2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 信用の、その大切さ | トップページ | 世の中は、知らない事だらけですね »

2008年7月 1日 (火)

ヲシテは、どうやっても、難しいが…、古典に対する正しい姿勢でもってすれば、、それほど難しい訳ではないのです。

ヲシテの難しさは、

どうも、常識外れでしょうね。

でも、結局は、古典について正道を歩もうと、する。

その手間を、省こうとするから、

此処に、問題が起こっているだけなのです。

                /

「ヲシテで、ちゃんと原文を読んで下さいね。」

と、

このように、叫び続けて来たのが、わたくしです。

今でも、

やっぱり同じです。

「ヲシテで、ちゃんと原文を読んで下さいね。」

です。

漢字由来語は、時代が遥かに、ヲシテ時代から降(くだ)っているので、

ヲシテ文献の読解には、漢字由来語は除去して下さい。

と、云う事を、意味してもいるわけです。

        ・

漢字の壁を、

破った人は、

今のところ、

全国にも、

五指に数えられるかどうかだと、

そのようなところか?

と思っています、この頃です。

勿論、

現在まで、幾つもの書籍が出版されていますが、

そのことごとくは、ダメです。 (私と、松本善之助先生のものを除いて)  結局のところ、漢字の壁を破る事が出来ていない「秀真伝」の偽書のものばかりです。 すべてがすべて、「秀真伝」の偽書のものばかりです。

漢字の壁を、突き破る手段は、

ヲシテで、読み込むしかないと思います。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« 信用の、その大切さ | トップページ | 世の中は、知らない事だらけですね »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 信用の、その大切さ | トップページ | 世の中は、知らない事だらけですね »