2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »

2007年7月16日 (月)

原初の‘日本’の、ことは(言葉)の尊さ

「誇り」と、言いますと、

変に警戒されてしまいそうな雰囲気があります。

でも、

良いものであったなら、自虐的に潜(ひそ)めてしまうことでも、ないはずです。

言葉を換えたいと、思います。

誇りの言葉は

‘自信’と言い換えた方が良いかもしれません。

          ・

国家、あるいは、

国語、今は‘日本語’という言い方の方が多いのでしょうか?

でも、

わたくしたちの、根柢のものですから、

斜めに見る表現方法は、やはり、変ですよね。

自国であるわけですから、国語と云うのが順当であると思います。

ほかの国の人々の立場からすれば、‘日本語’ですね。

          ・

さて、

国語の成立時代について、どのように、

認識するか?

ここの根底の定礎の事は、実に大きな定めの事なのです。

縄文建国か?

あるいは、

漢字渡来以降での建国か?

この二つの、認識の違いは、絶対的な相違を含んでいます。

           ・  

コピー国家(軍事征服国家)の捉え方が、漢字渡来以降の建国。

恵民立国の理念に凝集したのが、縄文立国。

この、ふたつ、

さて、

どちらを採るか?

です。

              ・

実に、高度な国語が、

すでに、縄文時代には‘日本’において使用されていたのです。

ここを、

取り戻さなくて、

いったい全体どうしましょうか?

            ・

縄文時代の、それも中期にも遡ろうとしますと、

従来の、既存の概念は、ひとたびお休みにして置く必要があります。

まったく、白紙のゼロの状態で、

国語の醸成の行われてきた事情にまで、及んで考えて行かなくてはなりません。動詞や名詞といった区分さへやり直さなくてはならないかも知れません。動詞の醸成関係にも前後を付けれる、ようになるかも知れません。

苦しいことです。

なんにも、参考書とてあるわけがないのです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

  

2007年7月15日 (日)

最後の「ひとテンポ」、最後の「薄皮の一枚」

今日は、日本インターナショナル・ダンス選手権の放送がありました。 美しかったです。

見ておりまして、

スタンダート部門の一位と、二位は、はっきり解りまして、

予想が的中しました。

            ・

で、思い出しましたら、

忙しくて、レッスンにも行けなくなって久しいのでありました。

と、言いますのも、

  わたくしは、

はたちの若い頃から、ダンスのレッスンをしてもらっていました。

基礎教養です、が、 でも、レッスンは、

思いのほかにとっても厳しいものです。

20分のワン・レッスンで、汗びっしょりです。

そんな事から、一流のダンサーの雰囲気に触れる機会が、

少なからずありました。リズムの取り方、旋律の捉え方、

極めて微妙なところがあります。

4拍子のリズムの音楽ですと、どんな簡単にでも、

最低、

32ぐらいには分割して認識するのです。

それで、

言いますと、スロー・フォクス・トロットの映像と、音楽がずれをきたしていました。NHKの編集の限界なのでしょうか? 

残念なことです。

            ・

さて、編集のミスはさておき、

そのような、トップのレベルに比肩するには…、?

それは、

ほんの、見えるか見えないか、とても薄い薄皮の一枚を、どうやって取り払うか?

です。

つまり、

その過程は、こうです。

どうしたら、目にも見えないような、薄い覆われ物を、

発見するか?

次に、

発見したら、

どうやって、この薄皮を取り除いて行くか?

          ・

この、改善のサイクルに、いかに、

アホみたいに、ねちねちと、諦めないで、

邁進してゆくか?

    ~   ~   ~

結局のところ、

これだけの事です。

判ってみれば、簡単な事です。

      ・

でも、

最後の薄皮の一枚を取り払えた、と、

喜んでいたら、

その下に、

もう一枚、薄い薄い皮が見つかるのです。 ね。

往々にして。

それで、

また、一から作り直しなのです。

負けてはなりません。 薄皮は、無くなるまで、

続けましょう。 ほんとに、薄い薄皮でも。 

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

  

生活の知恵を、ひとつ。 足の臭い。

この季節、

足の臭いなど、悩まされる人も多くあろうかと思います。

        ・

変な臭いは、98%細菌の及ぼすことであると、

このように、考えます。

ということは、

殺菌・滅菌を足に施しますと、

びっくりするぐらい、臭いがなくなるからです。

市販のミューズ石鹸がおすすめです。

試用してみて下さい。

靴に、なんで臭いがあるの?

と、

2週間すれば、他人に言うことができるでしょう。

薬品は、よく、用法を読んでお間違えなく!

            ・      

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

  

« 2007年7月8日 - 2007年7月14日 | トップページ | 2007年7月22日 - 2007年7月28日 »