2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

おすすめ

フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年6月3日 - 2007年6月9日 | トップページ | 2007年6月17日 - 2007年6月23日 »

2007年6月15日 (金)

「の と」(祝詞)の言葉

の と」と言う言葉があります。

漢字文献の時代になってからは、‘祝詞’(のりと)と言われるようになります。

Photo_381

古い時代の、ヲシテ文献の、

それも中期頃(7代アマカミ~12代アマカミ)の、「のと」の言葉には、

単純に‘祈りの言葉’とするだけでは、充分に言い得ていない部分が多くあります。

それは何か?  つまり、

「と」とは、その時の、その状況に合わせた「トノヲシテ」の具現化を意味していると思うのです。

この状況において、このように判断するのが最も適切である。

さらに、この判断の基準が「トノヲシテ」に基づいての事であることが、

「の」「と」の言葉で表される、  と。 

また、一口で言いますと、

「と」の考え方に基づいて、関係者すべてがうまく纏まって行く方向(「の」)が、これである。 と、して、その考え方、結論などを述べてゆくわけです。

と、言うことになりましょう。  か。  

これこそ、誠心誠意の「祈りの言葉」ですよね。

           ・

あんまり、一口の説明文にはなりませんでしたが、

「や」「ま」「と」の言葉と同じで、

「と」の音韻の原意に極めて大きな比重が掛かっている言葉であると、

考えて宜しいでしょう。 勿論、ヲシテ文字での音韻に付加された意味合いです。

「と」となす、ためゆえの「や」「ま」の意味です。

これは、  ヲシテ文献の、諸用例からのまとめとしてです。

           ・

漢字文献類には、このあたりの、

7世紀を溯る、さらにはもっと、紀元前あたりをも溯るような、

古い時代の‘やまと ことば’の詳細な意味合いについて、

参考になる材料は有りません。

この時代にまで溯る、‘やまと ことば’は、

ヲシテ文献の用例について、目を皿のようにするしか有り得ないのです。

          ・

の と」の言葉でもそうです。

漢字文献時代以降の、いわば解かり易いとも云えましょうか、そんな雰囲気に塗(まみ)れてしまいますと、

「祝詞」と、云うような単純変換のそんな表現に、落っこちてしまうのですね。

これは、明らかに‘誤訳’ですね。

謂わば低俗な言葉の解釈への墜落と言ったら言い過ぎでしょうか?

恐ろしいことです。

くわばら! くわばら!

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年6月14日 (木)

「ほたる」の事

そろそろ、「ほたる」(蛍)の季節です。

Photo_380

この、ホタルブクロと言う花は、

「ほたる」を入れるのに良さそうです。

白の色は、雨の中にも引き立ちます。

関東の山間部では、赤や紫のホタルブクロの花を見かけます。

       ・

ヲシテ文献には、「ほたる」の言葉の出例はありません。

縄文時代にも、矢張り、夜空に浮かび光っていたことでしょうけれど。

当時には、

「むし」の類は、良いイメージに捉えられていませんでした。

    ~  ~  ~

この後、漢字文献の時代になって、

『万葉集』には、たった1例だけ

「ほたる」は出例があります。

3344番の防人の妻の詠(よ)んだとされる長歌の一節にあります。

「… 玉梓之 使之云者 蛍成 髣髴聞而 …」

(… たまずさの つかいのいへば ほたるなす ほのかにききて …)

髣髴の「ほのか」の言葉に、

雰囲気を添える為の形容の意味で「ほたる なす」が添えられていたのでした。

「ほたる」は、仄かな光です。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年6月13日 (水)

ヲシテ文献の、大仕事のことへの理解段階

大仕事であることへの理解の事、ヲシテ文献の位置とは。

これが、

ようよう、広まってまいりました。

Photo_378 

                               <さくらの葉>

とても、

一人や二人の、レベルの仕事量では無いのです。

ヲシテ文献の、正当な路線は、とても大きいものなのですね。

Photo_376

        ・

また、簡単な取り組み方では、かえってヲシテ文献の正当性に傷を付けるだけなのです。すでに、このあたりの事情に付きまして、日本各地に十指に余るほどにも理解して下さるお方が出てまいりましたようです。

わたくしたちの、お預かりしています仕事は、

とっても大切であるわけですので、

間違いの事だけは、絶対に出さないようにと、心しているわけです。

Photo_379

広まり方の、早い遅いに就いては、

大切なことごとの爾後の事柄に属するわけです、 ね。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年6月12日 (火)

言葉を従量的にみる方法

言葉の、時間を経るごとに変化してゆくさまは、

ある意味面白いものです。

たとえば、

ヲシテ時代の言葉では、

「あまかみ」から、

「あまきみ」になり、

次には、

「すへらぎ」になって行くのですね。

そこには、

社会の変化も込められているわけです。

この、変化過程を知るのには、

それぞれのヲシテ文献に出る用例を、

ヲシテ時代の初期は何例、ヲシテ時代の中期は何例、…、と、

数量的に把握することによって解明が出来ます。

        ・

この関係での、

ヲシテ時代から、あと、

漢字時代になってからの、重要なものは、『万葉集』です。

そして、『古今集』ですね。

それぞれの、索引もとっても役立ちます。

『万葉集総索引』(正宗敦夫・平凡社、S49)

『古今集総索引』(西下経一、滝沢貞夫・明治書院、S33)

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

2007年6月11日 (月)

クワの樹のことなど、植物の名称

珍品のクワの樹がありました。

とっても珍しいものです。

これ程までの、‘オタク’のレベルまでは、『牧野日本植物図鑑』に掲載はされていません。

さいわい、「クワ」は、養蚕の絡みから詳しい研究がなされていました。

養蚕関係の、書物には『牧野日本植物図鑑』に掲載しきれていない、

膨大な資料があります。

「クワ」の品種は、実用的なものだけで、100種類を超えるのです。

『牧野日本植物図鑑』では、たかだか、数種類にも満たない概論に過ぎません。

ほんの、ダイジェストですね。

           ・

とにかく、

植物の経時的な植生の変化は、とっても大きいものです。

人が、

植栽に関与しだしてから、

この事は、とっても大きくなりました。

クワだって、縄文日本に古来からあった原種は、

もう、

何処を探しても、お目に掛かれないのではないでしょうか?

         ・

「はす」だけは、

検見川遺跡からの出土で、‘縄文ハス’を見ることが出来ます。

大賀博士のハスですね。

美しい、高貴な香りのハスです。 この香りには、酔いしれそうです。

         ・

その他、多くの有用植物に付きまして、

詳しい調査が待たれています。

それは、

かなりな、こころの入れ込みが伴ってこそ、後世に残りえる研究となるものでありましょう。

大賀先生のように、

やっと見つけた、数粒の「ハス」の実に、

精魂を傾け続けて、やっと、発芽を見た!

と、

言うことになるのでしょうね。

ご声援くださるお方は、クリックを! ブログ・ランキングに投票をお願い致します。

本当の意味での、日本の独立は縄文遡及で!

           ・

古史古伝、は「偽書」です。  お間違えなく!

「秀真伝」も「偽書」の一種です。  お間違えなく!

共に、即、廃棄してください!  捨ててくださいね。

偽書運動には、終末を迎えさせなくてはなりません!

 

 

   

« 2007年6月3日 - 2007年6月9日 | トップページ | 2007年6月17日 - 2007年6月23日 »