2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月27日 (水)

本のアウトレット?

神田の小川町から、

本のアウトレットのカタログが届きました。

時代の変化は凄まじいものですね。

新刊書が、3分の一の値段でのたたき売りです。   10円本よりは、マシですが…。

       ・

そこのリストを見ていましたら、

並んでいる本の傾向に何かしらの、指向性があるように思えて来ました。

つまりは、一般教養書のようなものがズラッと、並んでいるようなのですね。

それは、大体ネットで見て済ましているような、

関係の事ごとです。

       ・

読者にとって、

この本はどうしても身近に置いておかないと困る。

と、いった類(たぐい)のものは、

そこにはありませんようでした、  ほとんど。

そう云う差なのでしょうかね。

いつになっても、本としての価値があるのは、なにか?

と、 思います。

そう云えば、

「ヲシテ関係の本は、やっぱり出る(売れる)のですね」

と、

この間も、出版社の人が言っていました。

         ・

心血を注いで、編まれた、書籍。

今後50年間以上は価値の減衰がない、書籍

と、 認識されましたならば、

そのような、書籍は、やはり評価されるのでしょうかね。

     ∞   ∞   ∞

流行の最先端を、

ネットよりも早く的確に、纏めたものは、価値が高いと思います。

また、ネットでは、

とても、載せきれなくて、また、信頼性において、

充分に期待に添えるものも、価値が高いでしょう。

おおよそ、

その二極のモノに、書籍は収斂していくのかと思います。

        ・

書籍の出版は、費用もかかり、

手間暇もかかり、大変なものです。

でも、今の現状においては信頼性のことで、

その右に出るものはありませんようです。

大変でもやっておかなくては、

前に進めない、ようです。  

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年8月21日 (木)

「日本」の良さを、見直すこと

良さ、

それが、縄文日本にあった。

Photo

その、発見と、

   そこに対しての大きな感動が、あってのこと。

これが大事だと思います。

     ー お題詠みのウタです ー

                お題は、「秋の田」。

             冷泉家の歌会です。    

Photo

このことからしまして、  

国史の認識に対して、根底が変わることを、

覚悟してもらう必要があります。

     ・

ここが、

矢張り難しいのですが、

記紀を、ほんとうに捨て去る覚悟が必要になるわけですね。

    (『日本書紀』は12代景行天皇の57年から前は国史から除去、もちろん、『古事記』は国史としては認めません)

これが現状のままの、

ゆっくりしたペースで、たとえ変化なしののんびりにでも、

進むものは、一歩一歩でも着実に少しずつでも進むのですから、

前進は続いて行きます。 ちょっとずつが、ずーっと続きますと、

それは、万里の長城ではありませんが、棚引いて来ます。

そして、

1000年単位での、意識改革は、

やはり、ずーっと進んで行く事でしょう。

        ・

速くなった時の、意識改革のペースは、

1000年単位よりは、桁が少なくなる事でしょう、 ね。

云えます事は、

進んで行く事の、その方向性には、少しも変化はない事だ、と、云う事でしょう。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年8月17日 (日)

記紀の原書、ヲシテ文献の、その位置とは?

良くある思い違いは、

「記紀の原書が発見されたのだったら、

すぐに、古代日本文明が解明されるはずだ」

という、思い間違いです。

簡単に解るはずがないのです。

何千年も、ほとんど手つかずで、

放置されていたのですよ。 ヲシテ文献は。

『日本書紀』を、じっくりと原文で読んだこともない人が、

ヲシテ文献に挑んでも、歯が立ちませんよね。

せいぜい、「秀真伝」の誤訳の渦の中に落ち込んで行くだけです。

          ・

時代の変化があったことに対する、

縄文時代~弥生時代~古墳時代~漢字時代、

この時代経過と、ヲシテ時代の位置の掌握がなされる事が、

何よりも、前提ですね。

江戸時代の神道説に、紛れては、これはインチキに堕落です。 ヲシテ時代は、古墳時代の初めの頃までですから…。

まったくの、時代錯誤です。

江戸時代なんて、西暦で1600年からですよ。1000年以上もの時代錯誤のズレです。 ズレと、云うよりも、お笑いですね。

お笑い草です。

         ・

「秀真伝」の迷路に、迷い込まない、

と、する為の秘訣があります。

 それは、

漢字由来の語彙を、徹底的に排除することです。

漢字を、すべて除去し尽くして下さい。

なぜならば、 漢字は外国語で、渡来時代も新しすぎるからです。 ヲシテ時代に比べれば…。

 

 

 

 

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年8月16日 (土)

