2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 偽書に陥れてしまう、入口のこと。 江戸時代語はオミットしましょう。 『新編・大言海』 | トップページ | 「しべ」のさくら、 桜花忌の事 »

2008年3月 7日 (金)

偽書との区別の事

「独り芝居をしたいのですが…」

と、問い合わせがありました。

Photo

何でも、「ホツマツタヱ」を題目に出したいというのです。

「はー、 そうですか。  それで、どんな構成で?」

と、訊きますと、

「ひとつめが、 -いろはにほへと- です」

「え?  時代が違いますよね」

「そうですか? その次に、-ほつまつたえ- です」

「んー? 」

ちょっと、困惑して悩んでしまいました。

問い合わせの人は、続けます。

「-ほつまつたえ- の次に、 -ひふみよいむなやこともちろ - です」

「はー?  それは、困りましたね。この企画は、時代をごちゃまぜです。  さらに、偽書とのごちゃまぜです。このことを、【秀真伝】といって、排除してゆこうとしています。このやり方は。 この企画は、やめて下さい。 私の、名前は出さないで下さい。   ヲシテ文献とは、『古事記』『日本書紀』の原書であるから尊いのです。それを、偽書といっしょくたに扱うのは、筋違いです。」

Cimg1343 

と言って、断わりを致しました。

           ・

以前にも、同じような事は何回も有りました。

小説の題材にしたい  、だ、とか。

紀行文のような本の題材にしたいので、  だ、とか。

色々ありましたが、

だいたい、「秀真伝」の偽書としてしか理解していないのです。 それらの、段階では「貶め族」です。  いつも、「やめて下さい!」  と、叫んでいます。

          ・

そもそもが、

他人に説明しようと、  そのように志すほどの人であれば、

元の原文で、元の原字で、 1~2回ぐらいは通読するのが当然のことだと思います。  それを、「誤訳」のインチキ本を見て、どうのこうのと、しようとするのは、どう見ても間違っています。  これだけは、わたくしが、断言しても、間違いにはならないと思っています。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

  

« 偽書に陥れてしまう、入口のこと。 江戸時代語はオミットしましょう。 『新編・大言海』 | トップページ | 「しべ」のさくら、 桜花忌の事 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偽書に陥れてしまう、入口のこと。 江戸時代語はオミットしましょう。 『新編・大言海』 | トップページ | 「しべ」のさくら、 桜花忌の事 »