2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 疑問文の成り立ちにに知る、文法の違い | トップページ | 本当の「日本」を、求めて »

2008年2月21日 (木)

「ひんがしの のにかぎろひの…

今日は、満月です。

万葉時代の歌に 「ひんがしの  野にかぎろひの…」

「東 野炎 立所見而 反見爲者 月西渡」 (『万葉集』48番)

の和歌がありました。

Asayake

この時代も、動乱の時代でした。

東の日の出は…、

西の傾く月は…、

それぞれ、寓意を付加されてのこと。

これを思うのでした。

     ・

遠くに、秘めた寓意は、

タケヒト(カンヤマト イワワレヒコ・神武天皇)の、

ヤマトウチでのこと。

ナカクニでの混乱を、定め直す、事業です。

東は、タケヒト(カンヤマト イワワレヒコ・神武天皇)の事を指しますね。

西は、ホノアカリさんの系統の、ニギハヤヒさんを表しているわけです。

阿騎野の宿営地点でありましょう、大宇陀町の阿紀神社のところは、

その昔、タケヒト(カンヤマト イワワレヒコ・神武天皇)のヤマトウチの際に、「アマテル・トヨケ ふまつり」の29-41(7681~7683)が執り行われた処であると考えられるのでした。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

  

« 疑問文の成り立ちにに知る、文法の違い | トップページ | 本当の「日本」を、求めて »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 疑問文の成り立ちにに知る、文法の違い | トップページ | 本当の「日本」を、求めて »