2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近の記事

おすすめ

最近のコメント

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 標準のテキストのこと、 ヲシテ文字の文字形・その雰囲気について | トップページ | 「ひんがしの のにかぎろひの… »

2008年2月17日 (日)

疑問文の成り立ちにに知る、文法の違い

言葉の品詞の並びの順番が、きわめて大切なのが、

欧米語の文法です。

S+V+O+C

これが基本形です。

V+Sにしたら、たちまち疑問文になってしまいます。

言葉の品詞の並びの順番を間違えてしまっては、大変です!

このため、

何か、表現しようとしましたら、

先ず、表現内容の全体像をイメージします、

次に、文章の、言葉の品詞の順番を決める必要があります。

          ・

しかし、大きく違うのが、

我が国の、文法です。

終助詞の「か」を付けると、疑問文になります。

「か」は、伝統的な言い方で表現しますと、「て・に・お・は」の一種です。

国語では、文体の相の変化によって疑問文が形成されるのでした。

ですので、

何か表現しようとしましたら、

適当に言葉をくっ付けて行って、最後に疑問文にしようか?

と思った時に、「か」を、 付加しておけば、もう、

それで、立派な疑問文になります。

          ・

我が国の言葉は、「て・に・お・は」文法ですね。

欧米語の「言葉の品詞の並び順」文法とは、かなり、

文章の基本の構造自体が、違うのですね。

     ∞    ∞    ∞

浅野信先生が、嘆いておられました。

「文法やって何になる?」

と、 生徒に開き直られて、その答えに腐心なさっておられたのでした。 それで、国文法の解明に心血を注いでおられたのでした。

欧米語を操るには、言葉の品詞の区別など、

暗記モノの「文法」の役割が大きいので、

生徒たちも何か達成感を得ることが出来て、「勉強やった」

と、思うのでしょうかね。

        ・

「て・に・お・は」文法は、使いやすくて、

簡単便利なので、取扱説明書も必要ないと、

母国語人には思えるわけです。

ですから、

「文法やって何になる?」

の、思いが出るのでしょうね。

     ∞      ∞

ところが、

「て・に・お・は」文法を、欧米語を母国語とする人に説明しようとしたら、途端にしどろもどろになってしまいます。

それはそうですね、

文章の基本構造の成り立ちの

一から説明しないと解ってもらえませんからね。

でも、

「文法やって何になる?」

と、思って来ていた面々でしたら、説明のしようがありませんね。

ここを、

「ヲシテ文法」は解明できそうなわけでして、

ワクワクしております。  今後、2~3年のうちの事でしょうか?

参考、その1

参考、その2

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

  

« 標準のテキストのこと、 ヲシテ文字の文字形・その雰囲気について | トップページ | 「ひんがしの のにかぎろひの… »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 標準のテキストのこと、 ヲシテ文字の文字形・その雰囲気について | トップページ | 「ひんがしの のにかぎろひの… »