2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »

2007年12月 9日 (日)

国家の悲劇、民族の悲劇

今日は、ちょっと、

オカルトっぽい人の、来宅がありました。

      ・

他に遠来からおいで下さっていた、お方は、

ぎょっと、引いた雰囲気もありました。

でも、

30余年前、わたくしも、

ヲシテ文献に出会ってなかったとしましたら、

やっぱり、同様の逡巡の迷路に苦しんでいたように、

そのように思います。

      ・

 ちょっとだけ、

運が良かっただけ。  早い時期に、ヲシテ文献に出会えたこと。

また、

その出会った後、

ヲシテ文献にじっくりと、取り組んだだけ。

その、たった、

ちょっとしただけの、差異のあるなし。

ほんのちょっとしただけの事であるのではないでしょうか?

       ・

普通に生活していて、自分の国の成り立ちについて、

まともなことが、

一向に、知り得ない。

そのような状況が、

少なくとも、1000年以上にもわたって、年を重ねてきています。

このような、今、現在の時代においてもです。

このことを、

‘悲劇’といって、

間違いは無いものか?  と、思います。

悲しいことです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

    

    

    

« 2007年12月2日 - 2007年12月8日 | トップページ | 2007年12月16日 - 2007年12月22日 »