「きさりもち」?  のこと。

ヲシテ文献で、少しは、

解り易くは、なったのです。

漢字以前の時代の「日本」の、高度文明社会の姿が。

でも、出典例の少ない語彙は、

矢張り難しい。

そして、 難解語彙は、たくさん有って、それで、大変です。

例えば、「きさりもち」のこと、

これも、難解です。  漢字文献では、さっぱり皆目意味不明ですが、

ヲシテ文献の、用例の出現によって、

ほんの少しだけ、黎明の燭光が射して来たのです。

で、

「どんな意味?」

と、

訊かれても困ってしまうのです。

やっぱり、難解です。

でも、

    ・

「意味不明(漢字文献での)よりは、若干の解明の進展は出来そうです」

と云った塩梅です。

過度な、期待はなさらないで下さい。

無理な、過度な、期待。

それが、得てして「秀真伝」を生じさせる、

原因になっているのです。

難しいものは、 やっぱり、難解で難しい。

この事こそが、当たり前です。

変に、簡単即答の回答があることは、

それは、変です。

『古事類苑』でみても、「きさりもち」は、記紀の他に、しっかりした典拠がないのです。

簡単に解るはずないです。

  甘い話には、罠があるのですよね。

罠に落ちないで下さいませ。

   インチキ・騙りの輩は、たくさんに居て、狙っているようです。

特に、変な出版社には、ご注意下さい。

くわばら・くわばら…

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年8月15日 (金)

富永仲基の『出定後語』の自序のこと

富永仲基は、私のとっても尊敬している人です。

著書の『出定後語』の自序文は、 (しゅつ じょう  こう ご   じょ)

彼の、面目躍如です。 彼は、自分の事を「基」

と自称しています。

Photo_2

                     <隆文館版、1982>

どう伝えるか?

『この説を持っている事、10年程にもなるが、

誰に話しても人々はさっぱり解らない。

  …  中略  …

自分の体は病が進んで来ている、ため。

これを伝えて、他人の役に立つようにする事が出来ない。

  …  中略  …

わたくしが死んでも無意味とならないのではないか。(不朽)

  …  中略  …

すなわち、後世の学者が手分けして探究し、

この、自分の説を、補足することを望む。

富永仲基は、この『出定後語』の出版の後

数年で32歳程で、亡くなってしまわれたことを、

Hotarufukuro

悲しくは思いますが。

その、命の炎は十分な燃焼をし尽くしたと、

推察します。

ちなみに、

延享元年は、西暦の1744に当たります。

富永仲基さんの、発明は、「加上」の原理の発見にありますが、

その、心の発露(何故に為し行かねばならないか?)の根底が、

「善」にあること、このことを見据えた事です。

つまり、ある意味におきまして「トのヲシテ」と同一性が認められるのです。

それで、わたくしは、特段に富永仲基を尊敬しております。

参考→本居宣長

     加上と善

     楽律考 

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年8月10日 (日)

重圧のこと 

日経新聞で、なるほど、と思う記事に出会いました。

8月10日24面の「遠みち近みち」(森一夫さん)の記事です。

旧カネボウの中嶋章義さんの、思いを綴ったものでした。

重圧のこと、は、ヲシテ文献のついて、

正面からまともに取り組んできますと、

まったく同様の思いがします。

スタンスに間違いがあってはならない。

時間的にも、ゆっくりもしていられない。

などなど、 思い始めるとキリがありません。

            ・

この現代の、この状況に鑑みまして、

やはり、進めて行くしかないわけです。

重圧の、その圧力からの解放は、なかなか来そうにもありませんが。

  

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年8月 9日 (土)

残暑の、お見舞いを申し上げます。

今年の夏も、そろそろ終わりのようです。

ヲシテの時代の「こよみ(季節感覚)」では、

ア フミ(アキのフミツキ・7月)に入っています。

それで、残暑ですね。

Karasuuri_2

もう、カラスウリの花が、咲いて来ています。

忙しくて、あっという間でした。あれこれ、ご無沙汰してしまいました。

ここに、お詫びかたがた、

残暑のお見舞いを申し上げます。

お暑い中、お疲れなどにご注意なされて下さいますよう、

お祈り申し上げます。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年8月 5日 (火)

オチャラケとは、違うのですね。 ヲシテの尊さ。

何をしようとしているのか?

私たちは?

0100_2

ヲシテ文献においての、

その、大きな目的のこと。

ヲシテ文献の真実性に、その、高度さ・精緻さに気が付きましたら、

これは、大きな感動ですね。

これは、既に、打ち消えて消されてゆくような、ヤワなものでは、

最早あり得ませんものね。 大きな感動です。

しかるべく、

ちゃんとして行かなくてはならない、と、覚悟がハラに据わります。

0100_3

それには、

先ずは、「秀真伝」の誤訳・偽書製造についての、

全面否定をしなくては、なりません。

0100_4

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年8月 4日 (月)

秋の田、のこと、間違い修正

「秋の田」の言葉は、

『万葉集』にも、結構いくつかの用例がありました。

調べミスでした。 申し訳ありません。

Na

単純ミスでした。

取りあえず、お詫びかたがた、ご報告まで。

Photo

                   ・

0100

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »