2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« その日まで…  は。 | トップページ | ヲシテこそ、大事です。 »

2008年6月18日 (水)

困ったこと、「秀真伝(現代語への直訳・誤訳の、偽書製造家)」

かねて、松本善之助先生は、

よく語っておられました。

『注意して取り扱う必要がある』

ヲシテ文献の事ですね。

その通りだと思います。

ちゃらんぽらんな扱いをするから、

「秀真伝(現代語への直訳・誤訳の、偽書製造家)」

の、流布を招いてしまったのです。

       ・

「オカルト」や、「UFO」に棚を同じにして並べられる、

こんな屈辱は、

一体全体、誰が招いたのか?

その罪は、大きいと思います。

罪の大きさを、計ってみても良いですね。

何100クラに成りましょうか?

困った事です。

ほんとに困った事です。

「秀真伝(現代語への直訳・誤訳の偽書製造家)」

は。

「秀真伝」は「しゅうしん でん」と、呼んで下さいね。

それは、

ヲシテ文献とは、まったく異なるということを意味している訳ですね。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« その日まで…  は。 | トップページ | ヲシテこそ、大事です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« その日まで…  は。 | トップページ | ヲシテこそ、大事です。 »