2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ヲシテは、どうやっても、難しいが…、古典に対する正しい姿勢でもってすれば、、それほど難しい訳ではないのです。 | トップページ | 簡単に…  ?。 »

2008年7月 4日 (金)

世の中は、知らない事だらけですね

パソコンの、講習会で上阪しましたら、

たまたま、目にしました。

Hi390148

あの、頼山陽の誕生の土地だそうでした。

幕末に近い、時代に、

色々な影響を世の中に及ぼした人ですね。

誕生の安永9年は、

奇しくも、

フ泉さんの、『春日山紀』の出版の年次とほぼ同じに、

当たっています。

フ泉さんの、『春日山紀』の出版元は、

大坂の出版社でした。 でも、やっぱり、擦れ違いですね。

頼山陽は、残念ながら、フ泉さんの『春日山紀』は見聞した事はなかったようです。

どうでも、部数を多く頒布しようとしますと、

内容は、どうにも、一般受けを狙う事が必然となってしまいます。  低俗・ペラペラに…。

でも、

私たちの、真実の歴史ですから、面白おかしいだけに、

特化してしまうのは、間違いだと思います。

将来にとって、より良きために、こそ、

本来は、 此の為にこそ、

歴史の探求の目的がある。

と、

する、

大きな目的意識が、あれば…。

で、こそ、  であるはずです。

ここに、その、

存在意義について、胸を張れると思うのです。

          ・

面白おかしいだけに…、   だけの、「秀真伝(誤訳のインチキ)」では、

逆に、将来を暗くするばかりです。

  

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« ヲシテは、どうやっても、難しいが…、古典に対する正しい姿勢でもってすれば、、それほど難しい訳ではないのです。 | トップページ | 簡単に…  ?。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヲシテは、どうやっても、難しいが…、古典に対する正しい姿勢でもってすれば、、それほど難しい訳ではないのです。 | トップページ | 簡単に…  ?。 »