

こんな処から、

再建してゆかないといけないか?  と、思います事、でした。

為し行くべきこと、為し行かないといけないことは、あまたですね。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。 誤訳 創作性 偽書です。

  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 誤訳 創作性 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »