2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年7月1日 - 2007年7月7日 | トップページ | 2007年7月15日 - 2007年7月21日 »

2007年7月14日 (土)

「うみ」の、大きさ。 「言葉の海」の大きさ。

‘やまと ことは’の、その深遠さは、

『大言海』の大槻文彦さんのその、大業績のなしゆく過程において、

また、古くは、谷川士清(たにがわ ことすが)さんの究明のことなどに、その片鱗を覗かせていたのでした。

         ・

で、あったところ、

ヲシテ文献の発見研究の、現在進行形の事柄からしまする

と、さらに、

幾層もの高度な仕組みが、‘やまと ことは’には、

縄文時代に溯って基層部分に埋め込まれていたことが解ってまいります。

       ~   ~   ~

やまとなる ことはのうみの

しらすなは ことおおいなり

ことおおきなり

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

  

モノの大きさについて、この理解のあること

ヲシテ文献の、

その、

持つ、コトの大きさについて、

この事の理解のあるなしが、分水嶺になるのでしょうね。

          ・

『ホツマ辞典』を刊行しようと、纏めだしていた頃、

出版社の該当するところのあたりを、あれこれ、並行して探っていました。

言語に尽くしがたき程の、酷いのも、ありました。

そんななか、で、もうちょっとましな、ある編集人は、

「あかさたな」の順にしないと、だめですよ。

と、

いうのです。

ヲシテ文献の、どこをとっても、「あかさたな」なんて、

ひとつもありません。

「あかさたな」では、時代錯誤の貶めでしかありえません。

つまり、「あかさたな」では、

どうやっても、縄文遡及に辿り着くわけがありません。

これは、どう転んでも、

駄目な路線と、云うしかないのです。

        ・

その、出版社とはそれまでのことです。

わたくしの、思いは、遠く‘日本’の縄文建国についての、

再認識を現代によみがえらせてゆきたい。

との、理想にあります。

おちょろけの、漢字亜流では、死んだ方がましです。

        ・

この、

意味の解って下さいます、出版社は、

本当に現在のところ稀有なことなのですね。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

  

2007年7月12日 (木)

お風呂のこと

床がぼろぼろで、

Motoakehorikomi

近所の大工さんに相談しましたら、

60%ほど、お風呂が出来ました。

もう3カ月になります。

そのお陰でしょう、

「もとあけ」の掘り込みの石の板も、修正をかさねて、

そこそこのものになりました。

これを、日夜にらんでいたら、また、良い考えが浮かぶかも知れない、と、 このことを願っています。

        ・

‘日本’の縄文建国の詳細について、

もっと詳しく、更に詳しく、説き明かしておかねばと、

念願してやまないからです。

それは、

現代・未来に希望の光を掲げてくれる、

飛び抜けた、

高度さを持っている理由によるためです。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年7月 9日 (月)

岡部嶺男作品展のこと、最近のことなど

岡部嶺男さんの作品展に行ってきました。

でも、

光悦ばりの作品は、ひとつも出してはくれていませんでした。

残念でした。

物事は、何でもそうだと思うのです。

はじめは、習う・つまり習作から入ります。

岡部さんの作品も、中国陶器の模倣・再現の時期が、

延々と続いたのでした。

そして、

晩年になって、縄文時代の我が国の理想の美を、

外国渡来の技術に感応させて高度な発露の境地を開いたのです。 これを、わたくしは、光悦ばり。 と表現したわけでした。

せっかくの、良い作品は、書物の上だけでの、拝見にとどまりました。

        ・

勉強でいえば、学習が、習うところです。

それを、

習得してから、自分自身の理想とするところを、

展開していくのが、本当の醍醐味なのですね。

   ~   ~   ~

さて、

パソコンの更新をしましたら、

ソフトが使えなくて、機能はおおよそ2割ぐらいのままです。

古いパソコンの修理が終わりましたら、復旧の予定です。

それまで、HPの更新も出来ません。

        ・

不手際で恐縮です。

いくつかの、

最近の事項を、このブログに掲示いたします。

        ・

「いせの会」

  次回は、7月31日に開催いたします。

       (19:30~21:30)

   『ホツマツタヱ』1アヤの予定です。

        ・

『記紀原書ヲシテ』の誤植がひとつ見つかりました。

上巻、474ページ、

18-17(3557)、 正「や(標準字体)」、 誤「ま」

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

« 2007年7月1日 - 2007年7月7日 | トップページ | 2007年7月15日 - 2007年7月21日 »