2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 玉葱の薄皮の、一枚・一枚 | トップページ | 色々な形、真実を求める姿勢 »

2008年3月30日 (日)

「を(男性)」は左

 7代アマカミの、イサナギさんと、イサナミさんの、

「やひろのトノ」での廻られた時の事です。

初めは、「め(女性)」が左、「を(男性)」は右にと、

別れ廻ったのでした。  これは、うまく行きませんでした。

        ・

再度のやり直しで、「を(男性)」が左、「め(女性)」は右にと、

別れ廻ったのでした。  これで、うまく行きました。

        ・

何故なのでしょうか?

16-17(2817)に、

「        ひるはにうえに   (に、赤いこと)

 ひたのほり よるはしうえに   (し、白いこと)

 みぎくたり」  と、出典している文章があります。

「を」と、「め」には、軽重の差がありまして、

「を」は軽く、 「め」は重いのです。

この事に依るのでした。      

再度のやり直しで、「を(男性)」が左、「め(女性)」は右にと、

別れ廻って、うまく行きました、事の理由でした。

          ・

季節の位置への関係つけにおいて、

春は、左、東。

秋は、右、西。

この事も、同じ意味あいの上に立っています。

  

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

 

« 玉葱の薄皮の、一枚・一枚 | トップページ | 色々な形、真実を求める姿勢 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 玉葱の薄皮の、一枚・一枚 | トップページ | 色々な形、真実を求める姿勢 »