2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月26日 (土)

偽書の製造過程、貶め族にはご用心なさってください

漢字の壁のことは、

なかなか見えにくいものだと思います。

かつて、飛行機では音速の壁の事がありました。

音速近くにスピードが達して来ますと、

機体にはガタガタと、異常な振動が発生して来るのだったそうです。

それで、

誰もが恐ろしくって、なおも、スピードを上げようとは、

決断に至ることは、

それは、

随分と年月が必要であったようです。

         ・

ヲシテ文献は、

「記紀」との原字原文での対比によって、

あきらかに、漢字文献以前に、ヲシテ文献の存在が認められる。

と言う。

厳密な根拠を確認できたものです。これは、『定本ホツマツタヱ』で、公開しています。

        ・

この、

厳密な確認作業を経る、その以前のゴチャゴチャの段階が「秀真伝」ですね。これは、偽書です。

「音速」の壁を、破り得ていない状態です。

これでは、一切合財、意味を為し得ませんね。  歴史的な時間の前後関係が、無視されていますのです。 これは、どう見ても、ゴミです。

つまり、

漢字以前の時代の、事ごとについて、

へんてこな当て漢字を、コピーペーストすることになるわけです。100%の確率と言えましょう。それは、完璧な偽書になるのですね。「秀真伝」ですね。見るも、無残なけがらわしいゴミです。

ここが、

音速の壁での、大きな異常振動にビビってしまう、

状況に、そっくり良く似ています。

漢字由来の語彙は、あくまでも、「外国語」なのです。

これを、徹底的に排除し尽くして、初めて、本来の「日本」なのです。

だって、外国語は、渡来語ですね。 よその国の言葉です。

本来の、 縄文土器の精緻さにも見て取れますように、

縄文日本の文明は、とっても、光り輝いています。

今、

パソコンの、高度な情報処理の能力を駆使する事が出来て、

その、

縄文文明の光が現代風にも見えて来つつあります。

これ程までにも!  なのです。  

   それは、  キラメク宝石のようです!

「やまと ことは」(本来の縄文時代からの日本語)は、本当に素晴らしかったのだ!

この、

感動を、

やっぱり、お伝えしたいと、強く思っています。

これが、

クニの、根本なのですね。 「ことは(言葉)」にこそ、アイデンティティの拠り所があり、 と、すべきなのでしょう。

    ∞    ∞    ∞

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年7月22日 (火)

「ひかり」、の、その元来は何であるのか?

ヲシテを、縄文日本の、その文明の発生にまで、

遡及しようとして、 何十年にもなりますが、

ヲシテの、事は、どれ程の最先端であったのか?

今現在の、文化・文明をもってしてもなのですね。

この事が、

ヲシテに、ジックリと真正面から取り組んでいないと、

見えて来ない事象なのですね。

        ・

ヲシテの生成に、その源流にまで遡りますと、

「ひかり」と、重力のような「ちから」とが、

大きく強く関与しているような原理が解ってまいります。

        ・

詳細については、

まさに、いま現在追及解明中なのですね。

説明の前段階にも、至っていないのです。

ですが、

大きな、この事は、発見なのですね。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いです。 偽書ですね、気持ち悪いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年7月16日 (水)

横浜で?  「とり たすき」

「とり たすき」の、意匠は精緻であると思います。

ここ数日間、横浜でした。

さて、

たまたま、

昼の合間にシルク・ミュージアムで、

「とり たすき」の、綺麗な書物を見ました。

精緻です。  うつくしい、です。  いいですね。

当時の、高度なデザインですね。 ヲシテ時代ですね。

今、 まったく何も、無しの白紙だったとして、そこから創造的に、

創造製作が可能なのか? これ程の「とりたすき」の高度文様を? 

   と、  思ってしまいました。

もちろん購入して来ました。 キヌの、光沢の良く再現できた、

写真です。 相当な、苦労がしのばれます。

もって、ジネンのメイ(自念の銘)にと、思います。

『北村哲郎 染色シリーズ1 日本の文様』(源流社)

      ∞     ∞     ∞

さて、

問題なのですが、

その後の、平安時代などに代表される、後世の時代の意匠については、

どうも、

レベルが数段でしょうか? 低下をきたして来ているのではないか?

と、

常、常、思っておりましたので御座います。

渡来ものの、コピー・ペースト的なものが多くなったりして来ます。

また、創造的なものでは、即物的な傾向に傾いて来て、

つまらなくなり、

それを、脱するのは、

室町時代あたりにまで、降(くだ)ってしまう…。

そんな雰囲気かと。

       ・

みなさなには、如何お感じになられておいででしょうか?

   …  。

    思いますに、

どうも、ヲシテ時代の終焉あたりの時期から、低下し続けているのではないか?

その、  低落傾向は、非常に長くて2000年近くにも続いて来ている。

そ、

そんなように、思えて仕方ありません。

   考えてみますると、非常に残念なことであります。

さて、

  「とり たすき」は、

そもそも、高度なる幾何学文様であるものや、

花の意匠に、

さらに、

さらに、もっと、

もっと、雰囲気のある、鳥(みやことり)の姿の高度なデフォルメの意匠をマッチさせた、

ものです。

これは、

10代アマカミの、ニニキネさんの事例に、

典拠がヲシテ文献にあります。 24アヤですね。

どう考えて、下さりますか?   現代、デザインの、その力量についてですね。

本当に、   ? 。

    本当に、 

     ですよね 現在のデザインに比して、さらにも高度な意匠であるような、

そんな風に、思えて来ても、

わたくしには、

左程、変な風には、

これが、間違いではないようにも思えるのです。

つまり、

  「オシテ時代のほうが、優れたデザインの意匠がある」  ! 。 と、  このように、考えて、おりまして、如何でしょうか?

これは、

わたくしの、 思い間違いでしょうか?

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年7月15日 (火)

学び始めの初期のころの、よくある、思い違い

始めのころに、

よくある話、なのです。

「どういうように、覚えたらよいですか?

      ・

そういわれても、困ってしまう次第です。

『ホツマ辞典』でも、最初に述べておりました通り、

まさに、今現在は、ヲシテ学の創生期にさし当てっております。

正確な、答え・解答は、なかなか公論の承認に至ることも、

まだまだ、これからのことなのです。

そのために、『ホツマ辞典』では、各語彙の出典箇所の表記に重点を置いたのでした。

つまり、今から、なのですよ。 各、詳細解答は。

そのための、一準備に、役立ててください。

と、いった意味合いでの、『ホツマ辞典』の出版の意図がありましたのでした。

振り返って見ましたら、 

もう、

初版の出版から、おおよそ、10年弱にもなりましたか。

今考え省みてみますと、当初の出版の目的は、一応クリアーできているかと、思います。

それで、そろそろ次回、増補・改定の準備にかかる必要があるのですが、

この、数年来の、急激なヲシテ研究の進展のことが、

加速度的に進んできている事実があります。

とても、

わたくし一人での、まとめを、短時間ですることは、

無理な状況になってしまっています。

『ホツマ辞典』の、在庫が無くなれば、

単純に増し刷りを、するしかしようがありませんね。

今回は。

          ・

先進・最先端の研究事項は…、

ここについて、知り得たい、 どうしても知りたい、

と、云う事でありましたら、

相当に、基礎学力を積み重ねて来てこられて、

はじめて、理解が出来ようか、どうか? と、いった、

相当なレベルにあります。

しっかりと、基礎学力をお付け下さって、

どうぞ、研究の最先端に、

ご参画される人が、出現なさいますことを、祈念いたしております。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年7月12日 (土)

お解り頂いて、嬉しいです。

この頃、段々と、お解りの人が、

増えて来て下さって…。

Kahakamino

          ・

先日、『フトマニ』の解り易い、解説書はないか?

と、何回か、お問い合わせの人がありました。

それには、

ヲシテの読み書きが、第一に必習です。

次に、ヲシテ文献の他の文章を3回ぐらいは、

ヲシテの原字原文での素読をして下さい。

これが、最低限の、『フトマニ』理解への、

基礎のヲシテ学力になります。

       ∞      ∞

このように、伝えましたら、

早速に、 そのように致します。

「少しでも、理解できるのを楽しみにして 努力してみます。

漢字以前の日本の姿に触れ得る事を 大へん嬉しく思っております。 

先ずは 御礼まで。」

と、

返書が来ました。

         ・

どうしても、

ヲシテの基礎学力を付けるためには、

数年間程度は必要になるかも知れません。

ですが、

その、

基礎の礎(いしずえ)を、

培(つちか)うことが、どれほど大切か!

「秀真伝(漢字直訳の、偽書製作者・偽書捏造家)」に陥って行った、

多くの哀(あわ)れな人を、これまで、あまた見て来た、私からの、

たった一つの、進言です。

Makaritama_4

          <女房の、陶器です>

       ∝  ∝

「か は かみの

あまねく てらす

も は しもの

あおひとくさお

てらさんと」

は、『ホツマツタヱ』38アヤ54ページに、典拠があります。

これが、

あの辺にあったかな?

と、

ピーンと、来るようになって、

(その、根底の意味合いは、24アヤ全般と、

26アヤの27ページのあたりから、にある事も…)

はじめて、『フトマニ』の、詳細な意味合いが、

解って来るのです。

その辺まで、

ヲシテの学力を、お付け下さい。

必要不可欠の条件です。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。

「秀真伝(しゅうしん でん)」は、ヲシテ時代の人名を

漢字表記してるので、スグ分かります。  お間違えなく!

せっかく見つけた、漢字以前の高度な縄文日本の文明、

なのに、外国文化の色眼鏡で貶めて見ようとする、構造的な間違いですね。

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年7月 8日 (火)

簡単に…  ?。

いつも、そうなんです。

「簡単に解り易いものは、ありませんか?」

そのように、訊かれます。

その、ご要望には応えたいと、

常々、思っています。

      ・

ですが、

ヲシテの、この、

縄文日本の世界は、

思いの外に大きいのですね。 やさしく、解説しようとしましても、思うようには、行きかねてます。

簡単には、

やっぱり難しいのですね。

とくに、『フトマニ』のように、高度な世界については、

殊に難しいです。

ここには、つまり、 最小限度、どうしても必要なヲシテの基礎の学力の理解常識としまして、

他の、ヲシテ文献のおおよそについて、

その、全般的な全方位的な理解がないと、

いま、わたくしが、解説しようとしましても、話のしようも有りません。

つまり、伝えようとしましても、

ヲシテ時代においての、その、

歴史が、お解りいただいていない、

のでは、

ご説明に、及ぶ。

その、準備段階も出来ていないのです。

兎も角も、ヲシテ文献について、

少なくとも、原字のヲシテで、3回ぐらいは、

通読して下さいませ。

その上で、ありましたら、

何とか、ご説明のことも、実効性があるかと思います。

何にしましても、高度なヲシテ文献の世界は、

素読が、ヲシテの原字原文での、キモです。

このことが、しっかりとなくては、

話にもなりません。安直・簡単(誤訳)な、現代文への直訳(誤訳文)は、

偽書を作るだけです。 あさはかです。  くだらない、ゴミですね。

ゴミのような、直訳文(誤訳)のものなどは、

破却してくださいね。

      ・

つまりは、

どうにも、ヲシテの原文で読んで頂かなくては、

まともな、レベルには到達不可能です。

この事だけは、

永遠の真実と、申して差し支えないでしょう。

これは、

40年近くにも及ぶ、わたくしの、判断です。

  どのように、考えましても、

幼稚園の子供たちに、向く理解レベルは、それはそれで、あるものです。こころなごまして、くれるものです。

その後に、

高校生・大学生・大学院生など、

高度なレベルに、マッチするべき、の、

そのような、クラスが、やっぱりあるのですよね。 

 

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年7月 4日 (金)

世の中は、知らない事だらけですね

パソコンの、講習会で上阪しましたら、

たまたま、目にしました。

Hi390148

あの、頼山陽の誕生の土地だそうでした。

幕末に近い、時代に、

色々な影響を世の中に及ぼした人ですね。

誕生の安永9年は、

奇しくも、

フ泉さんの、『春日山紀』の出版の年次とほぼ同じに、

当たっています。

フ泉さんの、『春日山紀』の出版元は、

大坂の出版社でした。 でも、やっぱり、擦れ違いですね。

頼山陽は、残念ながら、フ泉さんの『春日山紀』は見聞した事はなかったようです。

どうでも、部数を多く頒布しようとしますと、

内容は、どうにも、一般受けを狙う事が必然となってしまいます。  低俗・ペラペラに…。

でも、

私たちの、真実の歴史ですから、面白おかしいだけに、

特化してしまうのは、間違いだと思います。

将来にとって、より良きために、こそ、

本来は、 此の為にこそ、

歴史の探求の目的がある。

と、

する、

大きな目的意識が、あれば…。

で、こそ、  であるはずです。

ここに、その、

存在意義について、胸を張れると思うのです。

          ・

面白おかしいだけに…、   だけの、「秀真伝(誤訳のインチキ)」では、

逆に、将来を暗くするばかりです。

  

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

2008年7月 1日 (火)

ヲシテは、どうやっても、難しいが…、古典に対する正しい姿勢でもってすれば、、それほど難しい訳ではないのです。

ヲシテの難しさは、

どうも、常識外れでしょうね。

でも、結局は、古典について正道を歩もうと、する。

その手間を、省こうとするから、

此処に、問題が起こっているだけなのです。

                /

「ヲシテで、ちゃんと原文を読んで下さいね。」

と、

このように、叫び続けて来たのが、わたくしです。

今でも、

やっぱり同じです。

「ヲシテで、ちゃんと原文を読んで下さいね。」

です。

漢字由来語は、時代が遥かに、ヲシテ時代から降(くだ)っているので、

ヲシテ文献の読解には、漢字由来語は除去して下さい。

と、云う事を、意味してもいるわけです。

        ・

漢字の壁を、

破った人は、

今のところ、

全国にも、

五指に数えられるかどうかだと、

そのようなところか?

と思っています、この頃です。

勿論、

現在まで、幾つもの書籍が出版されていますが、

そのことごとくは、ダメです。 (私と、松本善之助先生のものを除いて)  結局のところ、漢字の壁を破る事が出来ていない「秀真伝」の偽書のものばかりです。 すべてがすべて、「秀真伝」の偽書のものばかりです。

漢字の壁を、突き破る手段は、

ヲシテで、読み込むしかないと思います。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »