2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« プラス・プラスの考え方 | トップページ | 「式内社顕彰会」という、ある意味で真面目な会のこと »

2008年2月 6日 (水)

くに、の たからのこと

国家の本当の宝である。   「ヲシテ」は。

この事に、  この言葉の本質に、

本当に気が付いたのであれば、

『本を贈ってください』 なんて?  それは、酷いよですよね!

そんな言葉が、出るわけもありません! そこそこの立派な立場の人の口から。

    その人の、体温は、 詰まる所、冷くて15℃か?   と、

そのように、

わたくしは、受け取ります。

だって、そうでしょう。

国家の「たから」と、認識

すれば、  「ただで、贈ってもらったら見ても良いです。」

   なんて、 ちょっとした立場の人の口に、出るはずのない言葉ですものね。

          ・

相手先の体温が、せめて、36.度に、温かなくなって縄文建国の本来のわが国の真実に思いが寄って来る時まで、

待ちましょう。

あせっては、

いやになることばかりです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

    

« プラス・プラスの考え方 | トップページ | 「式内社顕彰会」という、ある意味で真面目な会のこと »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« プラス・プラスの考え方 | トップページ | 「式内社顕彰会」という、ある意味で真面目な会のこと »